Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

by BITTIMES   

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」は2020年12月6日に、FlareNetworks(フレアネットワーク)が予定している「Sparkトークンのエアドロップ」に対応する方針を発表しました。コインベース2020年11月末時点で約30億XRPを保有していたものの、対応発表がなかったことによって『Spark付与は手遅れになる可能性がある』とも言われていたため、今回の発表には喜びの声が多数上がっています。

Sparkトークンのエアドロップ「Coinbase」も対応へ

Coinbase(コインベース)は2020年12月6日に、FlareNetworks(フレアネットワーク)が予定している「Sparkトークンのエアドロップ」に対応する予定であることを発表しました。FlareNetworks社は2020年11月29日のツイートで『コインベースは約30億XRPを保有しているが手遅れになる可能性が高い』ということを報告していましたが、今回の発表でコインベース利用者もSparkトークンを受け取れることが明らかになりました。

FlareNetworks(フレアネットワーク)が予定している「Sparkトークンのエアドロップ」では、日本時間2020年12月12日午前9時00分頃に実施されるスナップショット撮影時のXRP保有量に基づいて「1XRP=1SPARK」の割合でSparkトークンが無料配布されることになっているため、コインベースでXRPを保有しているユーザーもこのタイミングでXRPを保有していればSparkトークンを受け取れることになります。

なお、コインベースはその他暗号資産取引所と同様に、スナップショット撮影前のタイミングで「XRPの送受金サービス」を一時停止し、スナップショット撮影後に送受金サービスを再開すると報告しています。

コインベースは『Sparkトークンをサポートするためには技術面・コンプライアンス面での評価であり、一部の地域では規制当局の承認が必要になる場合があるため、特定の管轄区域では"いつSPARKを配布できるか"や"SPARKが利用可能になるか"を保証することはできない』と補足説明していますが、今回の対応方針が発表されたことによって、コインベースでも「スナップショットに向けたXRP買い」が加速する可能性があると予想されます。

「Sparkトークンのエアドロップ」に関しては、日本国内の暗号資産取引所からも『Sparkトークンが2022年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁に上場承認された場合、当該国内事業者はSparkトークンを請求しXRP保持者に分配する』という方針が発表されており、以下のような海外大手取引所でも対応する方針が発表されています。
Kraken(クラーケン)
Binance(バイナンス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Bithumb(ビッサム)
Bittrex(ビットトレックス)
eToro(イートロ)
Huobi(フォビ)
OKEx(オーケーイーエックス)
Poloniex(ポロニエックス)

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

2020年12月7日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月25日に76円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年12月7日時点では「1XRP=63.64円」で取引されています。

2020年11月7日〜2020年12月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月7日〜2020年12月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

アルトコイン市場活性化なるか|NY金融当局「ビットライセンス」規約内容更新へ【5年ぶり】

アルトコイン市場活性化なるか|NY金融当局「ビットライセンス」規約内容更新へ【5年ぶり】

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す