ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月9日〜15日

by BITTIMES

2020年8月9日〜15日にかけて紹介した暗号資産・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2020年8月「ブロックチェーン・暗号資産」ニュース一覧

OKCoinJapanの「サービス開始日」が明らかに

OKCoinJapan

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)は2020年8月11日に、暗号資産現物取引サービスの提供を2020年8月20日から開始することを発表しました。同取引所では、合計5種類の暗号資産が取り扱われる予定となっています。

また同社は、2020年8月11日16時から「法⼈利⽤者からの⼝座開設受付」も開始しており、同時刻から「日本円の入金」と「暗号資産の入庫」も受付開始しています。

パリ・サンジェルマンFC「公式トークン価格急騰」

PSG-Token-Up

チリーズ(Chiliz/CHZ)との提携を通じて公式ファントークン「PSG」を発行していることでも知られるイタリア・パリのサッカークラブ「パリ・サンジェルマンFC」は、2020年8月12日に開催された「チャンピオンズリーグ準々決勝」で逆転勝利を収め、準決勝進出を決めました。この結果を受けてPSGトークンの価格が高騰していることも報告されています。

また先日14日には、パリ・サンジェルマンも参加しているスポーツファンと選手・チームの交流を深めるファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、世界中のファンの人々に様々な特典と報酬を与えることを目的とした「I AM MORE THAN A FAN:Socios.com VISAデビットカード」を発行する予定であることも発表されています。

カルダノ:ITNで獲得した報酬が受け取り可能に

DAEDALUS-2.1.0

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年8月8日に、ADAを安全に保管することができる公式ウォレット「DAEDALUS(ダイダロス)」の新しいバージョンである「Daedalus 2.1.0」がリリースされたことを発表しました。

この新しいバージョンがリリースされたことによって、カルダノの「インセンティブ付きテストネット(ITN)」で報酬を獲得していたADA保有者はそれらの報酬をメインネットで受け取ることができるようになりました。以下の記事では、実際にインセンティブ付きテストネットで獲得した報酬をメインネットで受け取る方法も画像付きで解説しています。

カルダノの「技術開発・技術活用」進む

Cardano-ADA-Ecommerce

カルダノ(Cardano/ADA)とeコマースプラットフォームを統合して、世界中のオンラインショップでADA決済ができるようにすることを目的とした「Cardano eコマース統合プロジェクト」が進められていることが明らかになりました。最初の取り組みでは世界中で利用されているオンラインストア作成サービス「Shopify(ショッピファイ)」と統合することによって、世界中で運営されている50万以上のオンラインストアにADA決済を導入することが計画されていると伝えられています。

技術開発や技術活用が積極的に進められているカルダノは、有名な格付け機関からも高い評価を受けており、暗号資産・ブロックチェーンの格付けを行っている「Weiss Crypto Ratings(ワイス・クリプト・レーティングス)」は、最新の格付けランキンングの中でカルダノを「技術面で最も優れた仮想通貨」だと評価しています。

XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」

DanMorehead-Ripple-XRP

米国の暗号資産ヘッジファンド「Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)」のCEOであるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は「Thinking Crypto」のインタビューに応じた際に『XRPは長期的な利用が見込まれる暗号資産の一つであり、将来的に生き残るであろう8〜10の暗号資産の1つである』との考えを語りました。

仮想通貨業界には『将来的には1つの暗号資産だけが生き残る』といった考えを持つ人々も多数存在しますが、ダン・モアヘッド氏は『将来的には複数の暗号資産プロジェクトが生き残り、それぞれが異なる分野で重要な存在になる』と予想しており、『90年代初頭には"Yahoo!"を熱狂的に支持する人々がいたものの、実際にはその他にも30社ほどの重要な企業が存在した』と説明しています。

ダン・モアヘッド氏が語った内容はこちら

ビットコイン価格「大幅上昇」は近い?

Kraken-Bitcoin-Report

米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2020年8月10日に投資家向けのレポートを公開し、『ビットコイン市場では今後数ヶ月間でボラティリティ(価格変動率)が高まり、価格が大幅に上昇する可能性がある』との予想を語りました。

ビットコイン価格は先月末頃から大幅な回復を見せていますが、Krakenが公開したレポートでは、ビットコインが2017年後半から続いているレジスタンスライン(抵抗線)を突破したことが報告されています。

ビットコインチャート「2014年とほぼ完全に一致」

Bitcoin-Price-2021-200000

Twitter(ツイッター)で4万人以上のフォロワーを持つ著名トレーダーの「NebraskanGooner(@nebraskangooner)」氏は、2020年8月11日のツイートで『現在のビットコインチャートは2014年のチャートとほぼ完全に一致している』と指摘し、『BTC価格は2021年に20万ドル(約2,135万円)に達する』との予想を語りました。

同氏は、2014年と同じ動きを繰り返した場合にはBTC価格は今後14,000ドル(約150万円)まで上昇した後に9,500ドル(約101万円)まで下落し、2021年末までには200,000ドルに達すると予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

マネックス証券:仮想通貨への「ポイント交換サービス」本日開始|Coincheckと初連携

マネックス証券:仮想通貨への「ポイント交換サービス」本日開始|Coincheckと初連携

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月7日〜13日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月7日〜13日

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

注目度の高い仮想通貨ニュース

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す