Tron財団:Steem基盤の分散型SNS「Steemit」と戦略的提携|サービス統合へ

by BITTIMES

トロン財団(Tron Foundation)は2020年2月15日に、ブロックチェーンベースのソーシャルメディア・ブログプラットフォームである「Steemit(スティーミット)」との戦略的パートナーシップを発表しました。これにより、SteemitはTronブロックチェーンに統合されることになります。

こちらから読む:仮想通貨対応プリカ"Bitsa"がTRXに対応「Tron/TRX」関連ニュース

分散型SNS「Steemit」TRONブロックチェーンへと移行

Tron財団がパートナーシップを結んだ「Steemit(スティーミット)」は、スチーム(Steem/STEEM)のブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディア・ブログプラットフォームであり、"仮想通貨を稼げるSNS"として知られていました。TRONとSteemitの開発チームはすでに共同作業に取り組んでおり「SteemitやSteemブロックチェーンを基盤としたDAppsをTRONブロックチェーンに移行するための取り組みを行なっている」と伝えられています。

Steemブロックチェーン上に構築された分散型アプリケーション(DApps)はすでに100万人以上の人々に利用されているため、Steem関連のDAppsがTRONブロックチェーンに移行することによって、Tronのコミュニティはさらに拡大することになると期待されます。

Tron財団の公式発表では、Steemブロックチェーンを基盤としたDAppsの例として、
・YouTubeのような動画配信サービス「D.Tube」
・InstagramのようなSNSサービス「APPICS」
・フィットネス関連のDApp「Actifit」
などが挙げられています。

なお今回の件についてトロン財団は『Steemitと戦略的パートナーシップを結んだ」と発表していますが、Steemitの共同設立者であるNed Scptt氏はTwiiterで『SteemitをTronのJustin Sun(ジャスティン・サン)氏に"売却"した』と報告しています。

ここ最近ではTronブロックチェーンに移行するブロックチェーンプロジェクトが増えてきており、先月末にはブロックチェーンベースのコンテンツ共有プラットフォームである「Dlive」もTRONブロックチェーンに移行することを発表しています。今後もブロックチェーン関連プロジェクトがTRONブロックチェーンに移行する動きが続けば、TRONのネットワークがさらに拡大していくことになると予想されます。

>>「Tron財団」の公式発表はこちら

2020年2月15日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は昨年12月に1.35円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2020年2月15日時点では「1TRX=2.80円」まで回復しています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月17日〜2020年2月15日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月17日〜2020年2月15日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

コインチェック:クアンタム(QTUM)の「取り扱い開始日」を発表

コインチェック:クアンタム(QTUM)の「取り扱い開始日」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す