マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

by BITTIMES

2014年に発生した大規模な仮想通貨の不正流出事件で経営破綻した暗号資産取引所「MTGOX(マウントゴックス)」の民事再生手続きで、債権者に『破綻後に残されているビットコイン(BTC)の最大90%を返還するよう求める権利』が与えられたことが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Huobi Japan、10HTが当たるキャンペーン開催「暗号資産」関連ニュース

マウントゴックス債権者に「BTC返還要求の選択肢」

MTGOX(マウントゴックス)は東京を拠点として2010年頃から運営されていた大手暗号資産取引所であり、当時は"世界最大級の取引量を誇るビットコイン取引所"として知られていましたが、同社は2014年に発生した大規模な暗号資産の不正流出事件によって経営破綻しました。

その後は約7年間に渡って同社の債権者達が"預け入れていたビットコインの返還"を求めていましたが、今回の報道では『マウントゴックスの債権者に"破綻後に残されたビットコインの最大90%を返還するよう求める権利"が与えられた』ということが報告されています。

「Bloomberg」の報道によると、これは2012年にマウントゴックスの北米事業を請け負っていた企業である「CoinLab(コインラボ)」とマウントゴックスの破産管財人である小林弁護士らの関係者がこの契約に合意したためだと報告されています。

この計画を実行に移すためには「マウントゴックス債権者の承認」が必要となるため、今後は"マウントゴックスの債権者にこの内容を提示して投票で合意を求める"とされていますが、債権者の人々は『訴訟問題が解決して法的な請求手続きが終了するまで資産の返還を待つこと』を選択することもできるとされています。

なお、マウントゴックス事件で流出したビットコインは約85万BTC(現在価格:約3.2兆円)で、その内の約75万BTC(現在価格:約2.8兆円)がユーザーのものであるとされていますが『実際にどれくらいのBTCが残されているか』については現時点で明らかにされていません。

CoinLabの初期投資家の1人である著名投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、今回の件について次のように語っていると報告されています。

マウントゴックスから資産の返還を受けることができることを嬉しく思います。マウントゴックスの債権者は仮想通貨の可能性を最も早い時期から信じていた人々です。同様の主張を行なっている何万人もの人々と同じように、自分のビットコインが返還されることを楽しみにしています。

仮想通貨業界では『マウントゴックスの債権者にビットコインが返還された場合には、市場にも大きな影響が出る可能性がある』と予想する声も多数出ているため、今後の動向には注目が集まっています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す