暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の大手投資・運用会社である「Grayscale Investments(グレイスケール・インベストメンツ)」は2020年7月6日に、同社が提供する上場投資商品の1つである「デジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund/DLC)」の新しい比重を公開し、XRP・LTC・BCHの比重を減らして、BTC・ETHの比重を増加させたことを明らかにしました。

こちらから読む:G20、デジタル通貨事実上容認へ「暗号資産」関連ニュース

ビットコイン・イーサリアムの比重をさらに増加

Grayscale Investments(グレイスケール・インベストメンツ)が提供する「デジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund/DLC)」は、暗号資産5銘柄によって構成される上場投資商品の1つであり、時価総額が特に大きい以下の主要な5銘柄で構成されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)

DLCファンドの比重はこれまで
BTC:81.0%
ETH:9.6%
XRP:5.0%
BCH:2.8%
LTC:1.6%
となっていましたが、今回の報告では2020年3月31日〜2020年6月31日までの間にこの比重が調整され、XRP・BCH・LTCの比重を減らして、BTC・ETHの比重に当てられたことが報告されています。

具体的にはETHの比重が「プラス2.1%」と特に増加しており、BTCの比重は「プラス0.5%」となっています。最も比重が減らされたのはXRPの「マイナス1.4%」であり、それに続いてBCHは「マイナス0.8%」、LTCは「マイナス0.4%」の調整となっています。

全体の変化を要約すると以下のようになります。
BTC:81.0%→81.5%(+0.5%)
ETH:9.6%→11.7%(+2.1%)
XRP:5.0%→3.6%(−1.4%)
BCH:2.8%→2.0%(−0.8%)
LTC:1.6%→1.2%(−0.4%)

(画像:Grayscale公式Twitter)(画像:Grayscale公式Twitter

ビットコインとイーサリアムは今後の成長に特に注目が集まっており、多くの著名投資家からもBTC・ETHの価格上昇を予想する声が多数出ていますが、XRPに関しては以前に比べると弱気な意見も増えてきており、時価総額ランキングでも3位から4位へと下落しています。

数年前と比較すると、XRPに対する関心は弱まってきているようにも感じられますが、一部の投資家は依然としてXRPの将来に期待感を示しており、先日は「Goldman Sachs」や「Forbes」などに勤務した経歴を持つWill Meade氏が、初めて投資する暗号資産として「XRP」を選択したことを明らかにしています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

ジョニー・デップ:仮想通貨業界に参入「TaTaTu」とのパートナーシップで価格高騰

ジョニー・デップ:仮想通貨業界に参入「TaTaTu」とのパートナーシップで価格高騰

注目度の高い仮想通貨ニュース

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

チリーズ(Chiliz/CHZ)アジアの暗号資産取引所「HOO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)アジアの暗号資産取引所「HOO.COM」に上場

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す