Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

by BITTIMES

インターコンチネンタル取引所(ICE)が立ち上げたことで知られる暗号資産取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は2021年1月11日に、投資会社「Victory Park Capital」が後援する特別買収目的会社(SPAC)「VPC Impact Acquisition Holdings」との合併を通じて約21億ドル(約2,100億円)の企業価値を持つ上場企業となることを正式に発表しました。合併後の会社は「Bakkt Holdings」に改名され、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されると報告されています。

こちらから読む:英規制当局、仮想通貨投資のリスクについて警告「暗号資産」関連ニュース

合併後の新会社「Bakkt Holdings」NYSE上場へ

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が2018年に設立した仮想通貨関連子会社「Bakkt(バックト)」は2021年1月11日に、投資会社「Victory Park Capital」が後援する特別買収目的会社(SPAC)「VPC Impact Acquisition Holdings(VPCインパクト・アクイジション・ホールディングス)」との合併を通じて上場企業となることを正式に発表しました。

合併後の会社「Bakkt Holdings(バックト・ホールディングス)」の企業価値は約21億ドル(約2,100億円)とされており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されると報告されています。『Bakktが合併を通じて上場企業となることを目指している』というニュースは、先日8日に「Bloomberg」の報道で明らかにされていましたが、今回の発表ではこのことが正式に発表されています。

「VPC Impact Acquisition Holdings」との合併は2021年第2四半期に完了する予定だとされており、新会社「Bakkt Holdings」のCEOは、多角的な金融サービスを提供している持株会社「Citi Group(シティグループ)」の元CTOであるGavin Michael(ガヴィン・マイケル)氏が務めるとされています。

消費者向けアプリ「2021年3月」一般公開予定

今回の発表ではBakktが提供する消費者向けアプリが2021年3月に一般向けにローンチされる予定であることも明らかにされています。このアプリは現在、招待されたユーザーのみが利用できる状態となっているものの、現時点でも登録者は40万人以上いると報告されています。

Bakktが提供する仮想通貨決済オプション機能「Bakkt Cash(バックト・キャッシュ)」は2020年時点で「Starbucks(スターバックス)」のアプリに試験導入されており、将来的には「ロイヤルティ報酬ポイント・デジタル証券・ゲーム内資産」などといった様々な資産を管理することができるようになると伝えられています、

Bakktの消費者向けアプリが一般公開されれば、仮想通貨の決済利用がさらに進み、より多くの人々に仮想通貨が使用・保有されていくようになると期待されます。

>>「Bakkt」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す