ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

by BITTIMES

株式会社YUIMEX(ユイメックス)は2020年9月30日に、ブロックチェーン技術を用いてアニメを所有するアニメグッズプラットフォームサービス「AniPic!(アニピク!)」を2020年10月28日にリリースすることを発表しました。同社サービスリリースに先立ち、どうサービス内で使用可能な「アニピクコイン」を獲得できる事前登録キャンペーンも開催しています。

こちらから読む:CoinBest、現物取引の新規口座開設申込受付開始「国内ニュース」

YUIMEXが提供する「AniPic!(アニピク!)」とは

AniPic-Logo

YUIMEX(ユイメックス)が2020年10月28日にリリースすることを発表した「AniPic!(アニピク!)」は、"ブロックチェーン技術を活用したアニメのデジタル体験プラットフォーム"となっており、アニメのデータをブロックチェーン技術でセキュアに管理することによって、デジタル上で自分の好きなキャラクターや名場面シーンなどを"公式グッズ"として所有することができると説明されています。

AniPic!(アニピク!)は10月末のサービス開始にあわせて、アニメデータをフル活用し、長い間愛されてきたブロマイドを唯一無二のデジタルブロマイド「アニピク」として提供するとのことです。なお、実際にサービスで取り扱うアニメのタイトルは「2020年10月中旬」から随時発表していく予定だとされています。

デジタルブロマイド「アニピク」について

デジタルブロマイド「アニピク」の表面では超高精細なアニメ本編のマスターデータ・版権イラストの閲覧をすることができ、裏面には"制作に携わったキャスト・当該アニピク原画までのスタッフクレジット・制作陣からのシークレットメッセージ"などといった、購入者だけが観ることができるコンテンツが多数盛り込まれています。

また「アニピク」では、製作陣情報にあわせて"アニピク所有者"として自分のユーザー情報を刻むこともできるようになっており、取得したアニピクは「アニピクアルバム」に格納することによって、自分だけのオリジナルアルバムを制作することもできる仕様となっています。

アニピクには1枚1枚に固有の「Non Fungible Token(NFT)」が付与されているため、リアルグッズと同じように"自分のものである"ということを証明できるようになっています。これによって「アニピク」のユーザーは、アニメの場面写・描き下ろし絵・シーンのデジタル所有権を得ることができるようになっています。

(画像:株式会社YUIMEX)(画像:株式会社YUIMEX)

AniPic!(アニピク!)でできる4つのポイント

AniPic!(アニピク!)でできる4つのポイントとしては以下のようなことが挙げられています。

①超高精細デジタルデータを『眺める』
AniPic!では、自分の好きなアニメ・キャラクターのマスターデータを得ることができるため、超高精細デジタルデータを眺めて楽しむことが可能。

②自分だけのアニピクアルバムを『創る』
取得したアニピクは「アニピクアルバム」に格納することによって、自分だけのオリジナルアルバムを制作することもできるため、数多の作品の垣根を越えて自分だけのオリジナルアルバムを創ることが可能。

③クリエーターズメッセージを『読み解く』
アニピクには購入者限定の「クリエイターズメッセージ」が刻印されているため、購入者しか読むことができないシークレットメッセージを読み解くことが可能。

④自分が所有者であることを『刻む』
アニピクには最新のブロックチェーン技術を用いて「アニピク所有権」が付与されるため、自分のユーザー情報を「所有者」としてクリエイターと共に刻むことが可能。

AniPic!(アニピク!)のロードマップ

AniPic!(アニピク!)は今後のロードマップとして以下2つの項目を挙げており、「動く・喋る・変わる」などといったデジタルコンテンツならではのインタラクティブ性を追求し、アニメファン同士がアニピクを交換することができる「アニピクトレード機能」などを提供していくことを予定していると説明しています。

アニピク独自のインタラクティブ性の追求

アニメの本編シーンや描き下ろし絵を中心に「うごく・しゃべる・かわる」などのデジタルならではのインタラクティブ性を追求したデジタルならではの楽しみが詰まったアニピクの発売を予定。

アニピクを交換できる「アニピクトレード機能」

遠く離れたアニメファン同士がアニピクを交換することができる「アニピクトレード機能」の提供や、デジタル上の「公式セカンダリーマーケット(NFTマーケットプレイス)」の構築、クリエイターに利益を還元できる独自経済圏の形成など、ファンとクリエーターがより良い未来を描くためのサービス構築を予定。

リリース前の「3大キャンペーン」開催

YUIMEX(ユイメックス)は「AniPic!(アニピク!)」の正式リリースに向けて、以下3つのお得なキャンペーンを実施することも発表しています。

①LINE公式アカウント・Messenger 事前登録キャンペーン

「LINE公式アカウント・Messenger 事前登録キャンペーン」は、AniPic!サービスリリース前に"公式SNS"で事前登録を行うことによって、サービスリリース時に"サービス内コイン"である「アニピクコイン」を獲得することができるキャンペーンとなっています。

キャンペーンの開催期間は「日本時間2020年10月26日23時59分まで」となっており、付与されるアニピクコインの数量は事前登録人数によって変化する仕組みとなっています。事前登録の対象となるのは以下2つの公式SNSとなっており、どちらか片方に登録するだけでキャンペーンに参加することができるようになっています。
>>「LINE公式アカウント(日本語)」
>>「Messenger(英語)」

②公式Twitter フォロー&RT キャンペーン

「公式Twitter フォロー&RT キャンペーン」は、アニピクの公式Twitterアカウント(@AniPic_official)をフォローして対象となるツイートをリツイートした方の中から抽選で5名に「アニピク1枚分のアニピクコイン」をプレゼントするキャンペーンとなっています。

キャンペーンの開催期間は「日本時間2020年10月26日23時59分まで」となっており、リツイートすべきキャンペーンツイートは以下のツイートとなっています。
>>「キャンペーンツイート」はこちら

③公式Twitter ハッシュタグ キャンペーン

「公式Twitter ハッシュタグ キャンペーン」は、キャンペーン期間中に所定のハッシュタグを投稿した方の中から抽選で5名に「アニピク1枚分のアニピクコイン」をプレゼントするキャンペーンとなっています。

キャンペーンの開催期間は「日本時間2020年10月13日23時59分まで」となっており、当選者の方には「Twitterのダイレクトメール」で2020年10月28日までに当選したことが通知される予定となっています。

なお「サービス内コイン(アニピクコイン)」は"プレゼントコード"として付与されるため、特典を獲得した方はサービス開始後に所定のページで"プレゼントコード"を入力することによってアニピクコインを取得することができるようになっています。

AniPic!(アニピク!)サービス概要

サービス名:AniPic!(アニピク!)
商品名:アニピク
価格:1枚 / 360円(税込)
枚数:1作品 / 50枚
販売作品:10月中旬より順次発表
リリース日:2020年10月28日(水)
販売元:株式会社YUIMEX
媒体:リリース時はブラウザのみ(PC・スマホ端末で利用可能/アプリ展開見込)
販売仕様:各アニメ作品毎に販売。内1枚をランダムで入手できる仕様(*1)
(*1)未獲得枚数50枚の場合、2枚以降から確率が1/49枚となり、同一種類のブロマイドを被って取得することはございません

>>「株式会社YUIMEX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す