canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

by BITTIMES

スポーツチームが地域創生を目的に地域通貨として機能するファントークンを発行できるプラットフォーム「YELLtum」を運営している「canow株式会社」は2021年12月20日に、NFT開発インフラ「Hokusai API」を運営している「日本モノバンドル」と業務提携したことを発表しました。同社は今回の提携を通じて「スポーツ観戦チケットのNFT化、居場所で見え方が変わるNFT、有望スポーツ選手のNFTカード発行」などに取り組んでいくことを計画していると報告されています。

こちらから読む:Instagram、NFTの活用について調査・研究「暗号資産」関連ニュース

NFT開発インフラ提供の「日本モノバンドル」と提携

canow株式会社は2021年12月20日に、『NFTを活用したデジタルマーケティング事業の強化』を目的として、NFT開発インフラ「Hokusai API」を運営している「日本モノバンドル」と業務提携したことを発表しました。

canow株式会社はスポーツチームが地域創生を目的に地域通貨として機能するファントークンを発行できるプラットフォーム「YELLtum」を運営していますが、同社は今回の提携を通じて両社サービスを活用しながらNFTの実装からトークンマーケティングまでを一貫して支援していくと説明しています。

NFTはこの数年間で急速に普及してきている一方で、法律や規制が未整備であることに起因する曖昧さや複雑さから「NFTを適切にマーケティングできる会社が数少ない」という課題がありましたが、今回canow株式会社が提携した「日本モノバンドル」の代表である原沢氏は、日本初の日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を発行している「JPYC株式会社」に立ち上げ期から参画してCOOとして事業成長を牽引してきた経験を持つ法規制や業界全体を熟知している人物であるため、両社が提携してマーケティング支援を行うことによって、日本国内でもNFTを活用した適切なマーケティングを行うことができるようになると期待されます。

NFTチケット・位置情報活用NFT・NFTカードなどを計画

具体的には、NFTの発行・送信・管理に必要な機能を簡単に実装できるサービスとして注目されているNFT開発インフラ「Hokusai API」と、canow株式会社が「YELLtum」で積み重ねてきたトークンマーケティングの知見を活かして、以下のような共同プロジェクトを推進していくことが予定されていると説明されています。

スポーツ観戦チケットのNFT化
スポーツ観戦チケットをNFT形式で発行する。試合日までは「通常のチケット」として使用されるが、試合日以降は「コレクティブアイテム」として使用できる。

位置情報を活用したNFTの発行
NFTに位置情報を活用することによって、NFT保有者のいる場所に応じてNFTアイテムの見え方が変わるようにする。

若い世代の有望なスポーツ選手のNFTカード発行
若い世代の有望なスポーツ選手のNFTカードを発行する。年齢が上がるとともにカードの年齢も上がっていき、活躍に応じて価値が高騰していく。

なお、canow株式会社が運営しているスポーツチームが地域創生を目的に地域通貨として機能するファントークンを発行できるプラットフォーム「YELLtum」では、既にサッカーJ2の「ギラヴァンツ北九州」や「水戸ホーリーホック」、社会人女子ラクロスクラブチームの「FUSION」などがファントークンを発行しており、これらのファントークンは、スタジアムや飲食店などの地域加盟店で公式チームグッズ・飲食品・サービスなどを購入する際の決済手段として活用されています。

canow株式会社は今月9日に、スポーツチームのホームスタジアム内で人気のグルメをECで購入できる「スタジアムグルメEC」や「フードフェスティバル」などの提供も開始しており、両サービスではYELLtumで発行されたファントークン(地域通貨)が決済手段として採用されているため、今後は日本のスポーツ業界でもNFTやファントークンの活用が進んでいくことになると期待されます。

>>「canow株式会社」の公式発表はこちら
>>「YELLtum」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す