イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

by BITTIMES

イーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」を安全に稼働させるために必要とされていたステーキングのデポジット数「524,288ETH」が2020年11月24日に達成されたことが明らかになりました。これにより「Ethereum 2.0」が2020年12月1日に公開される目処が立ちました。

こちらから読む:Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産」関連ニュース

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達

イーサリアム(Ethereum/ETH)は現在「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用した「Ethereum 2.0」に移行するための準備を進めており、2020年12月1日にはイーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が実装される予定となっていました。

Beacon Chain(ビーコンチェーン)が2020年12月1日に実装されるためには、ステーキングのために預けられたETHの数量(デポジット数)が7日前の"2020年11月24日"までに「524,288ETH」に達する必要がありましたが、今回はこのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことが明らかになりました。

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org)ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことによって、"Ethereum 2.0フェーズ0"の取り組みとなる「ビーコンチェーンの実装」が2020年12月1日に実施される見込みとなりました。

「Ethereum 2.0」とは?今後の予定

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は以下のような計画で今後の開発を進めることを予定しており、Ethereum 2.0では「PoSへの移行、バーチャルマシンの変更、シャーディング」などといった大規模なアップデートが行われる予定となっており、ステーキング報酬が獲得可能になる・ネットワークの処理速度が高速化するなどといった様々な利点がもたらされることになっています。

フェーズ0(2020年)ビーコンチェーン実装
フェーズ1(2021年)シャードチェーン実装
フェーズ1.5(2021年)シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行
フェーズ2(2021年〜)シャードチェーンの全稼働

なお、イーサリアムは「Ethereum 2.0」で即座にPoSへと移行するわけではなく、一定期間は「マイニングで維持されるPoWチェーン」と「ステーキングで維持されるPoSチェーン」が同時に運用され、最終的にPoSへと完全移行することになっています。

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」は「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」よりも遥かにエネルギー効率が高いことでも知られており、マイニングマシンなどを購入しなくてもETH保有者が比較的簡単な作業でステーキング報酬を得ることができる仕組みとなっているため、今後の正式ローンチには期待が高まっています。

2020年11月24日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(ETH)の価格は今年9月に34,000円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年11月24日時点では「1ETH=64,357円」で取引されています。

2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す