仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

by BITTIMES

2018年9月30日〜10月6日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。今週はRipple社が開催した国際カンファレンス「SWELL 2018」に関連した内容が数多く報告されています。

ビットコイン価格に回復の兆し?|Thomas Lee

Thomas-Lee

「Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ)」のThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビットコイン(BTC)の下落相場が近いうちに転換するとの予想を語りました。

同氏は、BTC価格が6,000ドル(約68万円)を下回る可能性は低いと考えており、これから発表される複数のニュースなどの影響から、ビットコインの価格が再び大きく回復すると予想しています。

ブロックチェーンゲーム業界に「新団体」発足|Blockchain Game Alliance

Blockchain-Game-Alliance

ブロックチェーン技術を統合したゲームが急速に普及している中で、その新しい業界を先導する新しい団体が結成されました。「Blockchain Game Alliance」と呼ばれるこの同盟は、現在のゲーム業界で問題視されている複数の問題を早急に解決し、ブロックチェーン技術を統合した新しいゲーム業界をより良いものへと発展させていくための取り組みを行なっています。

この団体には、大手ゲーム開発企業である「Ubisoft」やブロックチェーン企業「ConsenSys」なども参加しており、自由に参加できるコミュニティの構築などをはじめとした大規模な計画に取り組んでいます。

CARDANO(ADA)話題のウォレットがリリース|YOROI Wallet

YOROI

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の新しいウォレットとして以前から注目を集めていた「YOROI Wallet(ヨロイウォレット)」は、10月1日から正式に公開されています。

日本の企業である「EMURGO(エマーゴ)」によって開発されたこのウォレットは日本語にも対応しているため、英語が苦手な方でも安心して利用することができる使いやすいウォレットとなっています。

また今週はCARDANOのオープンソースプロジェクトである「Cardano Rust Project」も発表されています。

Ripple社のビックイベント「SWELL 2018」開催

SWELL-2018

Ripple(リップル)社が開催するビックイベントして注目を集めていた「SWELL 2018」が10月1日から開催されました。この国際カンファレンスでは「xRapid」が商用化されたことも正式に発表され、大きな話題となりました。

同社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、このイベントの中で複数のメディアからのインタビューに答えており、XRPの素晴らしさやこれまでの歴史、今後の予定など多くのことを語っています。

サンタンデール銀行の送金アプリがもっと便利に|OnePayFX

OnePay-FX

ヨーロッパ最大の銀行グループ「Banco Santande​r(サンタンデール銀行)」が提供しているクロスボーダー決済アプリ「OnePay FX」の利用可能国がさらに拡大しました。

Ripple社が提供している「xCurrent」の技術を用いたこのアプリケーションは、国境を超えた取引でも数回画面をタップするだけで簡単かつ一瞬で処理することができる仕様となっています。

また、今週は「SBI Ripple Asia」が提供する「xCurrent」を用いたアプリである「Money Tap」もリリースされています。

ビットコインの希少価値が今後も高まる理由

bitcoin

ビットコイン(BTC)の希少価値が今後どれほど高まって行くことになるかを明らかにするいくつかの具体的な事例が報告されています。

総発行枚数が「2,100万枚」に設定されているビットコインは、パスワードの紛失などの理由によって、すでにその大部分が失われているとも言われており、最終的には「0.28BTC」を保有できる人は世界の1%未満になると言われています。

ビットコインの「MOON」を予想する機関投資家たち

bitcoin-up

ビットコインの価格予想に関する最近行われた調査では、Twitter上のユーザーよりも大口の資金を取り扱う機関投資家の方が強気な予想を立てていることが明らかになっています。

このアンケートに答えた機関投資家の半数以上はビットコインの価格が約65万円のラインで底をついたと考えており、2019年末までにはその価格が再び高騰することになると予想しています。

ビットコイン価格に関する調査の結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す