暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

by BITTIMES

オランダ・アムステルダムに拠点を構える暗号資産取引所「AMDAX(Amsterdam Digital Asset Exchange)」が、同国で初めて仮想通貨サービスプロバイダーのライセンスを取得したことが明らかになりました。

こちらから読む:Ripple、ODL送金関連の新サービス開始「暗号資産」関連ニュース

AMDAX「オランダ初のライセンス登録」を完了

オランダ・アムステルダムに拠点を構える暗号資産取引所「AMDAX(Amsterdam Digital Asset Exchange)」は2020年10月7日に、同社がオランダで初めてオランダ中央銀行(DNB)から仮想通貨サービスプロバイダーのライセンスを取得した暗号資産取引所になったことを発表しました。

オランダ政府は2020年5月21日以降から、欧州連合(EU)の新しいマネーロンダリング防止法である「第5次マネーロンダリング防止指令(AMLD5)」に基づいた新しい暗号資産規制の法律を適用していますが、今回正式にライセンスを取得したことによってAMDAXは「暗号資産取引サービス」や「暗号資産のカストディサービス」などの業務を行うことができるようになりました。

第5次マネーロンダリング防止指令(AMLD5)は「本人確認(KYC)」や「マネーロンダリング対策(AML)」などに関する厳しい規制枠組みであり、オランダ政府はそれにプラスして「顧客の評価」や「資金の出所を追跡するための基準」などといった厳格な追加要件を課していましたが、「AMDAX」は今回それらの新しい規制に準拠する形で正式にライセンスを取得しています。

「厳しい審査基準は必要」だとコメント

「AMDAX」のディレクターであるLucas Wensing氏は『オランダで初めて仮想通貨企業としてのライセンスを取得したことを誇りに思う』と語り、『オランダの中央銀行が審査基準を高く設定していることは正しいことだ』とコメントしています。

私たちはオランダで登録された最初の仮想通貨企業であることを非常に誇りに思っています。

オランダ銀行は審査の基準を高く設定していますが、それは正しいことです。ビットコインやその他の暗号通貨は、犯罪と誤って関連付けられることがよくありますが、ビットコインは非常に高い透明性を有しています。したがって市場には中央銀行などの法的枠組みが必要です。

今回のライセンス登録は、仮想通貨が犯罪者ではなく賢い投資家のための成熟した資産クラスであることを投資家に示しています。ビットコインやその他の暗号通貨は興味深い長期投資の対象としてますます注目を集めていますが、これまで投資家の人々は規制されていない市場に非難されてきました。

今回正式に登録を受けたことによって、従来の金融証券への圧力が高まる中で「安全かつ信頼性の高い代替手段」を提供することができるようになり、市場は真面目な個人投資家や金融機関のターゲットグループに開かれます。

暗号資産に投資しているのは今や個人投資家だけでなく、最近ではNASDAQ上場企業である「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」や、米国の大手モバイル決済企業「Square(スクエア)」なども大量のビットコインを購入しているため、適切な規制が定められて、それらの規制に準拠した暗号資産取引所が増加すれば、今後もさらに多くの投資家が仮想通貨市場に参入していくことになると期待されます。

>>「AMDAX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

【速報】XRP価格、サポートライン下回り「19円台」まで急落

【速報】XRP価格、サポートライン下回り「19円台」まで急落

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す