ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

by BITTIMES   

先日ビットコインの時価総額が 8兆を超えました。(現在は価格が下落し 7兆円前後まで縮小しています。)
ビットコイン時価総額が 8兆円を超えたのは史上初の出来事で、急激な価格上昇に伴って時価総額も急激に拡大しています。
今回、史上最高額の時価総額になったことで仮想通貨市場全体が盛り上がっていますが、それでもビットコインの市場規模はまだまだ「小さい」と言えます。
その理由について、今回は簡単なレポートを公開していきたいと思います。

金の時価総額は1000兆を超えている

ビットコインとよく比較される金の時価総額は「 1012兆円」と言われています。(金の時価総額 9.2兆ドル・ドル円 110円計算時)
金価格は現在上昇傾向にあり、これはビットコインと通じる部分もありますが、現在世界の投資家の傾向として「安全資産」に資産を逃す傾向が出てきています。
これは最近話題になっているアメリカと北朝鮮の対立もそうですが、
世界的に国家の情勢不安、政治不安が起こると、より安定した投資対象物に資産を逃す投資家が増加します。
現在、世界の投資家は「より安定した資産」を求める傾向が強まっており、それに紐づいて「暗号通貨への資産流入」が起きることで価値が上がります。
しかし、ビットコインの時価総額は、未だ「 7兆円前後」と金の時価総額規模のわずか 0.7%ほどです。
そういう意味でも、「市場が小さい」と判断でき、市場が小さいということは、価格が乱高下するのも当然と言えます。

株式市場の時価総額は8360兆円

投資と言えば「株式投資」ですが、2017年現在の株式市場全体の時価総額は「 8360兆円」にも登り、ビットコインはその規模のわずか「 0.1%」以下です。
また、 1つの会社として、最も時価総額が大きい会社は Apple で、その時価総額は「 93兆円」を超え、Apple 一社でビットコインの時価総額の 10倍の規模です。
そのほかにも Microsoft が 63兆円、Facebook が 54兆円、Amazon が 49兆円と、各企業ともビットコインの時価総額を大きく上回ります。
日本企業で考えればトヨタが 20兆円ですから、ビットコインはトヨタの 3分の1 ほどしかありません。
ビットコインは「通貨」としての位置付けになるので、いわば価値交換の中心になるものです。
中心に位置付けられる「通貨」が、企業一社の時価総額に満たないことからも、「ビットコインの市場規模はまだまだこれから大きくなる。」と判断しても良いでしょう。
ちなみに、ビットコインを日本企業時価総額ランキングで考えると、第 5位の「三菱UFJ( 9兆3000億円)」と第 6位の「KDDI( 7兆5000億円)」の間に位置付けられます。
ビットコインが現在、どの様な状態であろうと「まだまだ発展していくのはこれから」という結論を出しても良いのではないかと思われます。
重要記事
⇨「仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】
⇨「ビットコイン価格50万円へ!「3年で220万円」が現実味を帯びた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoinの価格は再び165万円に「今が良い買い時」元Goldman Sachs VP

Bitcoinの価格は再び165万円に「今が良い買い時」元Goldman Sachs VP

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ビットコイン価格:海外取引所の過去最高値ライン「2万ドル」を突破

ビットコイン価格:海外取引所の過去最高値ライン「2万ドル」を突破

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す