ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

by BITTIMES   

先日ビットコインの時価総額が 8兆を超えました。(現在は価格が下落し 7兆円前後まで縮小しています。)
ビットコイン時価総額が 8兆円を超えたのは史上初の出来事で、急激な価格上昇に伴って時価総額も急激に拡大しています。
今回、史上最高額の時価総額になったことで仮想通貨市場全体が盛り上がっていますが、それでもビットコインの市場規模はまだまだ「小さい」と言えます。
その理由について、今回は簡単なレポートを公開していきたいと思います。

金の時価総額は1000兆を超えている

ビットコインとよく比較される金の時価総額は「 1012兆円」と言われています。(金の時価総額 9.2兆ドル・ドル円 110円計算時)
金価格は現在上昇傾向にあり、これはビットコインと通じる部分もありますが、現在世界の投資家の傾向として「安全資産」に資産を逃す傾向が出てきています。
これは最近話題になっているアメリカと北朝鮮の対立もそうですが、
世界的に国家の情勢不安、政治不安が起こると、より安定した投資対象物に資産を逃す投資家が増加します。
現在、世界の投資家は「より安定した資産」を求める傾向が強まっており、それに紐づいて「暗号通貨への資産流入」が起きることで価値が上がります。
しかし、ビットコインの時価総額は、未だ「 7兆円前後」と金の時価総額規模のわずか 0.7%ほどです。
そういう意味でも、「市場が小さい」と判断でき、市場が小さいということは、価格が乱高下するのも当然と言えます。

株式市場の時価総額は8360兆円

投資と言えば「株式投資」ですが、2017年現在の株式市場全体の時価総額は「 8360兆円」にも登り、ビットコインはその規模のわずか「 0.1%」以下です。
また、 1つの会社として、最も時価総額が大きい会社は Apple で、その時価総額は「 93兆円」を超え、Apple 一社でビットコインの時価総額の 10倍の規模です。
そのほかにも Microsoft が 63兆円、Facebook が 54兆円、Amazon が 49兆円と、各企業ともビットコインの時価総額を大きく上回ります。
日本企業で考えればトヨタが 20兆円ですから、ビットコインはトヨタの 3分の1 ほどしかありません。
ビットコインは「通貨」としての位置付けになるので、いわば価値交換の中心になるものです。
中心に位置付けられる「通貨」が、企業一社の時価総額に満たないことからも、「ビットコインの市場規模はまだまだこれから大きくなる。」と判断しても良いでしょう。
ちなみに、ビットコインを日本企業時価総額ランキングで考えると、第 5位の「三菱UFJ( 9兆3000億円)」と第 6位の「KDDI( 7兆5000億円)」の間に位置付けられます。
ビットコインが現在、どの様な状態であろうと「まだまだ発展していくのはこれから」という結論を出しても良いのではないかと思われます。
重要記事
⇨「仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】
⇨「ビットコイン価格50万円へ!「3年で220万円」が現実味を帯びた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインの将来は安泰「2018年は素晴らしい1年だった」Spencer Bogart

ビットコインの将来は安泰「2018年は素晴らしい1年だった」Spencer Bogart

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

Thomas Lee:ビットコインのトレンド転換は近い ー 市場回復を促進する2つの要因

Thomas Lee:ビットコインのトレンド転換は近い ー 市場回復を促進する2つの要因

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す