ビットコイン価格「500万円」突破|今後注目の価格帯は時価総額100兆円ライン?

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2021年2月9日16時頃に「1BTC=500万円」のラインを突破しました。米国の大手自動車メーカー「Tesla(テスラ)」のビットコイン購入報道で急騰したBTC価格はその後も順調に上昇を続けており、ビットコインの時価総額は現在100兆円目前にまで迫ってきています。

こちらから読む:Tesla社、ビットコインに15億ドルを投資「暗号資産」関連ニュース

ビットコイン価格「500万円」突破

ビットコイン(BTC)の価格は先日8日に『Tesla(テスラ)社がビットコインに15億ドル(約1,500億円)を投資した』との報道を受けて470万円付近まで急騰していましたが、その後も上昇傾向は続いており、本日2021年2月9日16時頃には「1BTC=500万円」のラインを突破しました。

2021年2月7日〜2021年2月9日 BTC/JPYの5分足チャート(画像:bitbank)2021年2月7日〜2021年2月9日 BTC/JPYの5分足チャート(画像:bitbank)

Tesla(テスラ)社によるビットコイン購入の報道は世界的に大きな注目を集めており、Twitter上でも『#ビットコイン』や『#BTC』がトレンド入りするなど仮想通貨業界の枠を超えてビットコインへの注目が集まっています。

相次ぐポジティブニュースで長期的な上昇続く

ビットコイン価格が低迷していた時期には『BTC価格は0になる』といった意見も出ていましたが、そのような時期にも「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」や「Square(スクエア)」などといった様々な企業や投資会社がビットコインに投資したり、ビットコイン関連のサービスを開始していたため、これまでの様々なポジティブニュースが長期的な価格上昇を下支えしていると考えられます。

BTC価格は2017年末の過去最高値を突破して以降は順調に高値を更新し続けており、トレーダーの間で意識される抵抗線(レジスタンスライン)も存在していないため、今後も大幅な上昇が続く可能性があると予想されます。

ただし、様々な要因に支えられて長期的に価格上昇が続いている場合でも『一定のラインに到達したタイミングで価格が急落する』ということは起こり得るため、『これからビットコインを購入する』という方などは今後の下落・調整などに十分注意する必要があると考えられます。

上昇続くBTC「今後注目すべき価格帯は?」

2017年の過去最高値を突破したことによって、現在のビットコインには目安となる抵抗線が存在しないものの、仮想通貨業界で有名なアナリストやトレーダーなどは「1,000万円、2,000万円、3,000万円」などの価格帯を"予想価格"として以前から提示していたため、今後はそのような価格帯で反発が起こる可能性があると考えられます。

最も多く語られているビットコイン価格予想は「1,000万円〜3,000万円」付近の価格帯となっていますが、著名アナリストのWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は『3,000万円と1億円の差はそれほど大きなものではない』と語っており、『ビットコイン価格が1億円に到達する可能性もある』と予想しています。

同氏は昨年12月時点で、ビットコインの注目すべき価格帯として「50,000ドル〜55,000ドル(約500万円〜550万円)」の価格帯を挙げており、このラインを超えるとビットコインの時価総額は1兆ドル(約100兆円)を超えることになると語っていたため、今後は500万円〜550万円の価格帯が意識される可能性があると考えられます。

これまでに語られたビットコイン価格予想は以下に記載している『2021年のビットコイン価格予想まとめ』の記事でまとめて紹介しているため、そちらの記事も合わせて参考にされてみてください。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

ビットコイン価格が過去最高額を記録した理由

ビットコイン価格が過去最高額を記録した理由

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

The Sandbox:人気ドラマ「The Walking Dead」のゾンビゲーム提供へ

The Sandbox:人気ドラマ「The Walking Dead」のゾンビゲーム提供へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す