心電図・血糖値も測定可能|ブロックチェーン活用した「医療用IoTバンド」開発が進む

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用した腕時計型の医療用IoTデバイス(バイタルバンド)の開発が日本で進められています。「株式会社クォンタムオペレーション」と「フロッグカンパニー株式会社」によって開発が進められているこのデバイスは、手首に装着することによって心拍数や血圧、さらには血糖値も測定できるように開発が進められており、それらのデータはブロックチェーン上で一元管理できる設計となっています。

こちらから読む:医療データの情報管理に役立てられる「ブロックチェーン技術」とは

バイタルデータをブロックチェーン管理

センサー技術の開発を行っている「株式会社クォンタムオペレーション」は、経済産業省が主催した「ブロックチェーンハッカソン2019」において「経済産業省アーリーエッジ賞」と「SoftBank賞」をダブル受賞した「フロッグカンパニー株式会社」と協力して、腕時計型の医療用IoTデバイス(バイタルバンド)の開発を進めています。

(画像:fundinno.com)(画像:fundinno.com)

このデバイスは、スマートウォッチのように手首に装着することによって「心電図・血圧・PRG心拍・血中酸素飽和度」などといった様々なデータを測定できるようになっており、これらのデータをブロックチェーン上で共有する仕組みが採用されています。

ブロックチェーン上で情報を管理することによって、遠隔医療や電子カルテを一元管理することができるため、現在の医療・介護の在り方を大きく変えることができると期待されています。取得されたデータはネットワークを経由して医療施設で診察などにも役立てられます。

血糖値などの情報も「光センサーだけ」で取得

現在は、光センサーだけで「血糖値」や「血中グルコース量」を測定できる技術の検証が進められており、その他にも「体内水分量・骨密度・基礎代謝量・血流速度」といった様々な情報を測定するための検証も行われているとされています。

これらのデータはブロックチェーン上で分散型管理される仕組みとなっているため、セキュリティ面も安心できる設計となっており、病院や介護福祉施設で利用されている電子カルテなどと連携を図ることによって医療データをより合理的に管理することができると伝えられています。これによって医療スタッフの業務効率化を図ることができるため、在宅診療への移行を加速させる可能性があるとされています。

(画像:fundinno.com)(画像:fundinno.com

このプロジェクトは先月17日からクラウドフェンディングを行なっていましたが、すでに目標金額とされていた1,500万円を上回り5,000万円の資金調達に成功しています。現在進められている研究が進み、本格的にバイタルバンドが実用化されれば、ブロックチェーン・ネットワークを通じて様々な医療データを容易に活用することができる新しい環境が日本の医療業界に構築される可能性があります。

ブロックチェーン技術を活用して医療データを共有するシステムは海外でも開発が進められており、「レントゲン写真」や「臨床試験データ」の管理などにも応用されています。医療業界で進められているこれらのブロックチェーンを活用したプロジェクトは、今後の医療のあり方を大きく変化させる可能性を秘めています。

「バイタルバンド」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>バイタルバンドの詳細はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所からの「第一種金融商品取引業者」登録報告続く|法改正に対応

暗号資産取引所からの「第一種金融商品取引業者」登録報告続く|法改正に対応

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

イラン当局:特定の条件下で「発電所のビットコインマイニング」を許可

イラン当局:特定の条件下で「発電所のビットコインマイニング」を許可

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

VeChain:ブロックチェーン基盤の「食品安全ソリューション」正式リリース

VeChain:ブロックチェーン基盤の「食品安全ソリューション」正式リリース

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す