アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

by BITTIMES   

アメリカの有名な元ボクシングヘビー級王者であるMike Tyson(マイク・タイソン)氏は、ブロックチェーンとエンターテイメントを融合した全世界アクション映画スターコンテスト「Fight to Fame(ファイト・トゥ・フェイム)」を立ち上げました。
2019年8月17日追記:この報道内容は、後日タイソン氏自身が否定しています。

こちらから読む:NBA、公式ブロックチェーンゲーム開発へ「スポーツ」関連ニュース

アクションスターオーディション番組などを展開

Mike Tyson(マイク・タイソン)氏が立ち上げた「ファイト・トゥ・フェイム(Fight to Fame/FF)」は、世界中からコンテストへの参加者を募集して、各種格闘技の試験や選抜を行なった上で「アクションスターオーディション番組」として全世界に発信するものだと説明されています。

これにより、ハリウッド唯一のアクションスター育成工場として世界中から1億を超えるほどの人数がコンテストに参加することになると期待されています。

Fight to Fameは、単なる"格闘技の試合"ではなく「独自ブロックチェーン・映画・スポーツビジネス」を掛け合わせることによって、多くの投資家にビジネスチャンスを感じさせることができるとされています。

このプラットフォームで発行される代用通貨「FFトークン」は、ロトゲーム・トラベル・ショッピング・流通などに使用できると説明されています。また、格闘家の人々はファントークンを使用することによって、通常の業界では得ることができない料金以外のお金を得ることができるようになっており、トークンの価値が上がるとファンの人々もお金を稼ぐことができると伝えられています。

この他にも「Fight to Fame」は、コンテストを開催するのと同時に「ホテル・各種接客サービス・娯楽・グッズ・オンラインショッピング」などとも連携してサービスを展開していくとのことです。

未来の格闘家たちに「成功の機会」を

タイソン氏は「Fight to Fame」を通じて、新しい世代の格闘家たちが様々な分野で活躍していける場を提供したいとの考えを語っています。

私はベテランのファイターとして、将来の世代、特に将来のアクションスターを指導し、このキャリアには成功と公正な報酬への道があることを証明したいと思っています。

将来を担う人々のために、出身や人種を問わないグローバルなプラットフォームを構築することは私の情熱です。

マイク・タイソン氏は世界的に有名な元プロボクサーでありながら、複数の有名な映画にも出演しています。「Fight to Fame」が正式に稼働することによって、世界中の多くの格闘家たちに新しいビジネスのチャンスがもたらされることになると期待されます。

現在「Fight to Fame」の公式サイトには『近日公開』の文字が掲載されており、その下には記事執筆時点で「残り17時間」のカウントダウンが行われています。

追記:マイク・タイソン氏はプロジェクトとの関与を否定

2019年8月17日追記
マイク・タイソン氏は一連の報道を受けて「Fight to Fame」プロジェクトとの関与を否定しています。報道によると、タイソン氏は同社の株式は保有しているものの、トークンの発行などには同意していないとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

ポルシェ:BlockchainやAIなどに大規模投資 ー 今後5年で「約198億円」

ポルシェ:BlockchainやAIなどに大規模投資 ー 今後5年で「約198億円」

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

Xtheta:ビットコイン価格予想的中で「10万円が当たる」ビビビッ!キャンペーン開催

Xtheta:ビットコイン価格予想的中で「10万円が当たる」ビビビッ!キャンペーン開催

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す