ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

by BITTIMES   

2021年3月21日〜27日にかけて紹介した暗号資産・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2021年3月「ブロックチェーン・暗号資産」ニュース一覧

Coincheck NFT(β版)サービス提供開始

Coincheck-NFT

Coincheck(コインチェック)は2021年3月24日に、Non-Fungible Token(NFT)と暗号資産を簡単に交換することができるマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」の提供を開始したことを発表しました。

同サービスでは最初に「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」と「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」で利用可能なNFTの取扱いが開始されており、2つのサービス開始記念企画を開催することも報告されています。

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了

SBI-STO

SBI証券は2021年3月26日に、国内初となる金融商品取引法における電子記録移転有価証券表示権利等の取扱いに係る変更登録を完了したことを発表しました。

これによりSBI証券は、セキュリティトークン(デジタル証券)を用いた資金調達方法である「セキュリティトークンオファリング(STO)」を取扱うことが可能になったとされています。

日本銀行「CBDCの連絡協議会」を設置

BankofJapan-CBDC-Council

日本銀行は2021年3月26日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する連絡協議会を設置し、同日26日に第1回目の会合を行ったことを発表しました。

この連絡協議会は「民間事業者・有識者・関係当局などと協力して、様々な知見を今後の検討に活かしていくこと」を目的として設置されており、同日26日には『連絡協議会の開会挨拶』も公開されています。

Cardano:スマートコントラクト実装は「7月頃」を予定

Cardano-ADA-SmartContract

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年3月26日に、Cardanoブロックチェーンにおけるスマートコントラクト機能のメインネット実装が2021年7月頃になる予定であることを明らかにしました。

また、Cardanoの開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2021年3月25日に『複数の代表的なNFT関連プラットフォームと交渉を行なっている』ということも明かしています。

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応

Tesla-Bitcoin-BTC-Payment

米国の大手電気自動車(EV)メーカー「Tesla(テスラ)」は2021年3月24日に、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)による支払いに対応したことを発表しました。

現時点でビットコイン決済が可能な地域は"米国本土のみ"とされていますが、今後は新たな市場への展開も検討していくと説明されています。

Symbol(XYM)の配布・上場報告続く

Symbol-XYM-Price-Chart

ネム(NEM/XEM)の新ブロックチェーン・仮想通貨であるシンボル(Symbol/XYM)のメインネットが公開されたことを受けて、Symbol関連のニュースが続々と報告されています。

仮想通貨関連の情報を配信している「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」や「CoinGecko(コインゲッコー)」では既にSymbol関連のデータ配信が開始されており、BINANCE(バイナンス)は『XYMの配布完了』を、KuCoin(クーコイン)は『XYMの配布・上場』を発表しています。

ウォール街の狼「1BTC=1,000万円」を予想

Bitcoin-BTC-JordanBelfort

ウォール街の金と人間を描いた有名なハリウッド映画「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」のモデルにもなった米国の元株式ブローカーJordan Belfort(ジョーダン・ベルフォート)氏は、米メディア「Fortune」のインタビューに答えた際に『ビットコイン価格は10万ドル(約1,080万円)まで上昇する可能性がある』との予想を語りました。

ベルフォート氏は2017年時点では仮想通貨に否定的な立場をとっており、「JPMorgan Chase」のCEOであるJamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)氏が『ビットコインは詐欺である』と語ったことに賛同していた他、『中央銀行が独自のデジタル通貨を発行すれば仮想通貨は必要なくなる』といった予想を語っていましたが、今回のインタビューではその意見を変えて肯定的な見方を示しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月3日〜9日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年3月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年3月13日〜19日

注目度の高い仮想通貨ニュース

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す