アイオータ財団:IOTA共同創設者「David Sønstebø氏との別れ」を決断

by BITTIMES

IOTA Foundation(アイオータ財団)は2020年12月10日に、アイオータ(IOTA/MIOTA)の共同創設者の1人であるDavid Sønstebø(デビッド・サンステボ)氏がIOTA財団を去ったことを明らかにしました。IOTA財団は『この決定はIOTAとそのエコスシステムの最善の利益のため、監査役会によってなされた全会一致の決定である』と説明しています。

こちらから読む:XRPのスナップショット無事完了「暗号資産」関連ニュース

「意見・行動の不一致」などを理由に別れを決断

アイオータ(IOTA/MIOTA)の開発・運営を支えている「IOTA Foundation(アイオータ財団)」は2020年12月10日に、IOTAの共同創設者の1人であるDavid Sønstebø(デビッド・サンステボ)氏に別れを告げたことを発表しました。

公式発表によると、IOTA財団とサンステボ氏の間には意見の相違があったとのことで『この決定はIOTAとそのエコスシステムの最善の利益のため、監査役会によってなされた全会一致の決定である』と報告されています。

IOTA財団は『Davidはプロジェクトの設立と、初期チーム・ビジョン・エコシステムの構築を支援してきたが、Davidの利益とIOTA財団の利益は大幅に異なることが明らかになった』と述べており、『Davidの行動が財団の立場や私たちが目指すものと一致しなかった例がいくつかあった』と説明しています。

IOTA財団は『私たちはDavidのプライバシーを尊重する』として今回の決定の詳細は明かしていないものの、発表の中ではDavid氏に対する感謝の想いが語られており、『彼は永遠にIOTAの創設者です』とコメントされています。

IOTAは1人の個人だけでのものではありません。IOTA財団は120人以上の同じ志を持った人々によって構成された、政府の規制に準拠して運営される信頼できる非営利団体であり、『IOTAのビジョンをどのように実現するか』についての明確な戦略を持っています。

別れるという決断は難しいものでしたが、Davidの行動が財団の立場や私たちが目指すものと一致しなかった例がいくつかあったためそれを決断する必要がありました。私たちはDavidのプライバシーを尊重しています。今回の決定の詳細を語ることは重要ではありません。

プロジェクトを設立して、彼のビジョン・起業家精神・忍耐力で真のリーダーシップを発揮してくれたDavidに感謝します。彼は永遠にIOTAの創設者です。私たちは彼がこの組織のためにしてくれたことに感謝しています。

David Sønstebø(デビッド・サンステボ)氏は、IOTAのプロジェクトに以前から大きく貢献してきた人物の1人であり、今年2月にIOTAの公式ウォレット「Trinity Wallet」でユーザーの資産が盗まれる事件が発生した際には、盗まれた「8,520,000,000,000MIOTA」を"David氏が自己資産で返済する"という対応が取られていました。

IOTA財団は『今回の決定は多く人にショックを与えるかもしれないが、"財団は私たちのコミュニティの利益を保護するためには難しい決定を下すことをいとわない"ということを理解して欲しい』とも述べており、『ChrysalisとCoordicideを使用した配信と戦略はまったく変わらない。これら両方は非常に順調に進んでいる』と説明しています。

>>「IOTA財団」の公式発表はこちら

2020年12月12日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は先月24日に43円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年12月12日時点では「1MIOTA=30.26円」で取引されています。

>>MIOTAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年11月12日〜2020年12月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月12日〜2020年12月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す