Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

by BITTIMES

インターコンチネンタル取引所(ICE)が立ち上げたことで知られる暗号資産取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は2021年1月11日に、投資会社「Victory Park Capital」が後援する特別買収目的会社(SPAC)「VPC Impact Acquisition Holdings」との合併を通じて約21億ドル(約2,100億円)の企業価値を持つ上場企業となることを正式に発表しました。合併後の会社は「Bakkt Holdings」に改名され、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されると報告されています。

こちらから読む:英規制当局、仮想通貨投資のリスクについて警告「暗号資産」関連ニュース

合併後の新会社「Bakkt Holdings」NYSE上場へ

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が2018年に設立した仮想通貨関連子会社「Bakkt(バックト)」は2021年1月11日に、投資会社「Victory Park Capital」が後援する特別買収目的会社(SPAC)「VPC Impact Acquisition Holdings(VPCインパクト・アクイジション・ホールディングス)」との合併を通じて上場企業となることを正式に発表しました。

合併後の会社「Bakkt Holdings(バックト・ホールディングス)」の企業価値は約21億ドル(約2,100億円)とされており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されると報告されています。『Bakktが合併を通じて上場企業となることを目指している』というニュースは、先日8日に「Bloomberg」の報道で明らかにされていましたが、今回の発表ではこのことが正式に発表されています。

「VPC Impact Acquisition Holdings」との合併は2021年第2四半期に完了する予定だとされており、新会社「Bakkt Holdings」のCEOは、多角的な金融サービスを提供している持株会社「Citi Group(シティグループ)」の元CTOであるGavin Michael(ガヴィン・マイケル)氏が務めるとされています。

消費者向けアプリ「2021年3月」一般公開予定

今回の発表ではBakktが提供する消費者向けアプリが2021年3月に一般向けにローンチされる予定であることも明らかにされています。このアプリは現在、招待されたユーザーのみが利用できる状態となっているものの、現時点でも登録者は40万人以上いると報告されています。

Bakktが提供する仮想通貨決済オプション機能「Bakkt Cash(バックト・キャッシュ)」は2020年時点で「Starbucks(スターバックス)」のアプリに試験導入されており、将来的には「ロイヤルティ報酬ポイント・デジタル証券・ゲーム内資産」などといった様々な資産を管理することができるようになると伝えられています、

Bakktの消費者向けアプリが一般公開されれば、仮想通貨の決済利用がさらに進み、より多くの人々に仮想通貨が使用・保有されていくようになると期待されます。

>>「Bakkt」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

エルサルバドル初のビットコインマイニングプール「Lava Pool」稼働

エルサルバドル初のビットコインマイニングプール「Lava Pool」稼働

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す