ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

by BITTIMES

フランスのビジネススクールである「Financia Business School(フィナンシア・ビジネス・スクール)」は、外国人留学生などからの入学金の支払いをスムーズに行うことができるようにするために仮想通貨決済にも対応しています。金融関連の授業も行なっているこの学校では、ブロックチェーン(Blockchain)などの知識も学ぶことができます。

こちらから読む:東京オリンピックにも導入か?需要高まる「仮想通貨決済」

仮想通貨で留学生の送金コスト削減|Financia Business School

Financia-Business-School

フランス・パリに2014年に設立され、金融・ビジネス関連の分野を学生たちに教えている「Financia Business School(フィナンシア・ビジネス・スクール)」は、フランス初となる仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)での授業料支払いに対応しているだけでなく、ブロックチェーン技術の授業も行なっています。

Financia Business Schoolの卒業生たちは、総資産で世界第8位に位置付けられているフランスの国際銀行グループ「BNP Paribas」や、多国籍銀行・金融サービス会社「SociétéGénérale」などの有名な金融機関に勤めています。

フィナンシア・ビジネス・スクールは、数多くの外国人留学生を受け入れているため、それらの留学生の送金コストを削減し、入学金の支払いを簡単かつ安全に処理できるようにするために仮想通貨決済を導入しています。

同学校は、パリに本拠地を置くブロックチェーン・スタートアップである「Coin Capital(コインキャピタル)」と提携して、仮想通貨を使った授業料の支払いを推進しています。

仮想通貨決済が導入されたことによって、2018年ではすでに5人が実際に仮想通貨で入学金を支払っていると伝えられており、仮想通貨決済で実際に授業料を支払っている一人の学生は、2017年6月に初めてビットコインを購入したため、その後得られた利益で学費を支払うことができたと語っています。

DApps開発もこなす「名門大学」の学生たち

stanford

ヨーロッパのその他の地域ではイギリスの「London School of Economics(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)」が、2018年8月に仮想通貨経済学というコースを開始しています。

またアメリカのスタンフォード大学は「ブロックチェーン研究センター」なども立ち上げており、分散型アプリケーション(DApps)を学生たちで構築するプログラムでは合計16種類のDAppsが開発されています。

ブロックチェーンや暗号化技術のスキルを持った人材は世界中で求められており、求人募集なども増えています。米国のリクルートサイト「Glassdoor(グラスドア)」が公開した調査報告書では、2017年から2018年にかけてブロックチェーン関連の求人募集が300%も増加したことが明らかにされています。

ブロックチェーン技術の授業は、今後もさらに多くの学校で扱うことが求められていくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、キャッシュバックキャンペーンも開催している仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「Coincheckでんき・Coincheckガス ウェルカムキャンペーン」開始

コインチェック「Coincheckでんき・Coincheckガス ウェルカムキャンペーン」開始

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

ビットコイン VS 金「価値の保存」に最適な資産はどっちなのか?

ビットコイン VS 金「価値の保存」に最適な資産はどっちなのか?

ブロックチェーン活用した自動車向けの「デジタルキー」を開発:アルプスアルパイン

ブロックチェーン活用した自動車向けの「デジタルキー」を開発:アルプスアルパイン

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す