G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

by BITTIMES

G20の国際監視機関である金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開した"暗号資産に関する報告書"の中で「規制当局は暗号資産(仮想通貨)分野での金融活動に関するリスク評価戦略を改善する必要がある」との説明を行いました。

こちらから読む:法改正案が正式に成立「暗号資産」関連ニュース

G20の国際監視機関であるスイスを本拠地とする金融安定理事会(FSB)は、2019年5月31日に公開されたG20の財務大臣および中央銀行総裁宛ての報告書の中で「規制当局は仮想通貨分野で金融の安定性に影響を与える可能性のあるリスクを予測できるよう努力すべき」だと述べています。

「経済協力開発機構(OECD)」や「バーゼル銀行監督委員会(BCBS)」などの国際機関は、暗号資産から生じる問題に直接対処しながら、
・投資家保護
・市場の健全性
・マネーロンダリング防止
・銀行のエクスポージャー(*1)および財務安定性の監視
などに取り組んでいますが、規則の内容は国によって異なります。
(*1)エクスポージャー:投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと

この報告書はそのような「規制の違い」を指摘すると共に、「暗号資産のエコシステムが急速に進化していることなどを踏まえるとそれらの重要性を評価することは困難である」ということが記されており、規制当局が見込めるリスク評価の指標の1つとして、銀行や他の金融機関による暗号資産のエクスポージャーの程度を検討することができると述べられています。またこのレポートでは「FSBは現在、暗号資産が金融部門に重大な安定リスクをもたらすとは考えていない」とも付け加えられています。

報告書によると、既存の仮想通貨規制はやや不十分であり、技術革新のスピードも速いため、疑わしい規制分野が残っている可能性があります。また、暗号資産の規格は国によって違いがあるため、規制当局の管轄外になる可能性があります。

具体的な「規制の違い」としては、中国では仮想通貨の交換が「ほぼ全面禁止」となっている一方で、日本では仮想通貨交換業者の免許取得をもって「合法化」しようとしていることなどが挙げられます。

このような規制の違いはマネーロンダリング(資金洗浄)などといった様々な問題の原因にもなってしまうため、以前から解決すべき重要なことの1つとしてあげられていました。やがて開催される「G20サミット」では、暗号資産の国際規制を日本が主導すると期待されているため、サミットの詳細などにも注目が集まります。

>>「FSB」が公開したレポートはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クロアチアの郵便局「仮想通貨5銘柄の交換サービス」を55箇所で展開

クロアチアの郵便局「仮想通貨5銘柄の交換サービス」を55箇所で展開

「黒海小麦取引」の情報管理にブロックチェーン導入テスト|スイス農作物輸出会社

「黒海小麦取引」の情報管理にブロックチェーン導入テスト|スイス農作物輸出会社

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

仮想通貨OMG Network:ハードウェアウォレット「Ledger」で保管可能に

仮想通貨OMG Network:ハードウェアウォレット「Ledger」で保管可能に

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す