ビットコインが26日までに急落するたった1つの原因

by BITTIMES   

ビットコイン価格がこの 2日ほどで急激に下落しています。
現在、リアルタイムで急落と急騰を繰り返し市場は非常に不安定な状態が続いています。
今回の急落の原因について、米国アナリストがレポートを出していたので、情報をシェアしたいと思います。
また、市場が不安定になっている原因についても当メディアでレポートとしてその原因を解明して行きたいと思います。

ビットコイン価格は26日までに大きく下落する

ビットコイン価格急落のチャート画像
画像参考元CCN

今回、米国アナリストは「ビットコインの送金手数料が高額になっている」ことが急落の大きな原因と発言しています。
最近ビットコインを送金した方ならお分かりになると思いますが、現在の送金手数料は異常なほど高騰しています。
今、ビットコインをスムーズに送金しようとすると 2,000円ほどの手数料が取られています。
ビットコインの送金は、自身で送金手数料を設定でき、そして送金は「手数料が高額な取引」が優先されて行われる、一種の「オークション形式」のような取引スタイルが採用されています。
当然、取引手数料が小額の場合には送金するだけで数時間もかかり、場合によっては取引が行われない。という事態にまで発展しています。
この現象は皮肉にも「ビットコインが急騰したこと」によって引き起こされています。
当然ですが、急騰すればそれだけ取引が活発になります。
しかし、ビットコインが 1秒間に処理できる取引件数はわずか 7件ほどしかなく、その枠の取り合いが発生しているような状況ですね。
Pantera Capital の CEO Dan Morehead(ダン・モアヘッド氏)は、次の数週間でビットコインの価格が 50%低下する可能性があると語っています。
それでも、 Dan Morehead氏は、ビットコインの価格 50%の下落は、ビットコイン高騰のスピードを 1カ月だけ遅らせる一時的なものにすぎないと強調しています。
重要関連記事
>>「ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコインの手数料高騰問題

Litecoinの創業者で元Coinbaseの幹部 Charlie Lee(チャーチー・リー氏)は、Litecoin の強気な市場の後には、必ずと言ってもいいほど「ベアサイクル(急落の意味)」が発生していると強調しました。
ビットコインなどの主要なクリプトカルトの価格の急激な低下は、短期間だけですがしばらく続しばしば続きます。

「私が見たすべての暗号のカウサイクル(牛・急騰の意味)の後には、クマサイクルが続いています。」
「市場は調整する時間が必要です。これは 7年間の私の経験で明らかです。どれくらいの期間それが発生し続けるのかは未定ですが、人々はこの可能性を認識し、責任を持って投資する必要がある。」

と述べています。
確かにビットコインをはじめとした仮想通貨の価格は、通常の投資では考えられないほどリターンが大きく、またその速度もこれまでの投資市場の常識に当てはめると異常です。
しかし、「急騰の後には急落、そして市場は徐々に安定していく」というルールさえ理解しておけば、今回のような事態に対応することができますね。
ビットコインの送金手数料の問題は、数年間議論され続けてきた問題です。
また、この送金手数料の改善がさらなるビットコイン価格の急騰につながると考えても良いでしょう。
関連記事
>>「「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

初のビットコイン決済は「レストラン経営者」話題の高級車ディーラーがBentleyを売却

初のビットコイン決済は「レストラン経営者」話題の高級車ディーラーがBentleyを売却

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

Cardano「新たなテストネット」本日公開へ|ADA保有アドレスは過去最高値を更新

Cardano「新たなテストネット」本日公開へ|ADA保有アドレスは過去最高値を更新

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

生命保険業に「ブロックチェーン・デジタル通貨」応用へ:大同生命×ディーカレット

生命保険業に「ブロックチェーン・デジタル通貨」応用へ:大同生命×ディーカレット

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す