暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

by BITTIMES

2019年5月5日〜11日にかけて紹介した仮想通貨(暗号資産)関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

企業がいま注目すべき暗号資産「4選」

Crypto-KPMG

世界4大会計事務所の一つとして知られる「KPMG」は、現在1,500種類以上もあると言われる仮想通貨の中から、今後特に重要となる仮想通貨を4銘柄を選び抜いた上で「それらの仮想通貨がどのような特徴を持っているか?」や「企業にとってどのように重要か?」などといったことを詳しく説明する記事を公開しました。

世界154カ国にまたがるグローバルネットワークに200,000人のスタッフを擁するプロフェッショナル・サービスファーム(知的専門家集団)が選んだ「企業がいま注目すべき4種類の暗号資産」は今後も世界中で重要視されていくことになると予想されます。

ブロックチェーンを重要視する企業「80%以上」だと判明

Blockchain-YES

「KPMG」と同じく世界4大会計事務所の1つとして知られる「Deloitte(デロイト)」は、ブロックチェーン技術に対する企業の関心を調査した上で、その結果を報告しました。数年前まではブロックチェーン技術に感心を抱いている企業の数が限られていたものの、このデータではアンケート対象者の8割以上が「ブロックチェーンの大量採用は起こる」と確信しており、実際にブロックチェーン技術の活用方法を模索していることが明らかにされています。

またこのレポートでは、それらの回答者が「ブロックチェーン技術の利点や問題点をどのように考えているか?」などに関するデータも公開されているため、そちらの内容にも注目です。

AppleWatchでBTCが受け取り可能に|BlueWallet

bluewallet-Applewatch

iOS・Android向けに提供されているウォレットアプリ「BlueWallet(ブルーウォレット)」のAppleWatch向けアプリがリリースされました。このウォレットアプリはLightning Network(ライトニングネットワーク)にも対応しているため、ユーザーは「AppleWatch」で簡単に素早くビットコインを受け取りことができるようになります。

アップルウォッチ向けアプリは、現在「実験段階」となっているため、受け取りのみしかできないようになっていますが、今のバージョンの反応が良ければ、今後はさらに多くの開発が行われる予定となっています。

WidowsとMacOSの両方に対応|Honeyminer

Honeyminer

暗号資産を自分のパソコンでマイニング(採掘)することができるソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」のMacOS版がリリースされました。このマイニングソフトは、これまでWindowsでしか利用することができませんでしたが、現在はMACでもこのソフトを利用することができます。

このソフトは単純に仮想通貨をマイニングするのではなく、収益性の高いアルトコインを自動的に選択してマイニングを行なった上で、それによって得られた報酬分をビットコインに変換してユーザーに付与する仕組みを採用しています。

アニメ・マンガの「アートワーク所有権」を取引|Anique

anique

アニメ・マンガ・ゲームなどに関する人気作品の"アートワーク所有権"をブロックチェーン上で取引することができるサービス「Anique(アニーク)」を提供しているAnique株式会社は、2019年5月8日にプロジェクト第1弾として「進撃の巨人」のアートワーク26点のデジタル所有権を抽選販売することを発表しました。

今回の記事では、今後の発表にも期待が高まる「Anique(アニーク)」のサービスについてわかりやすくまとめているので、日本のアニメやマンガが好きな方は一度読んでみてください。

暗号業界には「ロビー活動・教育」が必要|NY州議会議員

Clyde-Vanel

アメリカ・ニューヨーク州のClyde Vanel(クライド・ベネル)議員は、先日開催された「Ethereal Summit(イーサリアル・サミット)」の中で、現在の暗号業界には「ロビー活動」や「教育」などが必要であるとの考えを語りました。

ベネル氏は、国家は政府レベルでこの分野に関する関連規制の策定を促進していく責任があると主張しており、ニューヨークは特に「投資家保護」に関して綿密なアプローチを取っていると説明しています。

天才数学者が語る「価格上昇の起爆剤」

Charles-Crypto

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の創設者であり、天才数学者としても知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、機関投資家が本格的に暗号資産に投資できるようになるためには12〜24ヶ月ほどの期間が必要であると考ええていることを語っています。

仮想通貨業界では「過去最高値を更新する日」への期待が高まってきていますが、ホスキンソン氏はその日が訪れるまでにはもう少し時間がかかると考えており、今回のインタビューでは次の価格上昇のきっかけになると考えられる「2つの起爆剤」などについて語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO:プロジェクト内部で分裂危機 ー 今後の進展に「カルダノ財団」は必要ない?

CARDANO:プロジェクト内部で分裂危機 ー 今後の進展に「カルダノ財団」は必要ない?

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す