ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は間違いなく世界金融のあり方に変化をもたらし始めており、今や非常に多くの人々が「この通貨が未来の新しいお金になる」と確信しています。ビットコインの成長や技術採用は今後も進んでいくことになると予想されますが「Unwriter」氏は、この仮想通貨は"人間だけが使用するためのもの"ではなく、"機械を含む全ての生命体のためのもの"であると語っています。

こちらから読む:買われ過ぎで再び下落か?「ビットコイン」関連ニュース

「機械のための」ピアツーピア電子現金システム

ビットコイン(BTC)の将来性を信じている人々は、ビットコインが将来的に「日常生活で一般的に使用される新しいお金」として世界中の人々に使用されるようになると信じています。しかし、Twitterユーザーである「_unwriter(@_unwriter)」氏はそのような考え方には誤解が含まれていると指摘しており、『ビットコインの大部分は人間ではなく"機械"によって使用されることになる』と説明しています。

はい、ビットコインは「ピアツーピア電子現金システム」です。
人間だけでなく機械のための現金システムです。
ビットコインの誤解は、ビットコインは人間のためだけのものだと考えることから生じます。
ビットコインの大部分は人間間で使用される訳ではありません。
それは機械によって使用されることになるでしょう。

同氏は「ビットコインのメインネットから派生した優れたデータのおかげで機械はスマートコントラクトを介して自動化され、支払いはシステムのネイティブコインであるBTCを介して行うことができる」と説明しています。

その上で同氏は、ビットコイン関連の取引は膨大なものになっているものの、これらのトランザクションはチェーン外で手動で行われ、人間によって記録されているため、破損の影響を受けやすくなっていることが唯一の落とし穴になっていると説明しています。

ほとんどの取引は、ビットコイントレーダー、投資家、仮想通貨決済対応店舗、その他多くの会社によって行われていますが、機械はそのようなビットコインの世界の外から来るデータは操作される可能性があるため信頼しないと説明しています。

機械はデータに基づいて取引の決定を下します。
機械はビットコインの世界の外から来る劣ったデータソースを信頼しません。それらのデータがチェーンから外れている場合はデータが操作される可能性があるため、自動化において信頼することはできません。
外部のデータは劣っています。
機械はオンチェーンでデータを求めています。

ビットコインは「全ての生命体」を繋ぐ

Unwriter氏は、ビットコインがモノのインターネット(IoT)のメタネット(*1)になると考えていますが、それと同時に機械間で使用される通貨になるとも考えており、その事実を裏付けるために「現金システムは、人間だけでなく機械にも対応するように設計されている」と主張しています。
(*1)メタネット(Metanet):あらゆる種類の情報の完全に匿名な双方向交換を可能にするシステム

最終的にUnwriter氏は「ビットコインは人間や機械を含む全ての生命体を繋ぎ、取引を行うためのピアツーピア電子現金システム」だと結論付けています。

ビットコインの上で生きている機械はトレードするために何かが必要です。
彼らは何をトレードするでしょうか?
データ

ビットコイン:人間、機械、そしてすべての生命体を繋ぎ、トレードするためのピアツーピア電子現金システム。

機械の人権が認められる現代社会

2017年10月には、香港のハンソン・ロボティクス社によって作られたヒューマノイドロボットである「Sophia(ソフィア)」が国連会議に出席したことで大きな話題となりました。ソフィアはすでにサウジアラビアで市民権を獲得しており、人としての権利を有しています。

またその一方では、自分自身の人体を機械と融合させることによって"神格化する"といった発想を持つ人々も徐々に増えてきています。多くの人々は「ビットコインは人間が使うもの」だということを根底において世の中の様々な物事を見ていますが、この使用者の中に"機械"という生命体が含まれると考えると、また違った見え方が出てくると考えられます。

「ビットコインの未来」に関しては様々な意見が見られていますが、Unwriter氏の意見を踏まえて考えるとビットコインは数年後に全ての生き物を繋ぐための重要な存在になっている可能性があるとも考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す