【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンで新たに生成されるブロックの50%が"コミュニティが運営するステークプール"によって生成されるようになったことが明らかになりました。Cardanoの開発を担当している「IOHK」は『カルダノは地方分権化に向けた重要なマイルストーンに到達した』と祝福しています。

こちらから読む:Brave、1年間でアクティブユーザー数が倍増「暗号資産」関連ニュース

地方分権化に向けた「重要なマイルストーン」

カルダノ(Cardano/ADA)ブロックチェーンは以前までCardanoの作成者が運営する「連合型システム」によって運営されていたため"中央集権型"に近い形で運営されていましたが、Shelley(シェリー)の時代に突入して以降はステークプールのコミュニティが運営する「分散型システム」へと徐々に移行しています。

Cardanoはより安全に分散型システムへと移行するために「連合型システム」と「分散型システム」の両方を採用して、ブロック生成の割合を徐々に変化させることによって最終的に「完全な分散型システム」へと移行することを計画していますが、現在はCardanoブロックチェーンで生成されるブロックの50%がステークプールによって生成されていると報告されています。

ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は、ステークプールによるブロック生成率が50%に到達したことについて『Cardanoは地方分権化に向けた旅で重要なマイルストーンに到達した』とコメントしており、"Cardanoの完全なる分散化"に向けた重要なポイントに到達したことを説明しています。

2021年3月には「100%」に到達予定

IOHKが今年8月に公開した「カルダノネットワークの完全な分散化に向けたスケジュール」では、2020年11月1日にブロックの50%がステークプールによって生成されるようになることが報告されており、『Cardanoブロックチェーンはこのタイミングで"分散化が避けられない転換点"に到達する』と説明されていました。

Cardanoブロックチェーンでは今後も徐々に「ステークプールによるブロック生成の割合」を増やしていくことが予定されており、2021年3月にはブロックの100%がステークプールによって生成されるようになる予定となっています。

カルダノの開発は現在も順調に進められており、最近ではスマートコントラクトなどの面で重要な役割を担う開発段階「Goguen(ゴーグエン)」のロードマップなども公開されているため、今後のさらなる開発にも期待が高まります。

2020年11月4日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月末に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月4日時点では「1ADA=9.84円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「エンジンコイン(ENJ)の現物取引」提供開始|記念キャンペーンも開催中

OKCoinJapan「エンジンコイン(ENJ)の現物取引」提供開始|記念キャンペーンも開催中

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

仮想通貨ETHで広告収入|WordPressプラグイン「EthereumAds」登場

仮想通貨ETHで広告収入|WordPressプラグイン「EthereumAds」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

パ・リーグ Exciting Moments β「第2弾ラインナップ」2021年1月1日に発売へ

パ・リーグ Exciting Moments β「第2弾ラインナップ」2021年1月1日に発売へ

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

DMMビットコイン「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」開始

DMMビットコイン「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」開始

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

dHealth Network(DHP)公式ウォレットアプリ「dHealth Wallet(iOS版)」リリース

dHealth Network(DHP)公式ウォレットアプリ「dHealth Wallet(iOS版)」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す