世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

by BITTIMES   

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)は、今や世界中で知られる最も有名な"新しいお金"として認識されており、複数の国々で技術採用に向けた取り組みが進められています。以前は中国が流通量の大半を保有していると言われていましたが、誕生から10年が経過した現代社会ではそのバランスにも変化が見られ始めています。

こちらから読む:今後は長期的に"価格低迷"が続く可能性「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインユーザーの国際的な分布図

「The meta friend」が行なった2019年の調査によると、ビットコインユーザー数が国民の1%を占める国は世界に36カ国存在しているとされています。この調査では、任意2カ国のビットコインノードの割合とそれらの国々の割合の関係性がデータとして示されています。

海外の仮想通貨メディア「Bitcoinist」は、これらのデータを元にしてビットコインユーザーが世界各国にどのように分布しているかを報告しています。以下の画像は「The meta friend」が公開した「ビットコインユーザー数の割合」を国別に色分けしたマップです。

世界各国のビットコインユーザー数の割合を色分けしたマップ(画像:The meta friend)世界各国のビットコインユーザー数の割合を色分けしたマップ(画像:The meta friend)

各色が示すビットコインユーザー数の割合は以下のようになります。
・濃ゆい緑色:1%以上
・緑色:0.1%〜0.99%
・黄色:0.01%〜0.099%
・オレンジ:0.01%以下

ヨーロッパと北アメリカは、ビットコインのユーザー数が非常に多いことがわかります。ビットコインユーザー数が人口の1%を占めている36カ国のうちの26カ国はヨーロッパと北アメリカに存在しています。

これらの国には、カナダフランスベルギードイツイギリスアメリカ、ベラルーシが含まれており、その他の国は、リトアニアルクセンブルクルーマニアスウェーデン、アイスランド、スロベニア、ノルウェーとなっています。

ビットコインノードの国際的な分布図

ビットコインのノード数を可視化できるマップを公開している「Bitnodes」のデータでも、ヨーロッパと北米地域にノード(*1)が集中していることが報告されています。
(*1)ノード:ブロックチェーン・ネットワークに接続されている全てのコンピュータ機器

ビットコインノードの分布図(画像:Bitnodes)ビットコインノードの分布図(画像:Bitnodes)

また「Bitnodes」がこのマップと共に掲載しているノード数のランキング「トップ10」にランクインしている国の大半もヨーロッパ・北米地域に属しており、それ以外の地域に属する国は中国シンガポール日本のみとなっています。なお「Bitnodes」のデータでは、2019年2月1日時点でのビットコインノード数は10,245とされています。

ランクノード数(全体との割合)
1アメリカ2535(24.74%)
2ドイツ1951(19.04%)
3フランス687(6.71%)
4オランダ507(4.95%)
5カナダ405(3.95%)
6中国391(3.82%)
7イギリス353(3.45%)
8シンガポール328(3.20%)
9ロシア266(2.60%)
10日本251(2.45%)
国別に見たビットコインノード数のランキングトップ10(参照:Bitnodes)

大陸別にみたビットコインの「ノード数・ユーザー数」

ヨーロッパ・北米

ヨーロッパ・北米地域は、圧倒的なビットコインユーザー数とノード数を誇っていることがわかります。先進国が多いことなどから考えてもこれは当然のことであり、ビットコインATMビットコイン決済の導入が進んでいることなどもこれと関連していると言えるでしょう。

日常的にもビットコインなどの仮想通貨を目にする機会や使用する機会が多く、豊富な種類の仮想通貨取引を行うことができるこれらの地域は、仮想通貨の実用化に向けた動きが現在も進められています。

アジア・南米・オーストラリア

韓国オーストラリアインドなどの国も人口の1%以上のビットコインユーザー数を誇っています。約13.9億人の人口数を誇る中国はこのリストに入っていないものの、約13.4億人の人口数を持つインドの1%以上(約1.3億人以上)がビットコインユーザーであることは注目に値します(*2)。
(*2)人口数は2019年2月時点の数字(ソース:世界銀行、アメリカ合衆国国勢調査局)

南米では、ブラジルアルゼンチン、ウルグアイが特に多くのビットコインユーザーを抱えていますが、インフレの影響などによって仮想通貨の採用が進んでいることでも知られるベネズエラはこれに含まれていないようです。

アフリカ

アフリカ大陸では、南アフリカが特出して多くのビットコインユーザー数を誇っており、国民の「0.1%〜0.99%」がビットコインを使用しているとされています。アフリカ大陸のその他の国ではタンザニアやアンゴラが「0.01%〜0.099%」のユーザーを抱えています。

アフリカ大陸の多くの土地では電力の供給が十分ではないため、ビットコインユーザー数が少ないのは当然のことであると考えられます。「Bitnodes」のノード数ランキング「トップ100」では、南アフリカは33位にランキングされています。

その他のビットコインユーザーデータ

今回使用されているデータは全てのビットコインユーザーを示すものではありません。「The meta friend」のデータは、ノードの分布を元にしてビットコインのユーザーを決定していますが、より詳しくビットコインユーザー数を調べるためにはノード数だけでなく、ビットコインの送受信、マイニング(採掘)、インフラのサポートなどの側面も考慮する必要があります。

アフリカ大陸におけるビットコインのノード数は非常に限られていますが「The meta friend」のデータでオレンジ色に示されているナイジェリアではビットコインに対する関心が強いことが示されています。

また、ベネズエラのノード数はそれほど多くないこともデータとして示されていますが、ビットコインの相対取引を行うことができる「Localbitcoins」におけるベネズエラのビットコイン取引量は急速に増加し続けていることがデータとして明らかにされています。

「Localbitcoins」上で行われているビットコインとボリバルの取引量の変化(画像:Coin.Dance)「Localbitcoins」上で行われているビットコインとボリバルの取引量の変化(画像:Coin.Dance)

また日本円もビットコインとの取引に使用される通貨として米国とほぼ互角に競い合っている状態が続いており、活発に取引が行われていることが明らかになっています。

ビットコインの採用がどのような地域で進んでいるかをより詳しく知るためには、これら以外の観点からも調査を行う必要がありますが、今回のデータは世界中の主要な国々でビットコインの採用が進められていることを示しており、仮想通貨市場に影響を与える可能性の高い地域がどこであるのかを知るための一つの手がかりになると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す