【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンで新たに生成されるブロックの50%が"コミュニティが運営するステークプール"によって生成されるようになったことが明らかになりました。Cardanoの開発を担当している「IOHK」は『カルダノは地方分権化に向けた重要なマイルストーンに到達した』と祝福しています。

こちらから読む:Brave、1年間でアクティブユーザー数が倍増「暗号資産」関連ニュース

地方分権化に向けた「重要なマイルストーン」

カルダノ(Cardano/ADA)ブロックチェーンは以前までCardanoの作成者が運営する「連合型システム」によって運営されていたため"中央集権型"に近い形で運営されていましたが、Shelley(シェリー)の時代に突入して以降はステークプールのコミュニティが運営する「分散型システム」へと徐々に移行しています。

Cardanoはより安全に分散型システムへと移行するために「連合型システム」と「分散型システム」の両方を採用して、ブロック生成の割合を徐々に変化させることによって最終的に「完全な分散型システム」へと移行することを計画していますが、現在はCardanoブロックチェーンで生成されるブロックの50%がステークプールによって生成されていると報告されています。

ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は、ステークプールによるブロック生成率が50%に到達したことについて『Cardanoは地方分権化に向けた旅で重要なマイルストーンに到達した』とコメントしており、"Cardanoの完全なる分散化"に向けた重要なポイントに到達したことを説明しています。

2021年3月には「100%」に到達予定

IOHKが今年8月に公開した「カルダノネットワークの完全な分散化に向けたスケジュール」では、2020年11月1日にブロックの50%がステークプールによって生成されるようになることが報告されており、『Cardanoブロックチェーンはこのタイミングで"分散化が避けられない転換点"に到達する』と説明されていました。

Cardanoブロックチェーンでは今後も徐々に「ステークプールによるブロック生成の割合」を増やしていくことが予定されており、2021年3月にはブロックの100%がステークプールによって生成されるようになる予定となっています。

カルダノの開発は現在も順調に進められており、最近ではスマートコントラクトなどの面で重要な役割を担う開発段階「Goguen(ゴーグエン)」のロードマップなども公開されているため、今後のさらなる開発にも期待が高まります。

2020年11月4日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月末に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月4日時点では「1ADA=9.84円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

P2EゲームJobTribes「南国少年パプワくん・ジバクくん」とのコラボNFT販売へ

P2EゲームJobTribes「南国少年パプワくん・ジバクくん」とのコラボNFT販売へ

欧州初「現物ビットコインETF」がオランダで上場|環境問題にも配慮

欧州初「現物ビットコインETF」がオランダで上場|環境問題にも配慮

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

BINANCE「英国での暗号資産事業ライセンス取得」に向けた再申請を計画

BINANCE「英国での暗号資産事業ライセンス取得」に向けた再申請を計画

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す