ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

by BITTIMES   

世界経済フォーラム(WEF)の年次総会であるダボス会議で『デジタル通貨のリセット』と題されたセッションが2021年1月25日と28日の2日間で開催されることが明らかになりました。このセッションでは「イングランド銀行総裁、BTC Africa SA創設者、Western Union最高経営責任者、CoinDesk コンテンツ最高責任者」などといった様々な人物が登壇する予定となっています。

こちらから読む:仮想通貨関連企業で"個人情報流出"の報告続く「暗号資産」関連ニュース

ダボス会議で「デジタル通貨」が議題に

2021年1月24日〜2021年1月29日にかけてオンライン開催される世界経済フォーラム(WEF)の年次総会「ダボス会議」で"デジタル通貨"を議題とした話し合いが行われることが明らかになりました。

『デジタル通貨のリセット』と題されたこのセッションは、日本時間2021年1月26日午前2時00分〜午前3時00分(セッション1)と日本時間2021年1月28日20時00分〜21時00分(セッション2)の2回に分けて開催されることになっており、各セッションでは以下のような人物が登壇すると報告されています。

【セッション1】

  • Sheila Warren氏(WEF実行委員会 ブロックチェーン・データポリシー責任者)
  • Elizabeth Rossiello氏(BTC Africa SA創設者 兼 最高経営責任者)
  • Hikmet Ersek氏(Western Union最高経営責任者)
  • Andrew Bailey氏(イングランド銀行総裁)
  • Glenn H. Hutchins氏(North Island会長)

【セッション2】

  • Michael Casey氏(CoinDesk コンテンツ最高責任者)
  • Tharman Shanmugaratnam氏(シンガポール政府上級大臣)
  • Sara Pantuliano氏(海外開発研究所 最高責任者)
  • Zhu Min氏(国家金融研究院 院長)

「デジタル通貨の活用に必要なもの」について議論

ダボス会議公式サイトの『デジタル通貨のリセット』セッションに関する説明欄には『新型コロナウイルスは現金からの長期的な移行を加速させた。一方、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の台頭によって世界中の人々がお金の使い方を変える可能性がある』と書かれており、『デジタル通貨の台頭によってもたらされる機会を活用するためにはどのような政策・慣行・パートナーシップが必要なのか?』という議題が提示されています。

セッションの議題は"デジタル通貨"とされているものの、このデジタル通貨の中には「中央銀行デジタル通貨(CBDC)、暗号資産、ステーブルコイン」などといった様々な通貨が含まれると予想されるため、今回のセッションの内容には注目が集まっています。

ビットコイン(BTC)などをはじめとする主要な仮想通貨の価格が高騰していることによって現在は世界的に仮想通貨への関心が高まっていますが、ここ最近では世界中の様々な中央銀行がCBDCの研究開発を進めており、Diem(旧:Libra)などといった世界中での利用が想定されるステーブルコインにも注目が集まっているため、仮想通貨やステーブルコインなどについてどのような意見が語られるかにも注目です。

>>「ダボス会議のスケジュール」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す