仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)ブロックチェーン(Blockchain)の技術を非常に高く評価していることでも知られている米国の著名な投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、仮想通貨(Cryptocurrency)の時価総額は今後15年間で現在の約400倍にあたる80兆ドル(8,800兆円)にまで増加するとの予想を語りその理由についての具体的な説明を述べています。

こちらから読む:著名投資家「ティム・ドレイパー」の仮想通貨・ビットコイン価格予想

仮想通貨バブルとドットコムバブル

bitcoin-chart

仮想通貨の時価総額が今後15年間で8,800兆円にまで増加する』という強気な予想を語っているドレイパー氏は、現在の仮想通貨市場をインターネットが誕生した時と比較して『ビットコインなどの仮想通貨が上昇するためには、まず最初に価格を落とさなければならない』と述べています。

インターネットが世の中に普及し始めた時も現在の仮想通貨市場と同じように、最初の大きな波で市場は急速に成長しました。しかしその後は一度大規模に崩壊しています。その次の波が訪れるまでには時間がかかったものの、再び成長が始まった時には最初の波よりもさらに大きな波として非常に大きく成長しています。

ドレイパー氏は、仮想通貨市場でもこの時と同様の動きが見られると予想しています。1999年~2000年に起こった「ドットコムバブル(インターネットバブル)」と言われているIT業界での市場の動きと、仮想通貨市場の動きが"似ている"という意見は、すでにその他多く仮想通貨投資家たちが語っています。

ドットコムバブルと同様の動きが仮想通貨市場でも起こると仮定すると、ドレイパー氏が述べている今後1年間で400倍の成長が起こる可能性もあると考えられます。

仮想通貨価格の下落は『無知』に起因する

crypto-down

ドレイパー氏は、昨年の過去最高価格を記録した後の大幅な下落の原因は『人々が仮想通貨についての知識を持っていなかったから』だと説明しています。

さらに彼は『人々が仮想通貨に慣れ親しんでいくにつれて、世界中の数十億ドル(数千億円)規模の産業が変化している』と述べています。

しかし同氏は、「インターネットの誕生によってもたらされた混乱」と「ブロックチェーン技術や仮想通貨がもたらすであろう混乱」には大きな違いがあるとも語っており、インターネットに関連していた市場は「10〜100億ドル」規模だったものの、仮想通貨の場合は「1兆ドル」規模の市場が関連すると説明しています。

この1兆ドルの市場とは、金融、医療、保険、銀行・投資銀行、政府などが含まれることに起因しています。

ティム・ドレイパー氏の強気予想

tim

ティム・ドレイパー氏が仮想通貨やブロックチェーン技術がインターネットよりも大きな可能性を持っていると主張するのは初めてのことではありません。

今年の3月にドレイパー氏は、『法定通貨は半年で一掃され、仮想通貨のみが使用されるようになる』と述べています。

また5か月前には、ビットコイン価格が2022年に25万ドル(約2,750万円)に達するとの予想も語っています。

ドレイパー氏は、2014年に米国の連邦保安官が「シルクロード」と呼ばれる闇サイトから押収した「30,000BTC」を、1,800万ドル(約20億円)を支払ってオークションで落札しています。このBTCの総額は現在の価格に換算すると約220億円に相当します。

早い時期からビットコインや仮想通貨に対する強気な予想を語っているドレイパー氏は、これまでにも自身の考えについての詳しい解説を数多く語っています。すでに大きな利益を得た実績を持つ同氏の発言は、今後も注目すべき内容と言えるでしょう。

ティム・ドレイパー氏が高く評価するビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ビットコイン決済をAirbnb利用者がチェスキーCEOに直訴

ビットコイン決済をAirbnb利用者がチェスキーCEOに直訴

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

日本を世界的「ブロックチェーン・リーダー」に:元マウントゴックスCEO

日本を世界的「ブロックチェーン・リーダー」に:元マウントゴックスCEO

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す