G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

by BITTIMES   

G20の国際監視機関である金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開した"暗号資産に関する報告書"の中で「規制当局は暗号資産(仮想通貨)分野での金融活動に関するリスク評価戦略を改善する必要がある」との説明を行いました。

こちらから読む:法改正案が正式に成立「暗号資産」関連ニュース

G20の国際監視機関であるスイスを本拠地とする金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開されたG20の財務大臣および中央銀行総裁宛ての報告書の中で「規制当局は仮想通貨分野で金融の安定性に影響を与える可能性のあるリスクを予測できるよう努力すべき」だと述べています。

「経済協力開発機構(OECD)」や「バーゼル銀行監督委員会(BCBS)」などの国際機関は、暗号資産から生じる問題に直接対処しながら、
・投資家保護
・市場の健全性
・マネーロンダリング防止
・銀行のエクスポージャー(*1)および財務安定性の監視
などに取り組んでいますが、規則の内容は国によって異なります。
(*1)エクスポージャー:投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと

この報告書はそのような「規制の違い」を指摘すると共に、「暗号資産のエコシステムが急速に進化していることなどを踏まえるとそれらの重要性を評価することは困難である」ということが記されており、規制当局が見込めるリスク評価の指標の1つとして、銀行や他の金融機関による暗号資産のエクスポージャーの程度を検討することができると述べられています。またこのレポートでは「FSBは現在、暗号資産が金融部門に重大な安定リスクをもたらすとは考えていない」とも付け加えられています。

報告書によると、既存の仮想通貨規制はやや不十分であり、技術革新のスピードも速いため、疑わしい規制分野が残っている可能性があります。また、暗号資産の規格は国によって違いがあるため、規制当局の管轄外になる可能性があります。

具体的な「規制の違い」としては、中国では仮想通貨の交換が「ほぼ全面禁止」となっている一方で、日本では仮想通貨交換業者の免許取得をもって「合法化」しようとしていることなどが挙げられます。

このような規制の違いはマネーロンダリング(資金洗浄)などといった様々な問題の原因にもなってしまうため、以前から解決すべき重要なことの1つとしてあげられていました。やがて開催される「G20サミット」では、暗号資産の国際規制を日本が主導すると期待されているため、サミットの詳細などにも注目が集まります。

>>「FSB」が公開したレポートはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す