【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用したファンタジーフットボールゲーム「Sorare(ソラーレ)」で発行されているKylian Mbappé(キリアン・ムバッペ)選手のNFTトレーディングカードがオークション価格64,744ドル(約674万円)で落札されたことが明らかになりました。

こちらから読む:Chiliz&Socios、合計6チームのFTO開催へ「スポーツ」関連ニュース

ムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札

Sorare(ソラーレ)はブロックチェーン技術を活用したファンタジーフットボールゲームであり、世界中のサッカークラブとのライセンス契約を通じて各チームに所属する選手のトレーディングカードを「Non Fungible Token(NFT)」の形式で発行しています。

同社のサービスではこれらのNFTカードで自分だけのオリジナルチームを編成して他のプレイヤーとスコアを競い合うことができるようになっており、カードのスコアは現実世界の選手のパフォーマンスに基づいて変化するように設計されているため、一部のレアカードは高値で取引されています。

Sorareは、フランス・パリを本拠地とする有名なサッカークラブ「パリ・サンジェルマンFC(PSG)」と提携して以前からNFTカードを発行していましたが、今回はパリ・サンジェルマンFCに所属しているフランス代表のサッカー選手Kylian Mbappé(キリアン・ムバッペ)選手のNFTトレーディングカードが64,744ドル(約674万円)で落札されたことが明らかになりました。

キリアン・ムバッペ(@KMbappe)選手のNFTカードは、プライマリーマーケットで「maxmersch」によって116.150ETH(64,744.33ドル)で購入されました。

シーズン:2020-2021
レベル:0
シリアル:1/1
価格:64,744.33 $

販売価格は数日で「1ETH→116ETH」に高騰

今回オークションで「maxmersch」というユーザーによって落札されたムバッペ選手のNFTカードは、最も希少性の高い「Unique(ユニーク)」に位置付けられるカードとなっているため、今シーズンで最もレアなNFTカードとなっています。

Sorare関連のデータを公開している「SorareData」の情報によると、今回落札されたムバッペ選手のNFTカードは2020年11月26日に1ETH(約61,000円)で入札された後に、複数回の入札で徐々に価格を高めており、今回の入札で落札価格が116.150ETH(約674万円)に達したと報告されています。

今回カードを落札したmaxmersch氏は、ムバッペ選手のNFTカードの最低入札額を「250ETH(約1,530万円)」に設定しているため、今後もこのカードの価格はさらに高まっていくことになると予想されます。

Non Fungible Token(NFT)は「ゲーム」や「アート」などといった様々な業界で高額入札されており、日本でも大手暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」が"NFTマーケットプレイス"の立ち上げに向けた準備を進めているため、今後もNFT市場はさらに活発化していくことになると予想されます。

>>「Sorare」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

BINANCE:分散型アプリの情報・分析プラットフォーム「DappReview」を買収

BINANCE:分散型アプリの情報・分析プラットフォーム「DappReview」を買収

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

c0ban取引所:Amazonギフト券が当たる「ハロウィンキャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券が当たる「ハロウィンキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す