G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

by BITTIMES

G20の国際監視機関である金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開した"暗号資産に関する報告書"の中で「規制当局は暗号資産(仮想通貨)分野での金融活動に関するリスク評価戦略を改善する必要がある」との説明を行いました。

こちらから読む:法改正案が正式に成立「暗号資産」関連ニュース

G20の国際監視機関であるスイスを本拠地とする金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開されたG20の財務大臣および中央銀行総裁宛ての報告書の中で「規制当局は仮想通貨分野で金融の安定性に影響を与える可能性のあるリスクを予測できるよう努力すべき」だと述べています。

「経済協力開発機構(OECD)」や「バーゼル銀行監督委員会(BCBS)」などの国際機関は、暗号資産から生じる問題に直接対処しながら、
・投資家保護
・市場の健全性
・マネーロンダリング防止
・銀行のエクスポージャー(*1)および財務安定性の監視
などに取り組んでいますが、規則の内容は国によって異なります。
(*1)エクスポージャー:投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと

この報告書はそのような「規制の違い」を指摘すると共に、「暗号資産のエコシステムが急速に進化していることなどを踏まえるとそれらの重要性を評価することは困難である」ということが記されており、規制当局が見込めるリスク評価の指標の1つとして、銀行や他の金融機関による暗号資産のエクスポージャーの程度を検討することができると述べられています。またこのレポートでは「FSBは現在、暗号資産が金融部門に重大な安定リスクをもたらすとは考えていない」とも付け加えられています。

報告書によると、既存の仮想通貨規制はやや不十分であり、技術革新のスピードも速いため、疑わしい規制分野が残っている可能性があります。また、暗号資産の規格は国によって違いがあるため、規制当局の管轄外になる可能性があります。

具体的な「規制の違い」としては、中国では仮想通貨の交換が「ほぼ全面禁止」となっている一方で、日本では仮想通貨交換業者の免許取得をもって「合法化」しようとしていることなどが挙げられます。

このような規制の違いはマネーロンダリング(資金洗浄)などといった様々な問題の原因にもなってしまうため、以前から解決すべき重要なことの1つとしてあげられていました。やがて開催される「G20サミット」では、暗号資産の国際規制を日本が主導すると期待されているため、サミットの詳細などにも注目が集まります。

>>「FSB」が公開したレポートはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

ブロックチェーンと「5G/クラウド/IoT」融合へ|電気通信大手がイニシアチブを開始

ブロックチェーンと「5G/クラウド/IoT」融合へ|電気通信大手がイニシアチブを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す