ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

by BITTIMES

2019年8月4日〜10日にかけて紹介した仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2019年8月の「仮想通貨・ブロックチェーン」ニュース一覧

BITPoint「サービス再開予定日」を発表

BITPoint

BITPoint(ビットポイント)は、仮想通貨流出の事件を受けて一時的に停止していた各種サービスの"再開予定日"を明らかにしました。

この発表では今後の再開予定日だけでなく、現在行われている調査で判明した事件の内容についての説明も行われています。

CEOが語る「BINANCE US」設立の理由

Binance-ceo-us

BINANCE(バイナンス)は今年9月から米国向けのサービスを停止し、新しい仮想通貨取引所「BINANCE US」を設立することを発表していますが、仮想通貨業界では「米国ユーザーが抜けること 」や「米国ユーザーが取引できる仮想通貨の種類が限定されること」などによって、仮想通貨の流動性が低下するのではないか?と懸念する声が出ています。

しかしバイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、これらの決定が「長期的には良い結果に繋がる」と語っています。また、各国の規制を遵守してサービスを提供することに勤めている同氏は"日本の仮想通貨"を賞賛する意見も語っています。

FRB、新たな決済サービス「FedNow」を発表

FRB

米ドル発行の実権を握る機関でもある連邦準備制度理事会(FRB)は2019年8月5日、連邦準備銀行が米国でより素早く支払いを行えるようにするための"24時間リアルタイム決済サービス"である「FedNow(フェッドナウ)」を開発すると発表しました。

仮想通貨業界からはこの発表に対して"ビットコインの存在"を強調するコメントや、Ripple(XRP)との競争を懸念する声などが出てています。

ベネズエラ、BTC取引量が「過去最高値」を更新

Venezuela-Flag

ベネズエラでは米国との関係が悪化するにつれて、ビットコインの需要が高まり続けています。

最近の報告では、米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領がベネズエラに全面経済制裁を科す大統領令を出したことによって、BTC取引量が再び"過去最高値"を更新したことが報告されています。

ダスティング攻撃に要注意

LTC-Dusting-Attack

ライトコイン(LTC)の保有者を狙った大規模な「ダスティング攻撃」が最近行われたことがBINANCEの報告によって明らかになりました。

この攻撃は、ハッカーなどが個人や企業のウォレット情報などを特定するために、不特定多数のウォレットに少額の仮想通貨を送金するといったものとなっており、ターゲットになったユーザーは今後"ゆすり行為"などを受ける可能性があるとされているため注意が必要です。

「アルトコインの終焉」を予想:Max Keiser

Max-Keiser-coins

ビットコイン強気派として知られる経済ジャーナリストのMax Keiser(マックス・カイザー)氏は、最近のツイートで『アルトコインとハードフォークの時代は終わった』と語り、アルトコインとして保有している資産をビットコインに変換すること推奨しました。

同氏は以前から「ほとんどのアルトコインは不要になる」との考えを語っており、今回のツイートでは『ビットコインのドミナンスは80%に向かっている』とも語っています。

ビットコイン価格「予想される複数の未来」

Bitcoin-crossroads

ビットコイン(BTC)に関する価格予想は、これまでに非常に多く語られており、その内容は「1億円に達する」というものから「0円になる」というものまで非常に様々です。

仮想通貨業界では極端な価格予想が特に注目を集めており、Twitterなどでもよく拡散されていますが、投資のプロフェッショナルとしての国際資格を有しているTimothy Peterson(ティモシー・ピーターソン)氏は『今後1〜2年で数千万円に達する』といった予想は"クレイジーだ"と指摘しています。

極めて中立な立場でビットコインの今後を予想しているピーターソン氏は、複雑な未来を予測する際に使用することができる"モンテカルロ・シミュレーション"と呼ばれる方法を用いて予測を行い『ビットコインが6,000ドル(約64万円)を下回ることは二度と無い』と結論づけています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

BINANCE:ビットコインの「オプション取引」追加か

BINANCE:ビットコインの「オプション取引」追加か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す