Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)が発行を支援するスポーツクラブの公式ファントークンが取引可能な暗号資産取引所「Chiliz Exchange(Chiliz.net)」は2020年8月28日に、新しく3つのファントークンの取り扱いを開始しました。今回はサッカークラブだけでなくeスポーツチームのファントークンも上場しています。

こちらから読む:SBI FXトレード、暗号資産CFD取引提供へ「暗号資産」関連ニュース

「サッカー・eスポーツチームの3銘柄」取り扱い開始

チリーズ(Chiliz/CHZ)が発行を支援しているクラブチームの公式ファントークンが取引できる暗号資産取引所「Chiliz Exchange(Chiliz.net)」は、2020年8月28日に「APL・TH・CAI」という3つのファントークンの取り扱いを開始しました。

APLはキプロスのリマソールをホームタウンとするサッカークラブ「アポロン・リマソールFC(Apollon Limassol FC)」のファントークンであり、CAIはアルゼンチン中東部ブエノスアイレス州の都市アベジャネーダを本拠地とするサッカークラブ「CAインデペンディエンテ(CA Independiente)」のファントークン、THは2016年8月に設立されたスペインのeスポーツチーム「チーム・ヘレティクス(Team Heretics)」のファントークンとなっています。

これら3つのファントークンは、2020年8月25日〜2020年8月27日までの期間にかけて「Socios.com」と「Chiliz.net」でファントークンオファリング(FTO)による初回のトークン販売が実施されましたが、THトークンとAPLトークンは約6分、CAIトークンは約15分で完売したことが報告されています。

「APL・CAI・TH」の3銘柄は価格上昇中

「APL・TH・CAI」は既に取引が開始されており、仮想通貨CHZとの取引ペアで交換することができるようになっていますが、記事執筆時点ではAPLトークンが81%、CAIトークンが28%、THトークンが21%上昇しているため、今後の成長にも注目です。

2020年8月29日「Chiliz Exchange」上昇率TOP3の仮想通貨(画像:Chiliz.net)2020年8月29日「Chiliz Exchange」上昇率TOP3の仮想通貨(画像:Chiliz.net)

Chilizは「2020年末まで50以上の公式ファントークン発行する」という目標を掲げており、先日27日にはトルコの強豪サッカークラブである「Trabzonspor(トラブゾンスポル)」と提携したことも発表されています。

なお「Chiliz Exchange」で取引可能な公式ファントークンは、2020年8月29日時点で以下の10銘柄となっています。
・APL(アポロン・リマソール)
・ASR(ASローマ)
・ATM(アトレティコ・マドリード)
・BAR(FCバルセロナ)
・CAI(CAインデペンディエンテ)
・GAL(ガラタサライ)
・JUV(ユベントス)
・OG(OG)
・PSG(パリ・サンジェルマン)
・TH(チーム・ヘレティクス)

>>「Chiliz Exchange」の公式サイトはこちら
>>「Socios.com」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare」400万ドルの資金調達|提携チーム倍増へ

ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare」400万ドルの資金調達|提携チーム倍増へ

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す