ドイツ中央銀行:分散型情報共有ネットワークに「Ocean Protocol」の技術活用

by BITTIMES

ドイツの中央銀行である「ドイツ連邦銀行(ブンデスバンク)」が分散型の情報共有ネットワークを構築するために、AIデータを開放するための分散型データ交換プロトコルである「オーシャンプロトコル(Ocean Protocol/OCEAN)」の技術を採用したことが明らかになりました。

こちらから読む:Coinbase Card、米国でも発行へ「暗号資産」関連ニュース

「分散型情報共有ネットワーク」構築に向け技術採用

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol/OCEAN)は、シンガポール拠点の非営利団体によって運営されている"人工知能(AI)のデータを開放するための分散型データ交換プロトコル"であり、世界中に存在する様々なデータを交換することができる分散型データ交換マーケットプレイスを構築して、それらのデータをAIや機械学習に活用し、個人や企業などのデータ保有者がデータと引き換えにインセンティブを得られる仕組みを提供しています。

Ocean Protocolは今年7月に「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」などのブランドを展開している大手自動車メーカー「Daimler AG(ダイムラー)」と協力して概念実証を行ったことなどを発表していましたが、今回は新たにドイツの中央銀行である「ドイツ連邦銀行(ブンデスバンク)」がOcean Protocolの技術を採用したことが明らかになりました。

ドイツ連邦銀行(ブンデスバンク)は"分散型情報共有ネットワーク"を構築するために「Ocean Protocol」の技術を活用するとのことで、公開された文書の中では『これによってデータの所有権を維持しながら、リアルタイムで統計情報を更新し、ネットワーク参加者がズレのないデータにアクセスすることができるようになる』と説明されています。

ドイツ連邦銀行は採用するブロックチェーンプラットフォームを選ぶ際の基準として『持続可能な分散型の方法で、大量のデータを処理・配布できる性能を備えていること』と挙げており、この基準を満たす製品を探す時点で大多数の企業が除外されたと説明しています。

もう一つの基準としては「製品の成熟度」が挙げられており、『正常に実装されたプロジェクトとユースケースを備えている必要があった』と説明されています。ドイツ連邦銀行はこのような基準を踏まえながら採用するソリューションを探した結果「Ocean Protocol」が唯一必要な条件を満たすソリューションであったことを説明しています。

ドイツ連邦銀行は今後「Ocean Protocol」と協力して、パブリック・プライベート両方のデータを安全に通信・利用することができるプラットフォームの構築に取り組むと伝えられています。

(参照:ted.europa.eu

2020年11月1日|Ocean Protocol(OCEAN)の価格

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol/OCEAN)の価格は先日31日に42円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年11月1日時点では「1OCEAN=45.12円」で取引されています。

>>OCEANを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年10月18日〜2020年11月1日 OCEANの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年10月18日〜2020年11月1日 OCEANの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

DMMビットコイン:抽選で最大1万円が当たる「レバレッジ取引キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン:抽選で最大1万円が当たる「レバレッジ取引キャンペーン」開催へ

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

トルコ警察:暗号資産取引所の関係者「62人」を拘束|Thodex側は出口詐欺報道を否定

トルコ警察:暗号資産取引所の関係者「62人」を拘束|Thodex側は出口詐欺報道を否定

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す