大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

by BITTIMES

SBIファイナンシャルサービシーズの子会社となったイギリスの大手仮想通貨マーケットメーカー「B2C2」が、Ripple(リップル)社が米国証券取引委員会(SEC)から提訴されたことを受けて、米国を拠点とする企業とのXRP取引を停止したことが「The Block」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、BTC入金で"SegWit"に対応「暗号資産」関連ニュース

米国外の顧客との取引は継続

B2C2は仮想通貨の板取引に流動性を提供して投資家の注文成立を保証する役割を担っている大手マーケットメーカーであり、今月16日には「SBIホールディングス」の100%子会社で金融サービス事業の中間持株会社である「SBIファイナンシャルサービシーズ」の子会社となったことが報告されていました。

Ripple社は今月22日に『13億ドル相当の未登録証券(XRP)を販売した』として米国証券取引委員会(SEC)から起訴されたため、この発表を受けて複数の米国取引所は『XRPの取扱い停止』を発表していましたが、仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、B2C2の関係者は「B2C2が米国を拠点とする企業とのXRP取引を停止した」ということを明かしたを伝えられています。

B2C2は米国証券取引委員会の訴訟を受けて『XRP取引に関する対応を行う可能性がある。今後の対応については速やかに顧客に通知する』と事前に報告していましたが、日本時間2020年12月25日午前5時には米国企業とのXRP取引が停止されたと報じられています。

今回のXRP取引停止は"米国を拠点とする企業のみ"を対象としたものとなっているため、米国外の顧客は引き続きXRPを取引することができるものの、『全てのショート(売り)取引では事前に資金を提供する必要がある』と説明されています。

米国証券取引委員会の発表は、その他の仮想通貨マーケットメーカーにも影響を与えており、これまでには「Galaxy Digital」や「Jump Trading」がXRP取引の一時停止を発表しています。

XRPの価格はSECの発表後に20円台まで急落しましたが、取引所やマーケットメーカーから『XRP取引停止』の発表が続いた場合には、価格の下落・低迷が続いたり、大幅な価格変動が起こったりする可能性があるため、今後の動きにも警戒が必要です。

>>「The Block」の報道はこちら

2020年12月28日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は25円まで急落した後に40円付近まで回復していたものの、現在は再び下落しており、2020年12月28日時点では「1XRP=29.15円」で取引されています。

2020年12月14日〜2020年12月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月14日〜2020年12月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す