ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

by BITTIMES

富士通研究所は、ブロックチェーン技術を用いたアイデンティティ流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したことを2019年7月4日に発表しました。この技術は、オンライン取引を行う際にそれぞれがお互いを評価して"信用度スコア"を作成し、それらの情報を必要な時に事前に確認できるようにすることで、顔の見えないオンライン上でのやり取りに安全と安心をもたらすことができるものとなっています。

こちらから読む:富士通の"IDYX"に活用されている「ブロックチェーン技術」とは

オンライン取引における「個人の信頼性」を

株式会社富士通研究所は2019年7月4日、オンライン上での取引を行う際に「取引相手の本人情報の真偽」を判断することができるアイデンティティ流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したと発表しました。

デジタル化が急速に進んでいる現代社会では、インターネット上だけで取引を行うケースも増えてきているため「相手がどんな人物なのか?」や「本当に信頼できる人物なのか?」を判断することが難しいという問題が発生しています。このような問題は実際に詐欺や犯罪行為の原因にもなっており、本人情報を詐称するケースも出てきているため、解決すべき重要な課題の一つでもあります。

富士通研究所が開発した「IDYX」は、オンライン取引を行う際にそれぞれのユーザーがお互いを評価できるようにすることで"ユーザーの信用度"を収集し、集められたデータを元にして各個人の「本人情報の信用度」と「詐称リスク」を分析することができる技術となっています。

この技術が実用化されることによって、「IDYX」のユーザーは取引を行う前に"取引相手の信頼性"を確認することができるようになるため、多くの人々が安全にオンラインサービスを利用できるようになります。

ブロックチェーンで保証された「個人の信用度スコア」

現代社会では「シェアリングサービス」や「マッチングサービス」などの普及に伴い、各個人や企業に関する正確な情報を相手に伝えることが重要になってきているため、ブロックチェーン技術を用いた「分散型ID」などの研究開発があちこちで進められています。

しかしこのような"分散型ID"のシステムは「サービス事業者や利用者が第三者と協力することによって記録された情報を詐称することができる」といった問題をはらんでいたため、より信頼できる方法が求められていました。

「IDYX」は、取引を行なった際に得られる各ユーザーの評価を一連のデータとしてブロックチェーン上に記録します。ブロックチェーン上に記録されたデータは改ざんすることが極めて困難であるため、「各ユーザーの信用情報」の信頼性を向上させることができます。

またブロックチェーン上に記録されたデータから各ユーザーの関係性を確認することができるように"グラフ構造"への変換も行われると説明されています。具体的には「何人のユーザーから信用されているか」や「どれくらい信用度があるユーザーから信用されているか」などといった情報から「信用度スコア」をつけていくとされています。

この"グラフ構造"を用いることによって「自分の信用度スコアをつり上げるために"裏で関わりのある第三者"など協力して不正に評価を高める」といった詐称行為も特定することができるとのことです。

また「IDYX」のユーザーは、必要となる一部の本人情報を開示するだけで情報の真偽を証明し、取引を行うことができるとされており、これによって取引相手も不必要な情報を取得しなくて済むため、より安全で信頼性の高い取引を行うことができると説明されています。

安心・安全の「オンライン取引エコシステム」を構築

富士通研究所は、今回開発した「IDYX(IDentitY eXchange)」を使用することによって、企業や個人の間でオンライン取引を行う際に、誰もが簡単に"信頼できる本人情報"を確認できる環境を提供し、安心してオンライン上で取引を行うことができる「業種・業界横断のデジタルエコシステム」を構築すると説明しています。

今後は「IDYX」をデジタル関連のビジネスを支える「アイデンティティーの信用基盤サービス」として発展させ、金融業界をはじめとする様々な分野で実証を進めていくと説明されています。

また具体的な予定としては、ブロックチェーン技術を活用したデータ活用のクラウドサービスである「FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービス」の新機能として2019年度中に実装することを目指すとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す