イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

by BITTIMES

イーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」を安全に稼働させるために必要とされていたステーキングのデポジット数「524,288ETH」が2020年11月24日に達成されたことが明らかになりました。これにより「Ethereum 2.0」が2020年12月1日に公開される目処が立ちました。

こちらから読む:Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産」関連ニュース

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達

イーサリアム(Ethereum/ETH)は現在「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用した「Ethereum 2.0」に移行するための準備を進めており、2020年12月1日にはイーサリアム2.0のブロックチェーンにあたる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が実装される予定となっていました。

Beacon Chain(ビーコンチェーン)が2020年12月1日に実装されるためには、ステーキングのために預けられたETHの数量(デポジット数)が7日前の"2020年11月24日"までに「524,288ETH」に達する必要がありましたが、今回はこのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことが明らかになりました。

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org)ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達(画像:launchpad.ethereum.org

ステーキングのデポジット数が「524,288ETH」に到達したことによって、"Ethereum 2.0フェーズ0"の取り組みとなる「ビーコンチェーンの実装」が2020年12月1日に実施される見込みとなりました。

「Ethereum 2.0」とは?今後の予定

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は以下のような計画で今後の開発を進めることを予定しており、Ethereum 2.0では「PoSへの移行、バーチャルマシンの変更、シャーディング」などといった大規模なアップデートが行われる予定となっており、ステーキング報酬が獲得可能になる・ネットワークの処理速度が高速化するなどといった様々な利点がもたらされることになっています。

フェーズ0(2020年)ビーコンチェーン実装
フェーズ1(2021年)シャードチェーン実装
フェーズ1.5(2021年)シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行
フェーズ2(2021年〜)シャードチェーンの全稼働

なお、イーサリアムは「Ethereum 2.0」で即座にPoSへと移行するわけではなく、一定期間は「マイニングで維持されるPoWチェーン」と「ステーキングで維持されるPoSチェーン」が同時に運用され、最終的にPoSへと完全移行することになっています。

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」は「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」よりも遥かにエネルギー効率が高いことでも知られており、マイニングマシンなどを購入しなくてもETH保有者が比較的簡単な作業でステーキング報酬を得ることができる仕組みとなっているため、今後の正式ローンチには期待が高まっています。

2020年11月24日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(ETH)の価格は今年9月に34,000円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年11月24日時点では「1ETH=64,357円」で取引されています。

2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)2020年8月26日〜2020年11月24日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月8日〜14日

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す