BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月8日に、時価総額ランキングTOP3に位置付けられている「ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)」の3通貨を大手テック企業である「Apple(アップル)、Amazon(アマゾン)、Google(グーグル)」の3社と比較し、『これらの暗号資産にはまだ成長の余地が残されている可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:FXcoin、国内初"XRPベース取引"提供開始「暗号資産」関連ニュース

BTC・ETH・XRP「未だに過小評価されている可能性」

BINANCE(バイナンス)は2020年12月8日に『仮想通貨とビックテック:AAPL、AMZN、GOOGLと比較したBTC、ETH、XRPの成長』という記事を公開しました。

BINANCEはこの記事の中の時価総額ランキングTOP3に位置付けられている「ビットコインイーサリアムエックスアールピー」の3銘柄を誰もが知っている世界的なテック企業「AppleAmazonGoogle」の3社と比較した上で『これらの暗号資産に成長の余地が残されている』との考えを語っています。

同社はビットコインの時価総額が2015年以降で8,100%以上増加していることを報告しており、現在のビットコイン時価総額が「Nvidia・Uber・Mastercard・Walt Disney Company」などといった大手企業を上回っていることを説明しています。

また、現在のビットコイン価格が2017年末の過去最高値付近まで上昇しているのに対して、ビットコインへの関心が2017年ほど高まっていないことも指摘されており、『BTCがその潜在能力を最大限に発揮するまでには、まだ長い道のりがあることを示唆している』と報告しています。

「ビットコイン価格(左)」と「ビットコインへの関心(右)」の比較(画像:BINANCE)「ビットコイン価格(左)」と「ビットコインへの関心(右)」の比較(画像:BINANCE)

BINANCEは今回の記事の中で「BTCの時価総額が3,729億ドル、ETHの時価総額が655億ドル、XRPの時価総額が290億ドル」と過去数年間で急速に増加していることを報告していますが、それと同時に時価総額が1兆ドルを超える「Apple、Amazon、Google」と比べるとBTC・ETH・XRPの時価総額が非常に小さいことも指摘しており、『これは単なる憶測ではあるが、過去の成長が何らかの兆候である場合、暗号資産は依然として金融資産として過小評価されている可能性がある』と締めくくっています。

「BTC・ETH・XRP」と「AAPL・AMZN・GOOGL」の比較(画像:BINANCE)「BTC・ETH・XRP」と「AAPL・AMZN・GOOGL」の比較(画像:BINANCE)

ビットコインなどの暗号資産を「大手テック企業の株式」に例える意見は多く、今月3日には伝説の投資家とも呼ばれる米国の著名ヘッジファンドマネージャーPaul Tudor Jones(ポール・チューダー・ジョーンズ)氏が『現在のビットコインは1999年のインターネット株を思い起こさせる』と発言しています。

>>「BINANCE」が公開した記事はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウクライナ「暗号資産・仮想通貨を合法化」ゼレンスキー大統領が法案に署名

ウクライナ「暗号資産・仮想通貨を合法化」ゼレンスキー大統領が法案に署名

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Huobi Japan:ハズレなしで豪華景品が当たる「クリスマス抽選キャンペーン」開催

Huobi Japan:ハズレなしで豪華景品が当たる「クリスマス抽選キャンペーン」開催

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「Chiliz関連トークンの取扱い」を検討

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「Chiliz関連トークンの取扱い」を検討

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す