暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

by BITTIMES

2019年5月12日〜18日にかけて紹介した仮想通貨(暗号資産)関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

待望の「ビットコイン先物」7月テストへ|Bakkt

bakkt-announce

仮想通貨業界で特に注目されて続けてきた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、待望の"ビットコイン先物取引"を提供するためのテストを2019年7月に開始する予定だと発表しました。

この発表は、ビットコインの価格上昇に拍車をかける形となり、発表後のBTC価格は一時的に90万円近くまで高騰しました。

伝説の投資家が語る「仮想通貨が生き残る理由」

Mark-Mobius-BTC

発展途上国や新興国などへの投資を行なってきたことで知られる伝説の投資家Mark Mobius(マーク・モビアス)氏は、以前はビットコインや仮想通貨に対して慎重な姿勢をとっていたものの、最近行われたインタビューでは『ビットコインは人々からの需要を満たすことができる特徴を備えているため、将来的にも発展していく』と考えていることを明かしています。

仮想通貨に対して懐疑的だった世界の有名な投資家たちは、ここ最近で徐々に仮想通貨に対する意見を改めつつあります。

有名サッカークラブの独自トークンが「BINANCE」に?

Chiliz-binance

スポーツファンとクラブチームを結ぶ仮想通貨投票プラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を支えている「チリーズ(ChiliZ/CHZ)」は、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が新しく立ち上げたブロックチェーン「BinanceChain(バイナンスチェーン)」との戦略的パートナーシップを発表しました。

このパートナーシップによって、複数の新しいサービスが提供されるほか、将来的には「Socios.com」のプラットフォームに参加している有名サッカークラブの独自トークンがバイナンスチェーン上で発行される可能性もあると伝えられています。

2019年に期待が高まる「複数のアルトコイン」

altcoin-rockets

仮想通貨市場ではビットコインの価格上昇が続いていましたが、ここ最近ではアルトコインの価格にも大幅な上昇が見られており、ネム(NEM/XEM)の価格は一時的に7日間で90%近くの価格高騰を記録しています。

以下の記事では、アルトコインで大幅な価格上昇が見られた日に特に高い上昇率を記録していた仮想通貨を複数紹介しています。

Webブラウザ「Opera」複数の仮想通貨サポートへ

Opera-blockchain

昨年から仮想通貨ウォレット機能などを搭載し始めているWebブラウザ「Opera(オペラ)」は、新しくトロン(Tron/TRX)とTRC標準(TRC-standard)トークンをサポートする予定であることを明らかにしました。

また今後12ヶ月以内には、その他複数のブロックチェーンにも対応していく予定だと伝えられています。「Opera(オペラ)」は、世界中で3億人を超える人々に利用されている人気のブラウザの一つであるため、複数のブロックチェーンや仮想通貨が正式に採用されれば、仮想通貨業界の発展にも繋がると期待されます。

仮想通貨「スタバやサーティーワン」でも利用可能に?

SPEDN

仮想通貨決済サービスを提供している「Flexa(フレクサ)」は、Starbucks(スターバックス)などを始めとする世界的にも有名な大手小売店15社で同社のサービスを通じて仮想通貨が利用できるようになることを発表しました。

発表された15社の中には、サーティーワンアイスクリームで知られるアメリカのアイスクリーム・ケーキ専門のチェーン店「Baskin Robbins(バスキン・ロビンス)」なども含まれているため、仮想通貨決済の普及促進にも繋がると期待されています。

大規模ブロックチェーンネットワーク本格稼働へ

Klaytn-mainnet

メッセージアプリ「カカオトーク」を運営していることで知られる「Kakao(カカオ)」が昨年立ち上げたブロックチェーン部門「Ground X(グラウンド・エックス)」は、独自のブロックチェーン「Klaytn(クレイトン)」のメインネットを6月27日に公開することを発表しました。

「Ground X」や「Klaytn」はこれまでにも数多くの企業との提携を発表しており、「Klaytn」を中心とした幅広い分野にまたがる大規模なブロックチェーンネットワークを展開していく計画を明らかにしていました。メインネットが正式に公開されれば、これらのサービスが本格的に利用できるようになっていくため、「Ground X」や「Klaytn」に関するニュースには今後もさらに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

マレーシア・ペナン州:ブロックチェーン活用した「農産物の追跡システム」開発へ

マレーシア・ペナン州:ブロックチェーン活用した「農産物の追跡システム」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す