イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の開発を行っている「ConsenSys(コンセンシス)」は、アメリカを拠点とするeスポーツ・エンターテインメントのNPO組織である「北米大学リーグ(North American Collegiate League/NACL)」と提携して、イーサリアムを基盤としたeスポーツプラットフォームの開発に取り組んでいることを明らかにしました。

こちらから読む:マイクラとBCを繋ぐプラグイン公開「イーサリアム」関連ニュース

北米大学リーグ(NACL)とは?

NACL-logo

ConsenSys(コンセンシス)が提携している「北米大学リーグ(North American Collegiate League/NACL)」は、アメリカを拠点とするeスポーツエンターテイメント関連の非営利団体であり、
・Fortnite(フォートナイト)
・League of Legends(リーグオブレジェンド)
・Madden NFL(マッデンNFL)
などといった有名なゲームのトーナメントを主催しています。

エンターテイメントとして初めて競技型のゲーム放映を行った組織でもある「NACL」には200以上の大学が加入しており、直近6ヶ月の平均視聴者数は世界中で40〜50万人にのぼると伝えられています。

eスポーツ試合の「賞金支払い」などを自動化

「ConsenSys」と「NACL」が共同で開発しているイーサリアムベースのeスポーツプラットフォームは、試合結果の確認作業などを自動化して、プレイヤーへの報酬支払いをよりスムーズにすることなどを目的として開発されています。

従来のeスポーツトーナメントでは管理者や第三者が手作業でゲーム結果を確認してクレームなどにも対象する必要があり、プレイヤーへの賞金支払いにも遅延が発生してしまう可能性がありましたが、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの技術を活用することによって、様々な作業を自動化して、賞金の支払いにも透明性をもたらすことができると伝えられています。

賞金の支払いでは暗号資産が使用さえており『勝者への支払いは暗号資産ウォレットへと自動的に行われる』と説明されています。もしもプレイヤーがウォレットを持っていなかった場合にも、自動的にウォレットが生成される仕組みとなっており、プレイヤーが望めば賞金を法定通貨に換金することもできるとされています。

「ConsenSys」と「NACL」はすでにプラットフォームのテストを実施しており、2020年4月に開催された「Fortnite」のトーナメントでは、イーサリアムベースのステーブルコインである「ダイ(DAI)」で賞金の支払いが行われたとのことです。またNACLは『将来的にプレイヤーはETHとDAIのどちらかを選択することができるようになる』とも説明しています。

「eスポーツ×ブロックチェーンの利点」について

ConsenSysのゲーム部門提携責任者であるChris Gonsalves(クリス・ゴンサルブス)氏は、暗号資産メディア「Decrypt」に対して『スマートコントラクトを活用することによって、視聴者数やソーシャルメディアでの指標を基準としたボーナスをチーム・プレイヤー・ゲーム開発者に配分するプログラムを構築することもできる』と語っています。

他のオンラインリーグでは"透明性を欠いたルール違反行為"に対するプレイヤーやチームからの苦情が多くありました。その結果、支払いに数ヶ月の遅延や不履行が発生したり、「大会運営者がスポンサーのお金を故意に誤分配している」といったリーグ自体への告発などが起きる可能性がありました。

ブロックチェーンは透明性をもたらし、プレイヤーがより早くお金を受け取ることができるようにするための助けとなります。まだまだ改善の余地はあるものの、スマートコントラクトを活用することによって、視聴者数やソーシャルメディアでの指標を基準としたボーナスをチーム・プレイヤー・ゲーム開発者に配分するプログラムを構築することもできます。

また、NACLの代表であるDavid Chen(デビッド・チェン)氏は『ブロックチェーン技術は支払い処理を簡単かつ迅速にし、オンライントーナメントへの参加をよりシームレスにする』と語っています。

ブロックチェーン技術はグローバルな観点から見て支払い処置を遥かに簡単・迅速にし、オンライントーナメントへの参加体験をよりシームレスにします。

登録時にウォレットを接続するか、ウォレットを生成しておくと、APIでサポートされているゲームの試合結果を自動的に読み込んだり、迅速かつ透明性の高い支払いを実現することができます。しかも手数料は従来のプラットフォームに比べるとほんのわずかです。

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンを取り入れるeスポーツ関連の企業・チームは増えてきており、Red Bull(レッドブル)がメインスポンサーを務めていることで知られる世界的に有名なeスポーツチーム「OG」がチリーズ(Chiliz/CHZ)に参加している他、日本のeスポーツチーム「Rush Gaming」は分散型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」との提携を発表しており、今年1月にはeスポーツ関連企業である「Luckbox(ラックボックス)」が複数の暗号資産に対応したことを発表しています。

(参照:Decrypt

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

カナダ規制当局「北米初のビットコインETF」を承認

カナダ規制当局「北米初のビットコインETF」を承認

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説