イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

by BITTIMES   

イーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」を安全に稼働させるために必要とされていたステーキングのデポジット数「524,288ETH」が2020年11月24日に達成されたことが明らかになりました。これにより「Ethereum 2.0」が2020年12月1日に公開される目処が立ちました。

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達

イーサリアム(Ethereum/ETH)は現在「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用した「Ethereum 2.0」に移行するための準備を進めており、2020年12月1日にはイーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が実装される予定となっていました。

Beacon Chain(ビーコンチェーン)が2020年12月1日に実装されるためには、ステーキングのために預けられたETHの数量(デポジット数)が7日前の"2020年11月24日"までに「524,288ETH」に達する必要がありましたが、今回はこのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことが明らかになりました。

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org)ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことによって、"Ethereum 2.0フェーズ0"の取り組みとなる「ビーコンチェーンの実装」が2020年12月1日に実施される見込みとなりました。

「Ethereum 2.0」とは?今後の予定

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は以下のような計画で今後の開発を進めることを予定しており、Ethereum 2.0では「PoSへの移行、バーチャルマシンの変更、シャーディング」などといった大規模なアップデートが行われる予定となっており、ステーキング報酬が獲得可能になる・ネットワークの処理速度が高速化するなどといった様々な利点がもたらされることになっています。

フェーズ0(2020年)ビーコンチェーン実装
フェーズ1(2021年)シャードチェーン実装
フェーズ1.5(2021年)シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行
フェーズ2(2021年〜)シャードチェーンの全稼働

なお、イーサリアムは「Ethereum 2.0」で即座にPoSへと移行するわけではなく、一定期間は「マイニングで維持されるPoWチェーン」と「ステーキングで維持されるPoSチェーン」が同時に運用され、最終的にPoSへと完全移行することになっています。

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」は「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」よりも遥かにエネルギー効率が高いことでも知られており、マイニングマシンなどを購入しなくてもETH保有者が比較的簡単な作業でステーキング報酬を得ることができる仕組みとなっているため、今後の正式ローンチには期待が高まっています。

2020年11月24日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(ETH)の価格は今年9月に34,000円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年11月24日時点では「1ETH=64,357円」で取引されています。

2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:トルコの大手銀行「Akbank」を直接サポート|仲介業者なしで入出金可能に

BINANCE:トルコの大手銀行「Akbank」を直接サポート|仲介業者なしで入出金可能に

BINANCE:ネム(NEM/XEM)の「ステーキングサービス」提供開始

BINANCE:ネム(NEM/XEM)の「ステーキングサービス」提供開始

Lightning Labs:AI関連の開発で「ビットコイン」を活用できるツールセットを発表

Lightning Labs:AI関連の開発で「ビットコイン」を活用できるツールセットを発表

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

ブロックチェーン「保険金支払業務自動化」などで活用へ:損保ジャパン・LayerXなど4社

ブロックチェーン「保険金支払業務自動化」などで活用へ:損保ジャパン・LayerXなど4社

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す