世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

by BITTIMES   

8兆ドル(約800兆円)以上の資産を運用する世界最大の資産運用会社「BlackRock(ブラックロック)」が、2つのファンドでビットコイン先物を投資対象に含める可能性があることが米国証券取引委員会(SEC)に提出された書類で明らかになりました。

2つのファンドで「ビットコイン」を投資対象に

BlackRock(ブラックロック)が「BlackRock Funds V」および「BlackRock Global Allcoation Fund」と呼ばれる2つのファンドでビットコイン先物を投資対象に含める可能性があることが、米国証券取引委員会(SEC)に提出された目論見書で明らかになりました。

ビットコイン先物の提供時期などについての明確な声明は出されていないものの、米SECに提出された書類の中では以下のような内容で「2つのファンドでビットコインを含めた資産を運用できること」が説明されているため、『将来的にはブラックロックがビットコインを投資対象に含める可能性がある』と注目されています。

各ファンドはデリバティブと呼ばれる商品を使用することがあります。これは1つまたは複数の証券や商品(金や原油)、通貨(ビットコインを含む)、金利、信用事由、指数(S&P500やプライムレート)から価値が生じる金融商品です。

また書類の中ではビットコイン先物のリスクについても説明されており、『比較的新しい市場であるビットコイン先物市場では、その他の先物商品ほど頻繁に取引が行われていないため、ファンドによるビットコイン先物への投資は非流動性リスクを伴う可能性がある』ということが指摘されています。

なお、取引は「米国商品先物取引委員会(CFTC)」に登録された取引所で行われることになっており、現金で決済されるビットコイン先物のみが対象となるとも報告されています。

BlackRockの最高投資責任者(CIO)であるRick Rieder(リック・リーダー)氏は昨年11月に『ビットコインは金の延べ棒よりも遥かに機能的であり、金に取って代わる可能性がある』との考えを語っていたため、同社の動向には以前から注目が集まっていましたが、今回の書類が公開されたことによって今後の動きにはさらに期待が高まっています。

ビットコイン(BTC)はこれまでにも様々な資産運用会社で採用されていましたが、BlackRockは900兆円近い資産を運用する大手資産運用会社であるため、今回のニュースは仮想通貨メディア以外の主流メディアでも『BlackRockの参入は投資先の1つとしてビットコインの存在感が高まってきたことを裏付けている』と報じられています。

>>「BlackRock Funds V」に関する書類はこちら
>>「BlackRock Global Allcoation Fund」に関する書類はこちら

2021年1月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月9日に430万円付近まで上昇したものの、その後は下落傾向が続いており、2021年1月21日時点では「1BTC=3,589,250円」で取引されています。

2020年10月23日〜2021年1月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月23日〜2021年1月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す