Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

by BITTIMES   

暗号資産ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を用いた報酬制度などを導入しているプライバシー重視の分散型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、2020年11月2日にBraveブラウザの月間アクティブユーザー数が2,000万人を突破したことを明らかにしました。

わずか1年で「月間アクティブユーザー数」などが倍増

Brave(ブレイブ)は2020年11月2日に、Braveブラウザの月間アクティブユーザー数が2,000万人を突破したことを発表しました。昨年までの月間アクティブユーザー数は870万人だったと方向されているため、1年前と比較すると2.3倍にまでアクティブユーザー数が増加したことがわかります。

さらに昨年時点で300万人だった「1日あたりのアクティブユーザー数」も700万人にまで増加しており、承認済みのコンテンツクリエイターは昨年の30万人から100万人近くまで増加したと報告されています。

Braveブラウザは"ユーザーのプライバシーを重視した次世代型ブラウザ"として人気を高めており、「一般的なブラウジング機能」や「プライベートブラウザ機能」に加えて、訪問サイトから自分のIPアドレスを秘匿化することができる「プライベートブラウザ+Tor」の機能も搭載しています。

また、Braveブラウザには定期的な広告表示を許可して広告を閲覧することによって仮想通貨BAT(日本ではBATポイント)を受け取ることができる報酬機能なども搭載されています。この広告キャンペーンは現在約200ヵ国でサポートされており、これまでには20億を超える広告確認イベントが開催、広告の平均クリック率は業界平均の2%を遥かに超える「9%」に達していると報告されています。

Braveブラウザでこれまでに広告を掲載した企業としては以下のような企業が挙げられています。

Verizon、The Home Depot、The New York Times、Progressive Insurance、Newegg、Chipotle、Chess.com、Privacy.com、PayPal/Honey、Ledger、Amazon、Harry’s Razors、CBS、KIND snacks、Logitech、Lenovo、Grubhub、Belkin、Quickbooks、Evernote

企業とのパートナーシップも順調に拡大

Brave(ブレイブ)は過去1年間で企業とのパートナーシップを急速に拡大させてきており、今回の発表の中では「Binance、Gemini、Guardian VPN、bitFlyer、NYIAX、Splinterlands、TAP Network、Travala.com」などと提携を結んだことが報告されています。

日本でも注目を集めているBraveは、今年6月に日本国内のeスポーツチーム&ブランドである「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」とのパートナーシップも発表しており、7月には暗号資産ウォレット開発などに向けて「bitFlyer(ビットフライヤー)」と提携したことなども報告されているため、今後の提携拡大などにも注目です。

なお「Brave」と「bitFlyer」が共同開発するウォレットが利用可能になると、日本ユーザーも「BAT報酬」を受け取ることができるようになると報告されています。このウォレットは2020年11月頃に提供開始される予定だと発表されていたため、bitFlyerからの新たな発表にも期待が高まります。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「Brave」の公式サイトはこちら

2020年11月3日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今年8月末に45円付近まで上昇したものの、その後は再び下落しており、2020年11月3日時点では「1BAT=18.53円」で取引されています。

2020年8月5日〜2020年11月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年8月5日〜2020年11月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Flare Networks「FIP提案の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP提案の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

運用資産1兆ドル超えのフランクリン・テンプルトン「BTC・ETH・SOL」などに期待感

運用資産1兆ドル超えのフランクリン・テンプルトン「BTC・ETH・SOL」などに期待感

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す