トロン(Tron/TRX)保有者に「6年間無料配布」BitTorrentがBTTエアドロップを開始

by BITTIMES

BitTorrent(ビットトレント)が発行する仮想通貨ビットトレントトークン(BitTorrent Token/BTT)のエアドロップ(無料配布)が2019年2月11日から開始されました。このトークンはトロン(Tron/TRX)を保有している全てのユーザーに対して「今後6年間に渡って」継続的には配布される予定となっています。

こちらから読む:RPGゲームが続々と登場「TRON/TRX」関連ニュース

総額「108億9000万トークン」の大規模エアドロップ

BitTorrent(ビットトレント)が発行する仮想通貨ビットトレントトークン(BitTorrent Token/BTT)は、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で先日行われたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で約7億6,500万円以上の資金を調達した仮想通貨です。

このトークンはトロン(TRON/TRX)をベースとして発行されており、ICOもわずか15分ほどで完売したことでも注目を集めていました。

記念すべき第1回目となるエアドロップ(無料配布)は、2019年2月11日から開始され、仮想通貨TRXを保有している全てのユーザーに「総額108億9,000万トークン」が配布されることになっています。配布される割合は「1TRXにつき0.11BTT」となっており、TRONネットワーク上でTRXを保管する公式ウォレットや、エアドロップに対応している仮想通貨取引所で受け取ることができます。

BINANCEやHuobi(フォビ)などの取引所はすでにエアドロップに対応することを発表しているため、BINANCEでTRXを保有しているユーザーはBTTを受け取ることができます。

またこのエアドロップは、2025年2月までの約6年間に渡って続けられる異例のものとなっており、最終的には「BTT総流通量(9,900億)の19.9%」が配布される予定となっています。2025年までのスケジュールは以下のようになっています。
・2019年2月11日:108億9,000万BTT
・2019年3月11日〜2020年2月11日:毎月9億9,000万BTT
・2020年3月11日〜2021年2月11日:毎月10億7,250万BTT
・2021年3月11日〜2022年2月11日:毎月11億5,500万BTT
・2022年3月11日〜2023年2月11日:毎月12億3,750万BTT
・2023年3月11日〜2024年2月11日:毎月13億2,000万BTT
・2024年3月11日〜2025年2月11日:毎月14億250万BTT

TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、『分権化された新しいインターネット経済を想像するためにはBTTとTRXの両方が必要』だと語っています。

BitTorrentはファイル共有サービスを提供している企業であり、TRONが買収したことによって現在はTRONの子会社となっています。エアドロップで配布される「BTT」は、BitTorrentでファイルを共有する際のダウンロード速度を高めることなどにも使用することができます。

6年間にも渡る長期的なエアドロップの試みは今回が初めてのことでもあるため、一部では「売り」の圧力が高まる可能性があるとも言われていますが、いずれにせよTRX保有者にとっては嬉しいニュースであり、今後の動きに注目が集まることは間違いないと言えるでしょう。

2019年2月12日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は、過去3ヶ月間に渡って3円前後で安定して取引されており、2019年2月12日時点では「1TRX=2.69円」で取引されています。最近の最高値は先月10日に記録した約4円となっています。

2018年11月14日〜2019年2月12日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月14日〜2019年2月12日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「XRP保有者に対するFLRの付与・取扱い」について続報

コインチェック「XRP保有者に対するFLRの付与・取扱い」について続報

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

Tron(TRX)時価総額トップ「10位」ランクイン|分散型ストレージシステム「BTFS」公開迫る

Tron(TRX)時価総額トップ「10位」ランクイン|分散型ストレージシステム「BTFS」公開迫る

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す