決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

by BITTIMES   

仮想通貨関連サービスも提供している米国の大手決済企業「Square(スクエア)」は2021年1月4日に、米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が提案している仮想通貨規制案に対する反対意見を表明し、『FinCENが提案する仮想通貨規制は法執行能力を妨げるだけでなく、仮想通貨の送金・取引サービスにも影響を与え、米国のイノベーションを制限することになる』と指摘しました。

こちらから読む:XRP投資家、"リップル訴訟の内容修正"求める「暗号資産」関連ニュース

FinCENの仮想通貨規制案は「逆効果」だと指摘

米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2020年12月に仮想通貨取引所や外部の自己ホスト型ウォレットに関する規制を強化する提案を行いました。この規制案では、3,000ドル(約30万円)を超える送金を行う場合のKYC(顧客身元確認)を強化して取引所などのサービスプロバイダーに「送金する顧客・送金先の身元情報確認」を義務付けるほか、1万ドル(約100万円)を超える取引で「FinCENへの報告」を義務付けることなどが提案されています。

Square(スクエア)は2021年1月4日に公開したFinCEN宛ての手紙の中でこのような規制案に反対する意見を表明し、『FinCENの規制案はSquareのような仮想通貨関連サービス事業者に"現金取引で求められる情報を遥かに超えた報告義務"を課すようなものである』と指摘しました。

さらに同社は『この規制案が採用された場合には、当社のサービスにオプトインしていない、もしくは当社の顧客としてサインアップしていない人々に関する不確かなデータを収集する必要がある』とも説明しており、『FinCENの規制案は規制を回避するための不必要な摩擦と逆インセンティブを生み出すことになり、米国外のウォレットやサービスへと移行するユーザーが増加することになるため、結果的には現在よりも仮想通貨取引を監視することが難しくなる』と規制案の問題点を指摘しています。

このように指摘しているSquareは『FinCENの規制案は法執行能力を妨げるだけでなく、仮想通貨の利点を生かした送金・取引サービスを構築する能力をも妨げることになり、アメリカのイノベーションを制限することになってしまう』と説明しています。

FinCENは2020年12月18日に規制案を公開した後に一般からの意見を求めていましたが、この規制案に対しては15日間で6,000件近くのコメントが提出されており、米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」も"FinCENの規制案が採用された場合には、取引が法執行機関の手が届かない場所で行われるようになる可能性がある"と指摘しています。

>>「Square」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

オランダ捜査機関「Tornado Cash」関与の疑いで29歳の開発者を逮捕

オランダ捜査機関「Tornado Cash」関与の疑いで29歳の開発者を逮捕

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す