Sparkトークン付与に向けた「スナップショット」無事完了|XRP価格への影響は?

by BITTIMES

XRP(リップル)保有者に対して「Sparkトークン」をエアドロップ(無料配布)することを予定している「Flare Networks(フレアネットワーク)」は、日本時間2020年12月12日午前9時00分頃に予定通りスナップショットを完了したことを発表しました。

こちらから読む:独銀行、ステラ基盤のステーブルコイン発行へ「暗号資産」関連ニュース

Flare Networks「スナップショット完了」を報告

Ripple(リップル)社の投資部門からの支援を受けながら"XRP Ledger上にスマートコントラクトを実装すること"を目指しているプロジェクト「Flare Networks(フレアネットワーク)」は、日本時間2020年12月12日午前9時00分にブロック番号60155580でスナップショットを完了したことを発表しました。

今回実施されたスナップショットは既存のXRPに対して「Sparkトークン」を付与するための前準備であるため、このタイミングでXRPを保有していた人々は、この時のXRP保有量に基づいて「1XRP=1Sparkトークン」の割合でSparkトークンを受け取る権利を得たことになります。

実際にSparkトークンを受け取るためには「XRPウォレットの管理者」が"受け取り申請"を行う必要がありますが、日本国内の暗号資産取引所は『Sparkトークンが2022年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁に上場承認された場合、当該国内事業者はSparkトークンを請求しXRP保持者に分配する』と説明しているため、日本の取引所でXRPを保有していた人々がSparkトークンを受け取れるかは"今後の上場承認次第"ということになります。

なお、XRP Labsが開発・提供しているウォレットアプリ「XUMM」でXRPを保有していた人々は「XUMMユーザー専用のオプトイン申請ツール」を利用して必要な手続きを行うことによって"Sparkトークンの付与"を申請することができます。

Flare Networksは2021年にネットワーク公開を予定しているため、申請手続きを完了したXRP保有者はネットワーク実装後に「Sparkトークン」を受け取ることができます。なお、最初はXRP保有量の15%に相当するSparkトークンが付与され、その後は残りの85%が最低25ヶ月、最大34ヶ月に渡って毎月平均3%の割合で付与される予定となっています。

XRP価格は一時的に「48円付近」まで大幅下落

XRPの価格はスナップショット撮影1時間前の12月12日午前8時頃から徐々に下落し、スナップショットが実施された午前9時のタイミングでは一時的に48円付近まで価格が急落しました。しかしその後はすぐに回復しており、記事執筆時点では「1XRP=54.63円」で取引されています。

2020年12月12日午前2時〜2020年12月12日午前11時 XRP/JPYの1分足チャート(画像:bitbank)2020年12月12日午前2時〜2020年12月12日午前11時 XRP/JPYの1分足チャート(画像:bitbank)

XRP価格は11月末頃から横ばい状態で推移しており、今回のスナップショットで短期的に下落したものの、1XRP=25円前後で取引されていた今年11月以降のXRPは順調に価格を回復させてきており『長期的には強気相場に突入した』という見方も強まっているため、今後は再び回復に向かう可能性もあると期待されています。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社がVCファンド「Xpring」を発表|XRP関連企業を支援

Ripple社がVCファンド「Xpring」を発表|XRP関連企業を支援

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

注目度の高い仮想通貨ニュース

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す