Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、2019年9月23日に長い間待ち望まれていた「ビットコイン先物」が正式に立ち上げられたことを発表しました。

こちらから読む:eToro CEOが"BTCの今後"を予想「ビットコイン」関連ニュース

Bakkt(バックト)は以前から「2019年9月23日にビットコイン先物取引の提供を開始する」と発表していましたが、本日23日のツイートでは午前9時頃正式に「Bakkt Bitcoin Futures」で最初の取引が行われたことが報告されています。

ついに始まりました!

最初のBakktビットコイン先物取引は、東部標準時午後8時2分(日本時間23日午前9時2分)に10,115ドルの価格で行われました。

Bakktはニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した仮想通貨取引プラットフォームであるため、Bakktのサービス開始は機関投資家の参入を促進し、仮想通貨市場の成長を加速させると期待されていました。

記事執筆時点ではビットコイン価格にそれほど大きな変化は見られておらず、過去24時間の上昇率も1%ほどに留まっているため、今後のビットコインの動きには注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

スイス高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど12銘柄

スイス高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど12銘柄

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

JR九州:The Sandbox(SAND)のメタバース上で「九州鉄道ランド」公開

JR九州:The Sandbox(SAND)のメタバース上で「九州鉄道ランド」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説