ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

by BITTIMES

2019年10月6日〜12日にかけて紹介した仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2019年10月「ブロックチェーン・仮想通貨」ニュース一覧

人気のウォレットアプリが「XRP」をサポート

Ripple-XRP-BRD

Ripple(リップル)の投資部門である「Xpring」は、世界中で非常に多くの人々に利用されている人気の仮想通貨ウォレットアプリ「BRD」に出資したことを発表しました。

今回の出資に伴い「BRD」は仮想通貨エックスアールピー(XRP)をサポートするため、BRDユーザーはXRPを売買・保有・送金・使用することができるようになります。

Libra協会から新たに「5社」が脱退

Libra-Lawsuit

仮想通貨Libra(リブラ)の運営主体である「Libra協会」は、2020年内のLibraローンチに向けて取り組みを進めていますが、ここ最近ではLibraに関連するネガティブなニュースが多数報告されています。

今月初めには決済大手PayPal(ペイパル)が「Libra協会」への参加を見送ることが明らかにされていましたが、先日は新たに5社がLibra協会を脱退したことが報告されています。また、Libraの専用ウォレットである「Calibra(カリブラ)」に対しても"商標権侵害"の申し立てが行われているため、今後はさらに深刻な議論が行われていくことになると予想されます。

業界大手が多数参加「ブロックチェーン教育連盟」立ち上げ

Blockchain-Education-Alliance

ネム(NEM/XEM)トロン(Tron/TRX)ステラ(Stellar/XLM)オーブス(Orbs/ORBS)エマーゴ(EMURGO)などを含めた合計14の企業・団体が、ブロックチェーン技術者の育成などを目的とした「ブロックチェーン教育連盟(Blockchain Education Alliance)」を立ち上げたことが明らかになりました。

この団体は、ブロックチェーン業界の将来を担う開発者たちを支援することを目的とした団体であり、複数の有名大学などと協力してブロックチェーン技術者の育成をサポートしていく予定だと伝えられています。

「ブロックチェーン教育連盟」に関する記事はこちら

米SEC:Telegramの仮想通貨は「未登録証券」と判断

SEC

米国証券取引委員会(SEC)は、Telegram(テレグラム)が発行する仮想通貨「Gram(グラム)」を"未登録証券"だと判断していることを記した声明文を公開しました。

SECは「Telegramが行なったトークンセールは違法行為だ」と判断しており、テレグラム・グループとGramの海外販売店に対して「一時的な停止命令を出す許可を得た」と発表しています。

CFTC新会長「イーサリアムは商品である」と判断

Heath-Tarbert-Ethereum

米国商品先物取引委員会(CFTC)の新たな会長であるHeath Tarbert(ヒース・ターバート)氏は先日開催された「Yahoo Finance」のサミットの中で自分自身が「仮想通貨イーサリアム(ETH)はコモディティ(商品)である」と考えていることを明らかにしました。

同氏は「イーサリアムをCFTCの監督下に置き、近い将来に米国でETHのデリバティブ商品(金融派生商品)を取引できるようにしたい」とも語ったと報告されています。

著名トレーダー複数人が「ETH急騰」を予想

Ethereum-up

イーサリアム(ETH)の価格は2万円前後での停滞を続けていますが、仮想通貨業界で人気の著名なアナリストやトレーダーたちは今後数日で大幅に上昇する可能性があると語っています。

これらの予想は今月8日に語られたものではあるものの、今のところイーサリアムに大きな動きは見られていないため、今後の動きにも注目です。

ビットコイン「影響力のあるプロジェクトTOP50」に選出

Bitcoin-Top50

プロジェクトマネジメントの標準策定・資格認定・交流などを行っている非営利組織「プロジェクトマネジメント協会(PROJECT MANAGEMENT INSTITUTE/PMI)は、歴史に名を残す偉大なプロジェクトが数多く含まれた「過去50年間の最も影響力のあるプロジェクトTOP50」を発表しました。

このリストには「アポロ11号・ヒトゲノム計画・MRI・国際宇宙ステーション」などといった大規模なプロジェクトが多数含まれていますが、仮想通貨ビットコイン(BTC)はその中でも上位にランク付けされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

仮想通貨取引所Bitfinex「合計87種類」の取引ペア削除へ

仮想通貨取引所Bitfinex「合計87種類」の取引ペア削除へ

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す