デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

by BITTIMES

株式会社みずほフィナンシャルグループは2019年9月4日、みずほ銀行が提供するデジタル通貨「J-Coin Pay(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムが、第三者によって不正アクセスを受けたことを発表しました。日本経済新聞の報道によると、犯人は仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の支払いを要求しているとされています。

こちらから読む:金融庁、仮想通貨関連の"事務ガイドライン"を改正「国内ニュース」

加盟店関連情報「約18,400件」が流出

みずほフィナンシャルグループの発表によると、不正アクセスを受けたのは「加盟店である法人(7,930件)、および法人代表者・窓口担当者などの個人の名称や連絡先などの情報約1万8400件」だとされていますが、発表時点では対象となる加盟店に不審なメールや電話があったことは確認されていないとのことです。

具体的な内訳は、
・法人:7,930件
・法人代表者・窓口連絡担当者などの個人:10,539件
・Jコインに参画している一部金融機関名:32件
となっており、流出した情報は、
・名称(企業名、代表者氏名、連絡窓口担当者氏名)
・連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)
・一部代表者の生年月日
だとされています。

なお不正アクセスを受けたテスト用システムは、Jコイン加盟店やユーザーの利用・決済に関するID・パスワード・口座番号・暗証番号などの情報は利用されていないため、これらの情報は不正アクセスを受けていないと説明されています。

また、登録預金口座との入出金・個人間送金・加盟店決済などの「決済サービス」をはじめとする、日々利用されているJコインのサービス提供システムは、十分なセキュリティと常時監視体制の下で"テスト用システムとは独立して"運用されているため、みずほ銀行のその他のシステムも含めて一切影響は無いとされています。

今回の不正アクセスは、2019年8月27日に発覚しており、これまでの調査では「手順の誤りによって一時的にテスト用システムにインターネットを通じた外部からのアクセスが可能な状況となっていたことが判明している」と説明されていますが、テスト用システムはすでに外部からのアクセスを遮断するなどの措置を行なっているとのことです。

現在もデータ漏えいの可能性が排除できていないため、対象となる加盟店には今回の不正アクセスについて個別に連絡を行なっているとのことです。

犯人は「仮想通貨ビットコイン」を要求

日本経済新聞の報道によると、テスト用システムにログインするためには本来ならばIPアドレスなどによる複数の認証が必要となるものの、8月16日〜27日の間は作業手順のミスによってIDとパスワードだけでログインできる状態になっており、開発作業を終えたあとに削除すべきデータも消し忘れていたと報じられています。

また、27日の発覚時点では加盟店データが削除されており、その代わりに仮想通貨ビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとも報告されています。

先日3日に金融庁が報告した内容では、2018年4月からは仮想通貨関連の相談件数が徐々に減少していることが報告されていましたが、ビットコイン価格が上昇すると仮想通貨関連の事件や相談件数も上昇する傾向があるため、今後も注意が必要であると言えるでしょう。

>>「みずほフィナンシャルグループ」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2018年上半期:ビットコイン価格予想まとめ|仮想通貨取引所CEO・大富豪・有名投資家など

2018年上半期:ビットコイン価格予想まとめ|仮想通貨取引所CEO・大富豪・有名投資家など

仮想通貨ウォレットの「Ginco」日本セキュリティトークン協会に賛助会員として入会

仮想通貨ウォレットの「Ginco」日本セキュリティトークン協会に賛助会員として入会

未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

デジタルドルプロジェクト:米CBDCの基盤となる「ホワイトペーパー」公開

デジタルドルプロジェクト:米CBDCの基盤となる「ホワイトペーパー」公開

ロバート・キヨサキ:ビットコイン・金・銀の「価格予想」を提示|具体的な期間も

ロバート・キヨサキ:ビットコイン・金・銀の「価格予想」を提示|具体的な期間も

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す