中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

by BITTIMES   

法定通貨の価格下落が止まらない中東・レバノンでビットコイン(Bitcoin/BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入する動きが強まっていると報告されています。反政府デモが続いているレバノンでは「中央銀行のオフィスに火炎瓶を投げつける」などといったデモ行為も行われているとされています。

法定通貨の価格下落で「暗号資産へ資金移動」の動き

レバノンの法定通貨である「レバノン・ポンド(LBP)」の価格は2020年6月13日時点で「1LBP=0.00066ドル(約0.071円)」となっており、2019年10月以降で約70%下落しています。世界銀行の予想では、2020年のレバノンの貧困率はほぼ50%に達する見通しだとされています。

法定通貨の価格下落とともに「食料品価格の高騰」や「大量解雇・事業閉鎖」などの問題に直面しているレバノンでは、先日11日頃から複数の大都市で"反政府デモ"が激化しており、軍の部隊に石を投げつけたり、首相府前の防護柵をよじ登ろうとしたり、中央銀行のオフィスに火炎瓶を投げつけるなどのデモ行為が続いていると報告されています。

法定通貨の価値が下落している国では、米ドル(USD)などの外貨を購入して資産を保護する動きが見られますが、レバノン中央銀行は「外貨の購入制限」を課しているため、レバノンの人々はビットコイン(BTC)などの暗号資産を購入し始めていると伝えられています。

レバノンの中央銀行は「クレジットカードでのBTC購入」などにも制限をかけているため、一部の人々は取引所などを介さずに当事者間で直接取引を行うことができる"OTC市場"を通じて暗号資産を取引しているとのことです。

ビットコインなどの暗号資産は個人でも気軽に購入することができるため、深刻なインフレ問題に直面しているベネズエラアルゼンチンなどの地域でもBTC買いの動きが強まっていることが報告されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

Bitget:現物取引市場の拡大に伴い「BLURトークン」を上場

Bitget:現物取引市場の拡大に伴い「BLURトークン」を上場

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説