BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

by BITTIMES   

BMW・MINI・Rolls-Royce・BMW Motorradなどといった世界有数のブランドを擁する大手自動車メーカー「BMW Group」は2020年3月31日の発表で、ブロックチェーン技術を用いてサプラチェーンの透明性を確保することなどを目的とした「PartChain」と呼ばれるプロジェクトを拡大していく計画を明らかにしました。

こちらから読む:Operaブラウザ、BCドメインに対応「ブロックチェーン」関連ニュース

「PartChain」プロジェクトで参加企業を拡大

BMW・MINI・Rolls-Royce・BMW Motorradなどといった世界的に有名な自動車ブランドの親会社である「BMW Group」は2020年3月31日の発表で、ブロックチェーン技術を活用してサプライチェーン管理などに取り組む「PartChain」と呼ばれるプロジェクトを拡大していく計画を明らかにしました。

同社は自動車部品の原材料や製造過程などに関する情報を明確にし、製品の安全性を高めるためにブロックチェーン基盤のソリューションを活用したプロジェクトに取り組んでいますが、2020年は「PartChain」プロジェクトに参加するサプライヤーを拡大していくことを目指していると報告されています。

「PartChain」はブロックチェーン技術だけでなく「Amazon Web Services」や「Microsoft Azure」などといったクラウドテクノロジーも活用しているため、参加している全てのパートナー間でコンポーネントの起源を追跡することができ、データ改ざんのリスクも最小限に抑えることができるとのことです。

具体的には2020年に主要なサプライヤー10社を選出した上で、今後数年間をかけてさらに多くのサプライヤーを追加していく予定だとされています。

業界全体で利用できる「オープンプラットフォーム」構築へ

(画像:BMW Group)(画像:BMW Group)

BMW Groupよると「自動車業界のサプライチェーンは非常に複雑であり、段階的なプロセスで多数の企業が製品に関わるだけでなく、その状況は頻繁に変化する」とされています。そのような企業の多くは各社のデータを個別に管理するのが一般的であり、"関連企業のITシステムが互いに通信できる"というわけでもなかったため、透明性を確保するための作業には多大な労力が必要だったとのことです。

「PartChain」はこのような問題を解決できるソリューションであり、PartChainを活用することによって、関連企業のデータを改ざん不可能なブロックチェーン上に記録することができるようになり、それらのデータを必要に応じて収集することができると説明されています。

「BMW AG」の購買およびサプライヤー・ネットワーク担当取締役であるAndreas Wendt(アンドレアス・ウェント)氏は『私たちのビジョンは"サプライチェーン内のデータを業界全体で安全に交換・共有し、匿名化できるオープンプラットフォーム"を作成することだ』と語っています。

2019年に実施されたテストプロジェクトは「パーツ追跡」のみに焦点を当てていたものの、将来的には鉱山から製錬所までを含めた"原材料の完全なトレーサビリティ"を実現することも期待しているとのことです。

「BMW Group」は、2018年に「FordRenaultGeneral Motors」などの大手自動車メーカーと共に「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」と呼ばれる業界団体を立ち上げていますが、ウェント氏は『PartChainソリューションをMOBIメンバーと共有し、関心のある企業をイニシアチブに参加させたい』と考えていることも明かしています。

>>「BMW Group」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

ビットコインを「リトルリスク」と呼ぶ英国メディア

ビットコインを「リトルリスク」と呼ぶ英国メディア

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す