仮想通貨ETHで広告収入|WordPressプラグイン「EthereumAds」登場

by BITTIMES   

ウェブサイトやブログを簡単に作成することができるソフトウェア「WordPress(ワードプレス)」で、バナー広告収入を仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)で簡単に受け取ることができるプラグイン「EthereumAds」が公開されたことが明らかになりました。EthereumAdsは、一般的に利用されている「Google AdSense」よりも高い広告収入を提供すると説明されています。

「EthereumAds(イーサリアム・アド)」とは

EthereumAds-Logo

EthereumAds(イーサリアム・アド)とは、簡単な設定で自分のWEBサイトやブログにバナー広告を設置し、仮想通貨「イーサリアム(ETH)」で広告収入を受け取ることができるサービスであり、簡単に取得可能な「HTMLスニペット」だけでなく、ウェブサイトやブログを簡単に作成することができるソフトウェア「WordPress(ワードプレス)」のプラグインも提供されています。

このプラグインの公式サイトでは『EthereumAdsを使用するとHTMLスニペットをウェブサイトやブログに追加するだけで1分以内にコンテンツを収益化することができる。イーサリアムアドレスを登録するだけで自動的にイーサリアムで支払いを受けることができ、サインアップは必要ない』と説明されています。

EthereumAdsを利用するWEBコンテンツ製作者は、スマートコントラクトを使用して自分のサイトの広告枠をオークションにかけることができます。このオークションは2週間ごとに自動的に実施され、収益は登録したイーサリアムアドレスに直接送金されるとされています。

「EthereumAds」のメリット

WEBサイトで広告収入を得るためのツールとしては「Google(グーグル)」が提供している「Google AdSense」が最も一般的ですが、EthereumAdsは『Google AdSenseのような競争相手よりも優れた仕組みでサービスを提供している』ということを強調しています。

EthereumAdsの公式サイトでは、具体的に以下3つの利点があることが説明されています。

迅速にサービスを利用できる

「Google AdSense」のような競合相手のサービスでは、利用登録完了までに数日を必要とする登録・申請プロセスを辿る必要があるが、「EthereumAds」を使用すると簡単なコピー&ペーストですぐにサービスを利用することができる。

より高い広告収入が獲得できる

サイト閲覧者にターゲティングした広告を掲載することによって、より高い広告収入を生み出す。「Google AdSense」は広告収入の68%のみを支払うが、「EthereumAds」は広告収入の90%を支払う。

サインアップ不要でプライバシー保護

競合他社はユーザーの個人情報と銀行情報を収集するが、「EthereumAds」はサインアップの必要がないため、完全にプライバシーを保護することができる。

「EthereumAds」の使用方法

EthereumAdsの公式サイトでは「HTMLスニペット」と「WordPressプラグイン」の2種類が提供されており、「HTMLスニペット」を取得する際には、
1.バナー広告のサイズ指定
2.報酬受取り用ウォレットアドレスの入力
3.スロットIDの指定
の3ステップで「HTMLスニペット」を取得できるようになっています。

「WordPressプラグイン」を使用する場合には、専用ページからプラグインをインストールしてプラグインページで「EthereumAds」をアクティブ化、設定リンクを確認してウォレットアドレスやバナーサイズの指定を行い、ウィジェットをサイドバーに表示する場所にドラッグ&ドロップすることによって利用することが可能です。

従来の方法でウェブサイトにバナー広告を表示させるためには、やや面倒な手続きを行う必要がありましたが「EthereumAds」を使用すると誰でも簡単にバナー広告を掲載して収益化を図ることができるため、今後は「EthereumAds」が広く活用されていく可能性もあると予想されます。

>>「EthereumAds」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Moonstake「トロン(TRON)」と提携|TRXのステーキング対応へ

Moonstake「トロン(TRON)」と提携|TRXのステーキング対応へ

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「DeFi取引の編集機能」を大幅強化

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「DeFi取引の編集機能」を大幅強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す