暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

by BITTIMES

オランダ・アムステルダムに拠点を構える暗号資産取引所「AMDAX(Amsterdam Digital Asset Exchange)」が、同国で初めて仮想通貨サービスプロバイダーのライセンスを取得したことが明らかになりました。

こちらから読む:Ripple、ODL送金関連の新サービス開始「暗号資産」関連ニュース

AMDAX「オランダ初のライセンス登録」を完了

オランダ・アムステルダムに拠点を構える暗号資産取引所「AMDAX(Amsterdam Digital Asset Exchange)」は2020年10月7日に、同社がオランダで初めてオランダ中央銀行(DNB)から仮想通貨サービスプロバイダーのライセンスを取得した暗号資産取引所になったことを発表しました。

オランダ政府は2020年5月21日以降から、欧州連合(EU)の新しいマネーロンダリング防止法である「第5次マネーロンダリング防止指令(AMLD5)」に基づいた新しい暗号資産規制の法律を適用していますが、今回正式にライセンスを取得したことによってAMDAXは「暗号資産取引サービス」や「暗号資産のカストディサービス」などの業務を行うことができるようになりました。

第5次マネーロンダリング防止指令(AMLD5)は「本人確認(KYC)」や「マネーロンダリング対策(AML)」などに関する厳しい規制枠組みであり、オランダ政府はそれにプラスして「顧客の評価」や「資金の出所を追跡するための基準」などといった厳格な追加要件を課していましたが、「AMDAX」は今回それらの新しい規制に準拠する形で正式にライセンスを取得しています。

「厳しい審査基準は必要」だとコメント

「AMDAX」のディレクターであるLucas Wensing氏は『オランダで初めて仮想通貨企業としてのライセンスを取得したことを誇りに思う』と語り、『オランダの中央銀行が審査基準を高く設定していることは正しいことだ』とコメントしています。

私たちはオランダで登録された最初の仮想通貨企業であることを非常に誇りに思っています。

オランダ銀行は審査の基準を高く設定していますが、それは正しいことです。ビットコインやその他の暗号通貨は、犯罪と誤って関連付けられることがよくありますが、ビットコインは非常に高い透明性を有しています。したがって市場には中央銀行などの法的枠組みが必要です。

今回のライセンス登録は、仮想通貨が犯罪者ではなく賢い投資家のための成熟した資産クラスであることを投資家に示しています。ビットコインやその他の暗号通貨は興味深い長期投資の対象としてますます注目を集めていますが、これまで投資家の人々は規制されていない市場に非難されてきました。

今回正式に登録を受けたことによって、従来の金融証券への圧力が高まる中で「安全かつ信頼性の高い代替手段」を提供することができるようになり、市場は真面目な個人投資家や金融機関のターゲットグループに開かれます。

暗号資産に投資しているのは今や個人投資家だけでなく、最近ではNASDAQ上場企業である「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」や、米国の大手モバイル決済企業「Square(スクエア)」なども大量のビットコインを購入しているため、適切な規制が定められて、それらの規制に準拠した暗号資産取引所が増加すれば、今後もさらに多くの投資家が仮想通貨市場に参入していくことになると期待されます。

>>「AMDAX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す