心電図・血糖値も測定可能|ブロックチェーン活用した「医療用IoTバンド」開発が進む

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用した腕時計型の医療用IoTデバイス(バイタルバンド)の開発が日本で進められています。「株式会社クォンタムオペレーション」と「フロッグカンパニー株式会社」によって開発が進められているこのデバイスは、手首に装着することによって心拍数や血圧、さらには血糖値も測定できるように開発が進められており、それらのデータはブロックチェーン上で一元管理できる設計となっています。

こちらから読む:医療データの情報管理に役立てられる「ブロックチェーン技術」とは

バイタルデータをブロックチェーン管理

センサー技術の開発を行っている「株式会社クォンタムオペレーション」は、経済産業省が主催した「ブロックチェーンハッカソン2019」において「経済産業省アーリーエッジ賞」と「SoftBank賞」をダブル受賞した「フロッグカンパニー株式会社」と協力して、腕時計型の医療用IoTデバイス(バイタルバンド)の開発を進めています。

(画像:fundinno.com)(画像:fundinno.com)

このデバイスは、スマートウォッチのように手首に装着することによって「心電図・血圧・PRG心拍・血中酸素飽和度」などといった様々なデータを測定できるようになっており、これらのデータをブロックチェーン上で共有する仕組みが採用されています。

ブロックチェーン上で情報を管理することによって、遠隔医療や電子カルテを一元管理することができるため、現在の医療・介護の在り方を大きく変えることができると期待されています。取得されたデータはネットワークを経由して医療施設で診察などにも役立てられます。

血糖値などの情報も「光センサーだけ」で取得

現在は、光センサーだけで「血糖値」や「血中グルコース量」を測定できる技術の検証が進められており、その他にも「体内水分量・骨密度・基礎代謝量・血流速度」といった様々な情報を測定するための検証も行われているとされています。

これらのデータはブロックチェーン上で分散型管理される仕組みとなっているため、セキュリティ面も安心できる設計となっており、病院や介護福祉施設で利用されている電子カルテなどと連携を図ることによって医療データをより合理的に管理することができると伝えられています。これによって医療スタッフの業務効率化を図ることができるため、在宅診療への移行を加速させる可能性があるとされています。

(画像:fundinno.com)(画像:fundinno.com

このプロジェクトは先月17日からクラウドフェンディングを行なっていましたが、すでに目標金額とされていた1,500万円を上回り5,000万円の資金調達に成功しています。現在進められている研究が進み、本格的にバイタルバンドが実用化されれば、ブロックチェーン・ネットワークを通じて様々な医療データを容易に活用することができる新しい環境が日本の医療業界に構築される可能性があります。

ブロックチェーン技術を活用して医療データを共有するシステムは海外でも開発が進められており、「レントゲン写真」や「臨床試験データ」の管理などにも応用されています。医療業界で進められているこれらのブロックチェーンを活用したプロジェクトは、今後の医療のあり方を大きく変化させる可能性を秘めています。

「バイタルバンド」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>バイタルバンドの詳細はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:南アフリカの法定通貨「ZAR」サポートへ

BINANCE:南アフリカの法定通貨「ZAR」サポートへ

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す