米SEC:Coinbaseに対して「訴訟の可能性」を警告|証券法違反の疑いで

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が、米国証券取引委員会(SEC)から法的措置を講じる予定を伝える通知書である「ウェルズ通知(Wells Notice)」を受け取ったことが明らかになりました

こちらから読む:世界各国の規制関連ニュースを新着順で「仮想通貨規制」関連ニュース

米証券取引委員会がコインベースにウェルズ通知

Coinbase(コインベース)は2023年3月22日に、米国証券取引委員会(SEC)から法的措置を講じる予定を伝える通知書である「ウェルズ通知(Wells Notice)」を受け取ったことを発表しました。

コインベースの公式発表によると、米SECは「コインベースが取り扱っている一部暗号資産」や「Coinbase Earn、Coinbase Prime、Coinbase Walletのサービス」を大まかに調査した上でウェルズ通知を行ったとのことですが、コインベースが『具体的にどの銘柄が有価証券に該当するのか』についてSECに質問しても回答は得られなかったとも報告されています。

これによって将来的にコインベースに対して"証券法違反の可能性"で訴訟が行われる可能性が浮上しているものの、コインベース側は『我々は当社が扱う資産とサービスの合法性に自信を持っている。法的手続きも歓迎する。』とコメントしています。

なお、Coinbaseが提供しているサービスや製品は現在も通常通り運営されているとのことで、『今回のニュースを受けて現在の製品・サービスに変更を加える必要もない』とも説明されています。また、今回の発表では『今回のウェルズ通知はCoinbaseが数ヶ月間で登録に関する複数の提案をSECに提供し、その全てが最終的にSECに回答を拒否された後に行われたものである』とも説明されています。

Coinbaseは「以前から意見を求めていた」とも説明

コインベースは「今回のウェルズ通知は我々が昨年夏に開示した調査から生まれたものである」とも説明しており、SECは調査が開始された直後にコインベースに対して『ビジネスの一部をSECに登録することを含む潜在的な解決策について議論するつもりはあるか?』と質問、これに対してコインベースは『イエス』と回答したとされています。

SECはその後、暗号資産取引所が登録を行うための既存の方法がないことから「Coinbaseの登録方法がどのようなものになるか」についてコインベースに意見提供を求めたとのことで、コインベース側は数百万ドルの費用を費やして「2つの異なる登録モデル」を構築して提案、SECに繰り返し意見を求めたものの、結果的に何も得られなかったと報告されています。

さらにコインベースは『過去9ヶ月間の間にSECの代表者と30回以上面会したものの、話すのは全て我々だった』とも説明しており、『2022年12月にはSECに対して提案についての意見を再度要請し、SECのスタッフは"2023年1月に意見を提供すること"に同意していたが、1月に予定されていた会議の前日にはSECが予定をキャンセルして強制捜査にシフトし直すと告げられた』と説明されています。

米国証券取引委員会(SEC)は多くの暗号資産を"有価証券"と定義付けした上で様々な仮想通貨関連企業に対して警告・訴訟を行なっていますが、仮想通貨業界からは『以前からSECに意見を求めていたが具体的な回答が得られなかった』などの指摘が多数出ており、暗号資産に関する定義付けや規制整備が何年も前から求められていたにも関わらず、仮想通貨企業が従うべき具体的なガイダンスを出さずに法的措置を続けているSECに対しては批判の声も多く出ています。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:本人確認+入金で「ビットコイン」がもらえるキャンペーン開始

コインチェック:本人確認+入金で「ビットコイン」がもらえるキャンペーン開始

Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表

Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

国内初のNFTドメイン登録サービス「Value Domain Web3 byGMO」提供開始

国内初のNFTドメイン登録サービス「Value Domain Web3 byGMO」提供開始

PlanB氏「ビットコインはS2Fのモデルラインに戻る」と予想|2022年の価格は異常値

PlanB氏「ビットコインはS2Fのモデルラインに戻る」と予想|2022年の価格は異常値

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月7日〜13日

エルサルバドル:AIなど「イノベーションに関する全ての税金」を撤廃

エルサルバドル:AIなど「イノベーションに関する全ての税金」を撤廃

Blur:NFT担保のP2P無期限レンディングサービス「Blend」を発表

Blur:NFT担保のP2P無期限レンディングサービス「Blend」を発表

ビットポイント:PROJECT XENOの暗号資産「GXE」取扱いへ【国内初上場】

ビットポイント:PROJECT XENOの暗号資産「GXE」取扱いへ【国内初上場】

マネーフォワード ME「アバランチ」と連携可能に|合計4種類のブロックチェーンに対応

マネーフォワード ME「アバランチ」と連携可能に|合計4種類のブロックチェーンに対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

へデラ(Hedera/HBAR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

へデラ(Hedera/HBAR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す