ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)は2020年5月12日頃に「半減期」を控えているため仮想通貨業界では今後の動きに注目が集まっています。長い間待ち望まれていた半減期は今や目前にまで迫っており、半減期のカウントダウンは記事執筆時点で「残り約15時間」となっています。

こちらから読む:ビットコインの「半減期」とは?基本情報と関連ニュース

ビットコイン半減期まで「残り15時間」

(画像:Binance)(画像:Binance

ビットコイン(BTC)は日本時間2020年5月12日頃に半減期を控えており、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の半減期カウントダウンには"半減期まで残り15時間"と記載されています。この半減期を迎えることによって、これまで12.5BTCだったマイニング報酬額は「6.25BTC」に半減することになります。

マイニングによって新規発行されるBTCの数量が半分になると、供給量が下がり、希少価値が高まることになるため、ビットコイン価格も上昇すると考えられていますが、半減期まで残り18時間ほどとなった記事執筆時点では、BTC価格はやや下落しており「1BTC=935,086円」で取引されています。

半減期前後の「注目ポイント」は?

長期的な視野でみると、過去の半減期後にはビットコインが上昇トレンドに突入する傾向があるため、仮想通貨業界では『今後ビットコイン価格は長期的に上昇し、数ヶ月後には過去最高値(約220万円)を突破するだろう』と予想されています。

(画像:Pantera Capital)(画像:Pantera Capital

ただし、実際には半減期直後にBTC価格が急騰している訳ではなく、短期的な下落後に少しづつ上昇傾向が強まっていく傾向にあるため、専門家からは「半減期後の一時的な下落」を警告する意見も出ています。

実際に先日10日には「1BTC=100万円台」だった価格はその後急落し、一時的に80万円台まで下落したため、今後もさらなる急落に警戒する必要はあると考えられます。

ただし「ビットコインの需要・関心・保有者」などといった価格上昇に必要と考えられるその他の要素は"過去最高値"に到達していることが報告されているため、価格急落後は一定の価格帯でサポートが入る可能性が高いと予想されています。

Twitterなどで有名なトレーダー・アナリストの間でも「半減期前後の下落」を"絶好の買いポイント"だと指摘する意見が多数でているため、今後の動きにも注目です。

半減期関連の「ニュース・記事」をおさらい

ビットコインの半減期に関する関連するこれまでに記事は以下に掲載しているため、そちらも参考にされてみてください。

ビットコイン:半減期前最後の「難易度調整」を完了|3回連続で上昇
ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向
ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか
半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー
ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行
【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?
ビットコイン「価格上昇に一連の規則性」歴史が繰り返す5段階の動き

今回のビットコイン半減期では、複数の企業・団体が半減期前から「オンラインイベントの開催」を予定しており、日本でも仮想通貨・ブロックチェーン関連の総合動画チャンネル「ビットコイナー反省会」が『ビットコイン半減期2020 特別放送』を実施するため、そのような内容を確認してみるのも良いでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す