ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

by BITTIMES   

フランスのビジネススクールである「Financia Business School(フィナンシア・ビジネス・スクール)」は、外国人留学生などからの入学金の支払いをスムーズに行うことができるようにするために仮想通貨決済にも対応しています。金融関連の授業も行なっているこの学校では、ブロックチェーン(Blockchain)などの知識も学ぶことができます。

こちらから読む:東京オリンピックにも導入か?需要高まる「仮想通貨決済」

仮想通貨で留学生の送金コスト削減|Financia Business School

Financia-Business-School

フランス・パリに2014年に設立され、金融・ビジネス関連の分野を学生たちに教えている「Financia Business School(フィナンシア・ビジネス・スクール)」は、フランス初となる仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)での授業料支払いに対応しているだけでなく、ブロックチェーン技術の授業も行なっています。

Financia Business Schoolの卒業生たちは、総資産で世界第8位に位置付けられているフランスの国際銀行グループ「BNP Paribas」や、多国籍銀行・金融サービス会社「SociétéGénérale」などの有名な金融機関に勤めています。

フィナンシア・ビジネス・スクールは、数多くの外国人留学生を受け入れているため、それらの留学生の送金コストを削減し、入学金の支払いを簡単かつ安全に処理できるようにするために仮想通貨決済を導入しています。

同学校は、パリに本拠地を置くブロックチェーン・スタートアップである「Coin Capital(コインキャピタル)」と提携して、仮想通貨を使った授業料の支払いを推進しています。

仮想通貨決済が導入されたことによって、2018年ではすでに5人が実際に仮想通貨で入学金を支払っていると伝えられており、仮想通貨決済で実際に授業料を支払っている一人の学生は、2017年6月に初めてビットコインを購入したため、その後得られた利益で学費を支払うことができたと語っています。

DApps開発もこなす「名門大学」の学生たち

stanford

ヨーロッパのその他の地域ではイギリスの「London School of Economics(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)」が、2018年8月に仮想通貨経済学というコースを開始しています。

またアメリカのスタンフォード大学は「ブロックチェーン研究センター」なども立ち上げており、分散型アプリケーション(DApps)を学生たちで構築するプログラムでは合計16種類のDAppsが開発されています。

ブロックチェーンや暗号化技術のスキルを持った人材は世界中で求められており、求人募集なども増えています。米国のリクルートサイト「Glassdoor(グラスドア)」が公開した調査報告書では、2017年から2018年にかけてブロックチェーン関連の求人募集が300%も増加したことが明らかにされています。

ブロックチェーン技術の授業は、今後もさらに多くの学校で扱うことが求められていくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Huobi Japan:OMG上場記念「口座開設&入金・OMG貸暗号資産キャンペーン」開催

Huobi Japan:OMG上場記念「口座開設&入金・OMG貸暗号資産キャンペーン」開催

Chiliz&Socios:インドネシアの「バリ・ユナイテッドFC」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios:インドネシアの「バリ・ユナイテッドFC」と提携|ファントークン発行も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す