BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月8日に、時価総額ランキングTOP3に位置付けられている「ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)」の3通貨を大手テック企業である「Apple(アップル)、Amazon(アマゾン)、Google(グーグル)」の3社と比較し、『これらの暗号資産にはまだ成長の余地が残されている可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:FXcoin、国内初"XRPベース取引"提供開始「暗号資産」関連ニュース

BTC・ETH・XRP「未だに過小評価されている可能性」

BINANCE(バイナンス)は2020年12月8日に『仮想通貨とビックテック:AAPL、AMZN、GOOGLと比較したBTC、ETH、XRPの成長』という記事を公開しました。

BINANCEはこの記事の中の時価総額ランキングTOP3に位置付けられている「ビットコインイーサリアムエックスアールピー」の3銘柄を誰もが知っている世界的なテック企業「AppleAmazonGoogle」の3社と比較した上で『これらの暗号資産に成長の余地が残されている』との考えを語っています。

同社はビットコインの時価総額が2015年以降で8,100%以上増加していることを報告しており、現在のビットコイン時価総額が「Nvidia・Uber・Mastercard・Walt Disney Company」などといった大手企業を上回っていることを説明しています。

また、現在のビットコイン価格が2017年末の過去最高値付近まで上昇しているのに対して、ビットコインへの関心が2017年ほど高まっていないことも指摘されており、『BTCがその潜在能力を最大限に発揮するまでには、まだ長い道のりがあることを示唆している』と報告しています。

「ビットコイン価格(左)」と「ビットコインへの関心(右)」の比較(画像:BINANCE)「ビットコイン価格(左)」と「ビットコインへの関心(右)」の比較(画像:BINANCE)

BINANCEは今回の記事の中で「BTCの時価総額が3,729億ドル、ETHの時価総額が655億ドル、XRPの時価総額が290億ドル」と過去数年間で急速に増加していることを報告していますが、それと同時に時価総額が1兆ドルを超える「Apple、Amazon、Google」と比べるとBTC・ETH・XRPの時価総額が非常に小さいことも指摘しており、『これは単なる憶測ではあるが、過去の成長が何らかの兆候である場合、暗号資産は依然として金融資産として過小評価されている可能性がある』と締めくくっています。

「BTC・ETH・XRP」と「AAPL・AMZN・GOOGL」の比較(画像:BINANCE)「BTC・ETH・XRP」と「AAPL・AMZN・GOOGL」の比較(画像:BINANCE)

ビットコインなどの暗号資産を「大手テック企業の株式」に例える意見は多く、今月3日には伝説の投資家とも呼ばれる米国の著名ヘッジファンドマネージャーPaul Tudor Jones(ポール・チューダー・ジョーンズ)氏が『現在のビットコインは1999年のインターネット株を思い起こさせる』と発言しています。

>>「BINANCE」が公開した記事はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す