アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

by BITTIMES   

アメリカの有名な元ボクシングヘビー級王者であるMike Tyson(マイク・タイソン)氏は、ブロックチェーンとエンターテイメントを融合した全世界アクション映画スターコンテスト「Fight to Fame(ファイト・トゥ・フェイム)」を立ち上げました。
2019年8月17日追記:この報道内容は、後日タイソン氏自身が否定しています。

こちらから読む:NBA、公式ブロックチェーンゲーム開発へ「スポーツ」関連ニュース

アクションスターオーディション番組などを展開

Mike Tyson(マイク・タイソン)氏が立ち上げた「ファイト・トゥ・フェイム(Fight to Fame/FF)」は、世界中からコンテストへの参加者を募集して、各種格闘技の試験や選抜を行なった上で「アクションスターオーディション番組」として全世界に発信するものだと説明されています。

これにより、ハリウッド唯一のアクションスター育成工場として世界中から1億を超えるほどの人数がコンテストに参加することになると期待されています。

Fight to Fameは、単なる"格闘技の試合"ではなく「独自ブロックチェーン・映画・スポーツビジネス」を掛け合わせることによって、多くの投資家にビジネスチャンスを感じさせることができるとされています。

このプラットフォームで発行される代用通貨「FFトークン」は、ロトゲーム・トラベル・ショッピング・流通などに使用できると説明されています。また、格闘家の人々はファントークンを使用することによって、通常の業界では得ることができない料金以外のお金を得ることができるようになっており、トークンの価値が上がるとファンの人々もお金を稼ぐことができると伝えられています。

この他にも「Fight to Fame」は、コンテストを開催するのと同時に「ホテル・各種接客サービス・娯楽・グッズ・オンラインショッピング」などとも連携してサービスを展開していくとのことです。

未来の格闘家たちに「成功の機会」を

タイソン氏は「Fight to Fame」を通じて、新しい世代の格闘家たちが様々な分野で活躍していける場を提供したいとの考えを語っています。

私はベテランのファイターとして、将来の世代、特に将来のアクションスターを指導し、このキャリアには成功と公正な報酬への道があることを証明したいと思っています。

将来を担う人々のために、出身や人種を問わないグローバルなプラットフォームを構築することは私の情熱です。

マイク・タイソン氏は世界的に有名な元プロボクサーでありながら、複数の有名な映画にも出演しています。「Fight to Fame」が正式に稼働することによって、世界中の多くの格闘家たちに新しいビジネスのチャンスがもたらされることになると期待されます。

現在「Fight to Fame」の公式サイトには『近日公開』の文字が掲載されており、その下には記事執筆時点で「残り17時間」のカウントダウンが行われています。

追記:マイク・タイソン氏はプロジェクトとの関与を否定

2019年8月17日追記
マイク・タイソン氏は一連の報道を受けて「Fight to Fame」プロジェクトとの関与を否定しています。報道によると、タイソン氏は同社の株式は保有しているものの、トークンの発行などには同意していないとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ私立大学:ブロックチェーンを活用して卒業証書を管理 ー ConsenSysが協力

ドイツ私立大学:ブロックチェーンを活用して卒業証書を管理 ー ConsenSysが協力

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す