XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」Pantera Capital CEO

by BITTIMES

米国の暗号資産ヘッジファンド「Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)」のCEOであるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は「Thinking Crypto」のインタビューに応じた際に『XRPは長期的な利用が見込まれる暗号資産の一つであり、将来的に生き残るであろう8〜10の暗号資産の1つである』との考えを語りました。

こちらから読む:リップル社、"Ripple Swell Regionals"開催「Ripple/XRP」関連ニュース

8〜10の暗号資産が異なる分野で重要な存在に

XRP(エックスアールピー)は時価総額ランキングで3〜4位を維持している仮想通貨業界で特に有名な暗号資産の1つですが、XRP総供給量の50%以上をRipple社が所有していることなどに対する批判も出ており、その将来性については専門家の間でも意見が分かれています。

しかし、米国の暗号資産ヘッジファンド「Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)」のCEOであるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は『XRPは今後10年後に生き残る8〜10の暗号資産・ブロックチェーンの中の1つになる』との考えを語っています。

ダン・モアヘッド氏は資金移動に関する会話の中で『Ripple社は素晴らしい仕事をしている』と称賛しており「Ripple社は仮想通貨業界の競合他社とはかなり異なる方法でコードを開発している」と述べています。XRPは"分散化されていない"と批判されることもありますが、同氏はこれに関しても『法定通貨も分散化されていないが必要とされている』と述べており、XRPのような暗号資産も必要であるとの考えを示しています。

仮想通貨業界には『将来的には1つの暗号資産だけが生き残る』といった考えを持つ人々も多数存在しますが、ダン・モアヘッド氏は『将来的には複数の暗号資産プロジェクトが生き残り、それぞれが異なる分野で重要な存在になる』と予想しており、『90年代初頭には"Yahoo!"を熱狂的に支持する人々がいたものの、実際にはその他にも30社ほどの重要な企業が存在した』と説明しています。

また暗号資産プロジェクトの競争に関しては「XRP・BTC・ETHなどの暗号資産はそれぞれが"異なる役割"を果たすものであるため、互いを比較することはできない」ということも強調されており、暗号資産は互いに競合しているのではなく、国際送金や価値の保存などといった数兆ドル規模の市場と競合しているのだと説明されています。同氏はこれの例として『XRPとETHは戦っていないが2つのデジタル資産は"アルゼンチンペソ"と戦っている』と語っています。

ダン・モアヘッド氏は今回のインタビューの中で「8〜10の暗号資産が生き残る」との考えを語っていますが、同氏がCEOを務めている「Pantera Capital」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ファイルコイン (Filecoin/FIL)
オーガー(Augur/REP)
・ポルカドット(Polkadot/DOT)
・ゼロエックス(0x/ZRX)
などの暗号資産に投資していると報告されています。

2020年8月10日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月2日に34円台まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年8月10日時点では「1XRP=31.27円」で取引されています。

2020年7月11日〜2020年8月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月11日〜2020年8月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

BINANCE:分散型アプリの情報・分析プラットフォーム「DappReview」を買収

BINANCE:分散型アプリの情報・分析プラットフォーム「DappReview」を買収

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す