【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンで新たに生成されるブロックの50%が"コミュニティが運営するステークプール"によって生成されるようになったことが明らかになりました。Cardanoの開発を担当している「IOHK」は『カルダノは地方分権化に向けた重要なマイルストーンに到達した』と祝福しています。

こちらから読む:Brave、1年間でアクティブユーザー数が倍増「暗号資産」関連ニュース

地方分権化に向けた「重要なマイルストーン」

カルダノ(Cardano/ADA)ブロックチェーンは以前までCardanoの作成者が運営する「連合型システム」によって運営されていたため"中央集権型"に近い形で運営されていましたが、Shelley(シェリー)の時代に突入して以降はステークプールのコミュニティが運営する「分散型システム」へと徐々に移行しています。

Cardanoはより安全に分散型システムへと移行するために「連合型システム」と「分散型システム」の両方を採用して、ブロック生成の割合を徐々に変化させることによって最終的に「完全な分散型システム」へと移行することを計画していますが、現在はCardanoブロックチェーンで生成されるブロックの50%がステークプールによって生成されていると報告されています。

ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)ステークプールによるブロック生成率が50%に到達(画像:Daedalus Wallet)

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は、ステークプールによるブロック生成率が50%に到達したことについて『Cardanoは地方分権化に向けた旅で重要なマイルストーンに到達した』とコメントしており、"Cardanoの完全なる分散化"に向けた重要なポイントに到達したことを説明しています。

2021年3月には「100%」に到達予定

IOHKが今年8月に公開した「カルダノネットワークの完全な分散化に向けたスケジュール」では、2020年11月1日にブロックの50%がステークプールによって生成されるようになることが報告されており、『Cardanoブロックチェーンはこのタイミングで"分散化が避けられない転換点"に到達する』と説明されていました。

Cardanoブロックチェーンでは今後も徐々に「ステークプールによるブロック生成の割合」を増やしていくことが予定されており、2021年3月にはブロックの100%がステークプールによって生成されるようになる予定となっています。

カルダノの開発は現在も順調に進められており、最近ではスマートコントラクトなどの面で重要な役割を担う開発段階「Goguen(ゴーグエン)」のロードマップなども公開されているため、今後のさらなる開発にも期待が高まります。

2020年11月4日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月末に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月4日時点では「1ADA=9.84円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年8月6日〜2020年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン技術を「統一国家試験」に活用|ロシア連邦教育・科学監督庁

ブロックチェーン技術を「統一国家試験」に活用|ロシア連邦教育・科学監督庁

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す