ビットコインが26日までに急落するたった1つの原因

by BITTIMES   

ビットコイン価格がこの 2日ほどで急激に下落しています。
現在、リアルタイムで急落と急騰を繰り返し市場は非常に不安定な状態が続いています。
今回の急落の原因について、米国アナリストがレポートを出していたので、情報をシェアしたいと思います。
また、市場が不安定になっている原因についても当メディアでレポートとしてその原因を解明して行きたいと思います。

ビットコイン価格は26日までに大きく下落する

ビットコイン価格急落のチャート画像
画像参考元CCN

今回、米国アナリストは「ビットコインの送金手数料が高額になっている」ことが急落の大きな原因と発言しています。
最近ビットコインを送金した方ならお分かりになると思いますが、現在の送金手数料は異常なほど高騰しています。
今、ビットコインをスムーズに送金しようとすると 2,000円ほどの手数料が取られています。
ビットコインの送金は、自身で送金手数料を設定でき、そして送金は「手数料が高額な取引」が優先されて行われる、一種の「オークション形式」のような取引スタイルが採用されています。
当然、取引手数料が小額の場合には送金するだけで数時間もかかり、場合によっては取引が行われない。という事態にまで発展しています。
この現象は皮肉にも「ビットコインが急騰したこと」によって引き起こされています。
当然ですが、急騰すればそれだけ取引が活発になります。
しかし、ビットコインが 1秒間に処理できる取引件数はわずか 7件ほどしかなく、その枠の取り合いが発生しているような状況ですね。
Pantera Capital の CEO Dan Morehead(ダン・モアヘッド氏)は、次の数週間でビットコインの価格が 50%低下する可能性があると語っています。
それでも、 Dan Morehead氏は、ビットコインの価格 50%の下落は、ビットコイン高騰のスピードを 1カ月だけ遅らせる一時的なものにすぎないと強調しています。
重要関連記事
>>「ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコインの手数料高騰問題

Litecoinの創業者で元Coinbaseの幹部 Charlie Lee(チャーチー・リー氏)は、Litecoin の強気な市場の後には、必ずと言ってもいいほど「ベアサイクル(急落の意味)」が発生していると強調しました。
ビットコインなどの主要なクリプトカルトの価格の急激な低下は、短期間だけですがしばらく続しばしば続きます。

「私が見たすべての暗号のカウサイクル(牛・急騰の意味)の後には、クマサイクルが続いています。」
「市場は調整する時間が必要です。これは 7年間の私の経験で明らかです。どれくらいの期間それが発生し続けるのかは未定ですが、人々はこの可能性を認識し、責任を持って投資する必要がある。」

と述べています。
確かにビットコインをはじめとした仮想通貨の価格は、通常の投資では考えられないほどリターンが大きく、またその速度もこれまでの投資市場の常識に当てはめると異常です。
しかし、「急騰の後には急落、そして市場は徐々に安定していく」というルールさえ理解しておけば、今回のような事態に対応することができますね。
ビットコインの送金手数料の問題は、数年間議論され続けてきた問題です。
また、この送金手数料の改善がさらなるビットコイン価格の急騰につながると考えても良いでしょう。
関連記事
>>「「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

宇宙開発企業SpaceX「保有するビットコイン売却」の噂

宇宙開発企業SpaceX「保有するビットコイン売却」の噂

ビットコイン決済対応店舗数「過去1年間で約3倍に増加」BTC Mapデータ

ビットコイン決済対応店舗数「過去1年間で約3倍に増加」BTC Mapデータ

現物ビットコインETF承認で「1,000億ドルの資金流入」スタンダードチャータード銀行予想

現物ビットコインETF承認で「1,000億ドルの資金流入」スタンダードチャータード銀行予想

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

注目度の高い仮想通貨ニュース

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す