ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

by BITTIMES

世界第2位のソフトウェア企業であるORACLE(オラクル)が、今月と来月にブロックチェーンを活用した製品を発表する予定であることが明らかになりました。

大手ソフトウェア企業が分散型台帳技術を活用

民間法人や公的機関を対象とするビジネス用途に特化した大手ソフトウェア会社であるORACLE(オラクル)は、ブロックチェーン技術を活用した製品を発表する予定であることが明らかになりました。

ソフトウェア開発部のThomas Kurian(トーマス・クリアン)社長は、アプリを実行するためのプラットフォームをインターネットを通じて提供するサービスであるPaaS(パース)を今月中に、ブロックチェーンをベースにしたアプリを来月に発表することを明らかにしています。

クリアン氏によると、オラクルはチリ銀行と協力し銀行間の取引をブロックチェーン上に記録するシステムの開発に取り組んでいるとのことです。

またナイジェリア政府とも提携しており、ナイジェリアは関税や輸入関税をブロックチェーン技術を活用して文書化するプロジェクトに取り組んでいるとのことです。

オラクルの製品は、医薬品の追跡などを目的として製薬企業で活用されることもあるため、リコールの暖和や流通網の管理に役立つことが期待されていることなどから製薬会社に売り込まれると見られています。

世界中の大手企業が続々と参入中

ブロックチェーン技術を活用したプロジェクトに取り組む企業は世界中で急速に増えています。

SoftBank(ソフトバンク)はCO2を削減

ソフトバンク(SoftBank)は、ブロックチェーン技術を活用して国内の複数の企業と協力してCO2排出量を削減するプロジェクトを今年6月に開始することを発表しました。

この実験は、ソフトバンク株式会社、ソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社、株式会社LIXIL TEPCO スマートパートナーズ、TEPCO i-フロンティアズ株式会社、ローカルエナジー株式会社、株式会社夏野剛事務所、株式会社サイバー創研、公益財団法人地球環境戦略研究機関の協力のもとで実施され、、再生可能エネルギーによる二酸化炭素(CO2)の削減価値を一般消費者間(Customer to Customer/CtoC)で取引することに向けた実験を2018年6月から開始する予定となっています。

低炭素/脱炭素社会の実現を目指すプロジェクトの詳細はこちら

FamilyMart(ファミリーマート)は近未来のコンビニを実現

台湾のFamilyMart(ファミリーマート)重慶店は、ブロックチェーンやロボットなどのデジタル技術を活用して、集客の向上や店員の業務負荷軽減に向けた実証実験を2018年3月29日に行いました。

この実証実験には台湾のファミリーマート本社だけでなく、台湾と日本の富士通株式会社や現地のベンチャー企業なども共同で行なわれました。

コカ・コーラは強制労働問題の改善を目指す

コカ・コーラは、米国国務省と3つの異なる組織と協力して、ブロックチェーン技術を使用して世界中の労働者を安全に登録するプロジェクトを立ち上げています。コカ・コーラは2020年までに砂糖供給チェーンの児童労働、強制労働、土地権利に関する28の国レベルの調査を実施することを約束しています。

米国のテック企業であるBitfury Groupはこのプロジェクトのためにブロックチェーンプラットフォームを構築し、Emercoin社も同様にブロックチェーンサービスを提供する予定です。

コカ・コーラが取り組む大規模プロジェクトとは?

バハマでは海洋考古学の民主化に向けた取り組みも

バハマに拠点を置くブロックチェーングループ「PO8」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)ベースのネットワークを使用して、群島の海域で水中探検をトークン化するためにブロックチェーン技術を使用しています。

PO8は、バハマ海域での水中探検を防ぐほぼ20年にわたる海洋救助モラトリアムにインスパイアされ、バハマが長年失われた歴史的遺物を回収するのを支援する海洋考古学にブロックチェーンを活用しています。

スタートアップ企業のICOにも注目

大手企業のブロックチェーン技術の活用には特に注目が集まりますが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で資金調達を行っているスタートアップ企業にも多くの注目が集まっています。

イスラエルのスタートアップであるSIRIN LABSはSIRIN LABS Token(SRN)を発行し、世界初のブロックチェーンスマートフォン『FINNEYスマートフォン』を開発しています。

SIRIN LABSでは、バルセロナのエースとして世界的に有名なサッカー選手であるリオネル・メッシ氏がアンバサダーを務めており、今後数カ月中には実際にメッシ氏が登場するCMも公開される予定となっています。『FINNEYスマートフォン』は2018年中にも発売されるともいわれています。

ブロックチェーンスマホ「FINNEYスマートフォン」の詳細はこちら

SIRIN LABS Token(SRN)などの仮想通貨は、海外の仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)などで購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:bloomberg.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

NECがブロックチェーン技術で世界最速の記録性能を達成

NECがブロックチェーン技術で世界最速の記録性能を達成

注目度の高い仮想通貨ニュース

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

仮想通貨は今後5〜7年間で法定通貨を凌ぐ存在に:米投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5〜7年間で法定通貨を凌ぐ存在に:米投資家Tim Draper

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

仮想通貨市場に「BlackRock」参入か|600兆円の資金流入の可能性

仮想通貨市場に「BlackRock」参入か|600兆円の資金流入の可能性

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

BCHとBTCのウォレットアプリが250万ダウンロード突破|Bitcoin.com

BCHとBTCのウォレットアプリが250万ダウンロード突破|Bitcoin.com

Ethereum Classic上昇!CoinbaseがETCサポートの最終テストを開始

Ethereum Classic上昇!CoinbaseがETCサポートの最終テストを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す