暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の大手投資・運用会社である「Grayscale Investments(グレイスケール・インベストメンツ)」は2020年7月6日に、同社が提供する上場投資商品の1つである「デジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund/DLC)」の新しい比重を公開し、XRP・LTC・BCHの比重を減らして、BTC・ETHの比重を増加させたことを明らかにしました。

こちらから読む:G20、デジタル通貨事実上容認へ「暗号資産」関連ニュース

ビットコイン・イーサリアムの比重をさらに増加

Grayscale Investments(グレイスケール・インベストメンツ)が提供する「デジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund/DLC)」は、暗号資産5銘柄によって構成される上場投資商品の1つであり、時価総額が特に大きい以下の主要な5銘柄で構成されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)

DLCファンドの比重はこれまで
BTC:81.0%
ETH:9.6%
XRP:5.0%
BCH:2.8%
LTC:1.6%
となっていましたが、今回の報告では2020年3月31日〜2020年6月31日までの間にこの比重が調整され、XRP・BCH・LTCの比重を減らして、BTC・ETHの比重に当てられたことが報告されています。

具体的にはETHの比重が「プラス2.1%」と特に増加しており、BTCの比重は「プラス0.5%」となっています。最も比重が減らされたのはXRPの「マイナス1.4%」であり、それに続いてBCHは「マイナス0.8%」、LTCは「マイナス0.4%」の調整となっています。

全体の変化を要約すると以下のようになります。
BTC:81.0%→81.5%(+0.5%)
ETH:9.6%→11.7%(+2.1%)
XRP:5.0%→3.6%(−1.4%)
BCH:2.8%→2.0%(−0.8%)
LTC:1.6%→1.2%(−0.4%)

(画像:Grayscale公式Twitter)(画像:Grayscale公式Twitter

ビットコインとイーサリアムは今後の成長に特に注目が集まっており、多くの著名投資家からもBTC・ETHの価格上昇を予想する声が多数出ていますが、XRPに関しては以前に比べると弱気な意見も増えてきており、時価総額ランキングでも3位から4位へと下落しています。

数年前と比較すると、XRPに対する関心は弱まってきているようにも感じられますが、一部の投資家は依然としてXRPの将来に期待感を示しており、先日は「Goldman Sachs」や「Forbes」などに勤務した経歴を持つWill Meade氏が、初めて投資する暗号資産として「XRP」を選択したことを明らかにしています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Moonstake:セントラリティ(CENNZ)の「ステーキング」に対応|記念キャンペーンも

Moonstake:セントラリティ(CENNZ)の「ステーキング」に対応|記念キャンペーンも

注目度の高い仮想通貨ニュース

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す